いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

4人目のヒロイン

神のみぞ知るセカイ

FLAG 9.0「大きな壁の中と外」

FLAG 10.0「あたしの中の……」

FLAG 11.0「おしまいの日」

FLAG 12.0「神以上、人間未満」





FLAG 9.0
「神のみ」の特徴として気づいたのは、「心の声」や「ナレーション」が少ないことです。本音と建前を使い分けている作品は、どうしても「心の声」(モノローグ)を多用しがちです。「神のみ」は作品の性質上のせいか、それが少ないです。
しかし、今回のヒロインである汐宮 栞は「心の声」が多用されていました。それは本音と建前を表すものではなく、無口な栞が心の中では何を思っているのか、それを明かすものでした。
そんな彼女が駆け魂(かけたま)に取り憑かれました。桂馬がいかにして彼女の心の隙間を埋めるのか、注目です。図書委員とはまた私の触覚を刺激する要素で。あの学校は立派な図書館を持っていますね。
それにしても、消防車に目を輝かせるエルシィが可愛い♪

FLAG 10.0
毎回思いますが、桂馬は目先のものの良し悪しに囚われず、あくまで冷静に相手とどう接しようか分析していますね。ゲームで培われた技術なのでしょうか。
本好きな相手の前で、あえて本を否定してみせたり落書きしたり。栞を怒らせることにより、心を閉ざしている栞に心理的な揺さぶりをかける。そして巧みに「心の声」を引き出す。なかなかの策士でございます。

FLAG 11.0
栞編攻略完了。
「栞は今、本を守りたいのか? それとも、外の世界からの逃げ場所を守りたいのか?」
相手の悩みの本質を見抜ける男。それが桂馬の魅力。
栞が本当に望んでいたことは、避けていたはずの人とのコミュニケーションでした。私もコミュニケーションが苦手で、交友関係は広くないので分かる気がします。でも、人というものはずっと孤独だと耐えられなくなるようにできているんですよねぇ。私だってたくさん友達を作りたいと思っているけど実行に移せずにいる。痛いほど分かります。
そんな栞の背中を押した桂馬。誰かの支えがあるだけで違うものです。桂馬に関する記憶を失っても、そのことは栞を支え続けているようですね。

FLAG 12.0
「落とし神」モード、発動。これが桂馬の本気。24作品同時攻略。これこそが「神のみぞ知るセカイ」。
最後は遂にあちら側に行かれてしまわれたか…( ̄□ ̄lll)


評価(各項目10点満点)
○ビジョン:8点――毎回安定していました。ギャルゲーの画面までしっかり作りこまれていましたな。EDのぺたぺたペイントが好きです。
○キャラ:9点――これはしっかりと描かれていました。これだけでとても評価に値します。
○シナリオ:9点――なんていうか、毎回の事件を丁寧に解決していますね。こういうとき、強引な展開がよくあるものなんですけど、結構ナチュラルに問題解決へと向かって言っていたと思います。
○燃え:4点――
○萌え:8点――
○意外性:8点――結果は予想できても、その過程がなかなか予想できないんですよ。いかに問題解決に向かうのか。桂馬の対応やヒロインのリアクションがしばしば予想外で、退屈することはありませんでした。
○歌など:9点――OPの壮大な感じが中身と違うw(いい意味で) メインのEDは名曲。
○熱中度:9点――集中して一気に見てしまえました。1話見終わっても続きがとても気になるんですよね。
○オススメ度:9点――これは進められます。
○全体:9点――血の通った人間がよく描かれていると思います。キャラクターがよく描かれているので、ストーリーもとても自然に感じました。限られた時間の中で事件の解決まで描かなくてはならないのに、どれもとても丁寧な展開で、よく他作品であるような強引さは感じられませんでした。

MVP:桂木桂馬
エルシィ…と、言いたいところですが、やはり一番の功労者は彼でありましょう。彼の魅力のお陰で女の子達の悩みが次々と解決していく。それは見ていてとても楽しかったです。
やはり主人公に共感できる、主人公がしっかりしている話は見ていて安心できます。


第2期を製作してくれたからこそ、それが始まるまでに第1期を見てしまおうと思えました。
シナリオの宿題をやっていて思ったのですが、やはり何事も期日を決めた方がはかどりますね。それを実感しました。
安心して第2期を見ていこうと思います(*^ー^)b
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/12420069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2011-04-14 17:17 | 放送終了後視聴アニメ | Trackback | Comments(0)