今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9
掲載元:ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

今回も参加してみます。

関連:第8回の結果




○Angel Beats!
ストーリー:2
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
合計:25点
画はかなり力が入っていましたね。毎回丁寧に作られていました。
キャラクター。どうしてこんなに大勢出したのだろう…。メンバーの大半は「いるだけ」のような気がしました。実際そういう役割しか与えられていなかったキャラもいるんでしょう。覚えるのが無駄に大変なので、名無しキャラでよかったのではないでしょうか。でも、スポットが当たったキャラに関してはなかなかいい味が出ていたと思います。天使ちゃんこと奏、ユイ&日向、ゆり、直井、退場は早かったものの岩沢など。「天使ちゃんマジ天使」が流行りましたね。麻婆豆腐食べたくなってきました。この不思議な世界を卒業していったみんなの幸せを祈らずにはいられません。
ストーリーはせっかくいい世界観なのに、あまりにもったいないできでした。部分部分で見るとギャグが面白かったり感動したりはありました。でもあまりに尺不足。やはりもっと話数が欲しかったです。ユイとひなたの関係も少しずつの積み重ねが欲しかったし、情報ももっと小出しにして欲しかった。1つの事件にかける時間を多くすれば、それもできたはず。そうすれば最終的にもっと感動は大きくなったことでしょう。


○真・恋姫†無双~乙女大乱~
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5
合計:29点
これは本当に面白かったです。ほぼ満点にしてもいいくらい。終盤に出番のなかったキャラがいたのが残念なくらいで、他には文句のつけようがありません。
ギャグとシリアスのバランスが絶妙。基本的にはギャグが中心で、本当に毎回楽しく見させていただきました。同じ旅をするのでもチームを分けるなどうまいこと変則的にして、キャラの出番を用意するという必須条件を、自然に回収していったのも好印象です。最後はほぼ全てのキャラが総出演。うまいこと最後を熱い展開にして盛り上げてくれました。また、3期続いてきましたが、1期の頃からの設定が今回にも活かされているのは凄くいい見所だと思います。
あまり話題にはなりませんが、質はかなり高いと思います。スタッフ泣かせなほど、キャラクターがたくさん登場するにもかかわらず、気合のこもった映像。脱帽です。
どうしてもキャラによって出番の多さにムラが出てしまいますが、十分まんべんなく登場し、それぞれの個性豊かな魅力を引き出してくれました。前期出番のなかった呉チームや「真」のキャラにもスポットが当たってよかったです。
それにしても名残惜しい。これほど終わってしまうのが名残惜しいアニメは久しぶりです。「キャラ」の項でたくさん述べたのでこれくらいにしますが、本当に楽しい作品に出会えたと思います。


○迷い猫オーバーラン!
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:2
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
合計:17点
なんかいろいろ壊れていた作品でした。原作を読んだことがないので比較はできませんが、もうちょっと何とかならなかったかな。
基本的にキャラは可愛く描かれていて、お色気もあったりしたのですが、作画が安定しないこともあったのが残念。
変に迷走してオーバーランする話が中盤多かったですね。さすがにプロモーションビデオ撮影やら「グランブレイバー」やらなんやらはちょっとキャラクターの個性が殺されてしまっていたように思います。第3話や最終回のように、程よい具合のギャグと、シリアスなシーンが重点的な話は少し心が温まり、心地よく見ていられたように思います。


○いちばんうしろの大魔王
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
合計:18点
けーな、絢子、ころねなど、魅力的なキャラが多かったです。中盤辺りまではそれぞれの個性がしっかり出ていて、よく楽しめました。藤子不二雄キャラのオマージュというところが面白かったです。
しかし、終盤いきなり世界を揺るがす大戦争が勃発したのは、あまりにこれまでと落差が大きく唐突感が否めません。戦いの背景に「神」が出てくるなど、話も急に大きくなりすぎです。どうしても戦争の話をやるなら、2クールくらいかけて情報を小出しにするかして欲しかったですねぇ。中盤までの楽しさが、終盤のカオスな戦争により見事ひっくり返されてしまった感じです。本当にもったいない。


ベストキャラクター賞:立華奏(Angel Beats!)

ベストOP賞:My Soul, Your Beats!(Angel Beats!)

ベストED賞:勇気凛凛(真・恋姫†無双~乙女大乱~)

ベスト声優賞・男性:神谷浩史さん(Angel Beats!:音無結弦)

ベスト声優賞・女性:伊藤かな恵さん(迷い猫オーバーラン!:芹沢文乃)

OPとEDは映像も含めた評価です。
OPは迷ったのですが、やはり美しい旋律と映像で楽しませてくれたこの作品に。デルガモバージョンもよかったです。
「恋姫」のEDの電波っぷりには洗脳されそうですw
芹沢文乃の「2回死ね!」は今期の名言です。
[PR]

by konosetu | 2010-07-13 15:17 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback(1) | Comments(5)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/10968648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ひびレビ at 2010-07-21 19:37
タイトル : 今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」様の「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9」に参加させていただきました。お誘いありがとうございました。 では早速・・・といっても以前書いたのと大差ないかもしれませんが(汗。 ・化物語 ストーリー:4 キャラクター性:5 画:4 演出:4 音楽:3 総合的な評価:3 合計:23点 ネット配信でようやく最終回を迎えた化物語。最初は独特の世界についていけませんでしたが、慣れると非常に面白い作品でした・・・とりあえず撫子のあの話は非常に危なか...... more
Commented by アル at 2010-07-13 21:31 x
こんばんは。

「迷い猫オーバーラン!」は勇者シリーズっぽい話があったということで、見ておけば良かったと思ってます。ただ全体的な話の流れを崩したとなっては、作品全体としてはいただけないでしょうね。
「いちばんうしろの大魔王」のキャラが藤子先生のキャラのオマージュというのは初めて知りました。言われてみればころねはドラえもんっぽかったですw途中までは見てたのですが、けーなの実家に行った辺りから急展開過ぎたような気がして・・・断念してしまいました。

毎度毎度電波なEDの恋姫は、今回も安定した電波でしたねw私も大好きなEDです。作品は1話で断念しましたが、B型H系のOP曲は結構好きでした。
Commented by konosetu at 2010-07-14 01:03
>アルさん
私も「迷い猫」と「大魔王」は時間があったから見続けたようなもの。忙しかったら見るのをやめていたかも。

「B型H系」は私も見ていませんでしたが、テーマ曲は気に入ったのでCDは買いました。
Commented by めろん at 2010-07-21 02:24 x
勇気凛凛はないですなー
Commented by konosetu at 2010-07-21 23:36
>めろんさん
どういう意味ですかね。私は気に入っていますよ。
Commented by ピッコロ at 2010-07-30 02:49 x
こんばんは、ピッコロでございます、大変お世話になっております。

お忙しい中、当ブログの企画に参加して頂き本当に感謝しております。集計に加えさせていただきました。


なお、今回の企画の中間集計結果の発表については、7月30日(金)夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございます、よろしければ聞いてくださいませ。

それでは、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

PS いちばんうしろの大魔王は中盤までのギャグ展開が良かったですね。本当にキャラクターもいい味を出していました