深まる友情

まりあ†ほりっく

第7章「疑惑の黒下着」

第8章「穢された聖母・前編」

第9章「穢された聖母・後編/妄想の果てに」

第10章「微乳の過ち/伯林の恋文」


第7章
仲良くしているサチと奈々美に嫉妬してしまう弓弦の話。
お気に入りのシーンは、弓弦の不調の原因に心当たりはないかと鞠也がかなこに尋ねるシーン。単純な受け答えではなく、話を多少脱線させてでもかなこの妄想丸出しな性格がちゃんと出ているなと感心しました。また、鞠也が「全校生徒の誕生日くらいは把握している」と言っていたのも伏線だったわけで。
結局、サチと奈々美は、弓弦の誕生日プレゼントを何にしようか相談していたわけで。鞠也の指摘どおり、真にハブられていたのはかなこだったのか…。
毎回変わる絵師さんのエンドカード、今回は蒼樹うめ先生でした。

第8章
聖母祭が近づく中での生徒会長・志木絢璃の話。鞠也の従姉でもある絢璃。一体どんな過去があって鞠也を一方的に嫌うようになったのでしょう?
回想で幼い頃の鞠也や静珠が登場しましたね。

第9章
前半。
絢璃が鞠也を嫌う理由。それは子どもの頃の聖母祭で転んだ鞠也に衣装を破られ、パンダ柄の下着を衆人観衆に見られてしまったトラウマから来ていました。
この聖母祭を機に鞠也と和解しようとした絢璃。転んだ弾みに鞠也に助けられ、言いたいことを言おうとした絢璃ですが、今度は胸のボタンが弾け、胸元をさらしてしまうことに…。いや、あれはどう見ても絢璃の責任だし(汗)
鞠也は不器用だけど優しいところもあるんだなぁ。

後半は七不思議の話題。噂されている学校の七不思議の一部はかなこの鼻血が原因だったという…。あんなに出血したら普通じゃなくても死ぬわw
一方、第二女子寮の方の七不思議は…(ゴクリ)

第10章
前半はかなこが中間考査の多くの教科で赤点を取ってしまう話。
それに対して鞠也は完璧超人。むむむ~。
ちなみに、奈々美は理数系が苦手のようです。

後半は奈々美が見知らぬ男性に言い寄られてしまう話。困惑する奈々美がいい感じに描かれていました。相談に乗る友人達もいいですね。
しかし、その「友人」にかなこは含まれていないのかしら…w お友達になってくださいとちゃんと言った方がいいですね。

それにしても、なんとなくですが、奈々美って雰囲気が「けいおん!」の真鍋和に似ていません…? 理路整然的なところとか事務的なところとか。
まぁ、和は融通が利くのに対し、奈々美は要領が悪いですけど。
[PR]

by konosetu | 2011-04-04 18:47 | 放送終了後視聴アニメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/12369932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]