夢魘(むえん)

夢喰いメリー 第12話「夢魘(むえん)」

勝機をつかめ!



ミストルティンとのバトルからあけて光凪医院に戻ってきた夢路達。
一緒に戻ってきた千鶴が突然牢獄のデイドリームへいざないます。そして彼女の夢魔レオンが現れます。2人はミストルティンについて「レオンの銃でなければ、ミストルティンは倒せない」と語り始めます。

かつてミストルティンに殺されたレオンの仲間達。レオンは夢魔や人間の夢の最期の絶望を集めて銃弾を作っているのだといいます。そのため、夢魔や人間が襲われても、これまで傍観を決め込んでいたのです。そして銃を発射するための火薬はレオンの命。だからこそ、何も失うもののない千鶴がレオンの器に選ばれたのです。
しかし、守りたいと思う存在=友である勇魚が現れてしまい、千鶴の心は揺らぎます。

何とか期末テストは終え、間もなく夏休みを迎えようというところ。絶対にみんなで夏休みを満喫しよう。そう固く誓う夢路。
今晩は喫茶STOに集まり、みんなで勇魚を警護することに。そんな中、飯島は堂々と勇魚に接近します。

先手を取り、エンギが自分のデイドリームにミストルティンを引き込みます。少しは有利になるかと思いきや、ミストルティンはこの空間ですら自在に操作し、勇魚を捕らえます。
メリーとエンギは2人がかりでミストルティンに挑みますが、圧倒的な力の前に大苦戦。もうダメかと思われたとき、無謀にも夢路はミストルティンに挑みかかっていき…。


いよいよ決戦!
しかし、ミストルティンの戦闘力はどうも高すぎます。あまりに一方的過ぎてやや味気なく感じました。同じ勝てないにしてももうちょっと戦闘シーンを長くするとかいうふうにして欲しかったなぁ。
メリー達はまだ自分達に勝ち目があると言っていましたが、ただの強がりなのか、それとも何か秘策があるのか…?
他の奴が戦えないなら自分が戦う、という夢路の姿勢が奇跡を起こすのか?

もちろん、勝利の喜びを大きくするには、絶望なまでにピンチにする、というのはシナリオを作る上ではお決まりのパターンですけどね。
なんにせよ、納得のいく終わり方を期待しています。
[PR]

by konosetu | 2011-04-03 15:23 | まんがタイムきらら系 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/12364054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]