いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

わたしの、最高の友達

魔法少女まどか☆マギカ 第12話(最終回)「わたしの、最高の友達」

時を超え、時空を超えて…鹿目まどかはいつも傍にいる…。
a0047568_1624489.jpg




因果の特異点となったまどかなら、あらゆる願いを叶えられる。
魔法少女になると決めたまどか。叶えたい願いを遂に見つけた。まどかは謝罪するものの、ほむらに支え続けられてきたからこそ今の自分があることを分かっており、自分を信じてくれとほむらに言い聞かせます。

「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい」

今の世界だけではない。未来、過去、全宇宙の全ての魔女誕生の瞬間が適用対象。これにはキュゥべえも驚愕。「因果律そのものに対する反逆」で、神になるのと同義…。
まどかは全ての魔法少女を絶望させずに救いたい。最後まで笑顔でいて欲しい。それを邪魔するルールは消し去って見せる!

それを実行すれば、もはや人間としての個体を維持できない。魔女を永遠に倒し続けるだけの概念へと変わってしまう。
希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、それは違うと言い返せるまどか。
まどかが希望を与えるのではない。まどか自身が希望となる。そう言ってまどかを送り出すマミと杏子…。

魔法少女となったまどかは、あらゆる時間、あらゆる世界へと希望の矢を発射。倒れ伏し、魔女と化そうとしていた魔法少女を次々と救っていきます。
「因果は全て、私が受け止める! だから最後まで自分を信じて」

そして「ワルプルギスの夜」も遂に消滅。宇宙はまどかの作った新しい法則のもとに再建されていきます。
しかし、大きな希望と引き換えに宇宙を滅ぼすほど巨大な絶望の塊が地球を襲います。
が、それでもなお、まどかの想いの力の方が上回りました。まどかの凄まじい力は、強大な魔女をもあっという間に消し去りました。

まどかの人生は始まりも終わりもなくなった。まどかの存在はただの概念となってしまった。まどかの記憶も存在も宇宙からは消え去ってしまった。
これでは、死ぬよりももっとひどいと嘆くほむら。
しかし、まどかはこれでいいのだとほむらに笑いかけます。まどかは過去や未来の出来事、全てを理解できるようになった。ほむらがまどかのために戦ってきてくれたことも全部。
今のまどかになったからこそ、ほむらが「わたしの最高の友達」だということが理解できた。
まどかは決して孤独ではない。まどかはいつでもどこにでもいる。だから、ほむらともずっと一緒。
もう二度と会えない。まどかのことも忘れてしまう…。泣きじゃくるほむら。しかし、まどかはきっと大丈夫だと励まします。

「だって、魔法少女はさ、夢や希望を叶えるんだから…」

「いつかまた、もう一度ほむらちゃんとも会えるから。それまでは、ほんのちょっとだけお別れだね」
まどかからリボンを受け取り、ほむらはまどかとしばしの別れを…。


恭介の演奏を見守るまどかとさやか。さかやを救うにはこの未来もなかったことにしなくてはならない。さやかが望んだ結末じゃないのではというまどかですが、さやかはそれでよかったのだと受け入れます。恭介の演奏を多くの人に聞いて欲しかった。それがさやかの望み。後悔はない。
恭介には仁美がいる。ちょっぴり悔しいけど、恭介には幸せになって欲しい。それがさやかの最後の望み…。

そうしてさやかは行ってしまった。魔女とならず、魔獣を倒すために力を使い果たして…。せっかくさやかと友達になれたのにと嘆く杏子。希望を求めた因果が絶望に変わる前に、魔法少女は消え去るしかないとマミ。
そしてほむらはまどかを想って涙する。でも、マミも杏子もまどかのことを覚えていない…。

まどかの弟・タツヤと会ったほむら。彼はまどかの絵を描いていました。まどかの母・詢子も、まどかのことを覚えていないものの、どこか懐かしい存在だと感じているようです。

ほむらはキュゥべえと新たな関係を築いていました。キュゥべえですら世界が変革されたことに気付いていません。インキュベーターは魔法少女の絶望ではなく、魔獣を倒した時に得られる感情エネルギーを摂取するようになりました。
さらにほむらがもたらした魔女の概念により、人間の感情エネルギーを収集する新たな方法の可能性が見出されてきました。

例え魔女が生まれなくなった世界でも、人々の呪いが消え去ったわけではない。今も魔獣と熾烈な戦いを繰り広げているほむら。
人々の憎しみがなくなることのない救いようのない世界だけど、ここはかつてまどかが救おうとした世界。だからそれを決して忘れず、ほむらは戦い続ける。

戦場へと向かうほむらに、まどかの「頑張って」という激励が聞こえてきて…。


今まで「龍騎」や「カブト」の要素があったけど、最後の最後で「剣(ブレイド)」の要素まで入ってきやがった!

「わたしの、最高の友達」
もうこれだけで鳥肌ものです。

まどかとほむらの別れのシーン。ああ、本当に切なすぎる。「リリカルなのは」第1期のラストを彷彿としましたが、今回のは本当の別れって感じで。
まどかに託されたリボンはほむらと共に…。

まどかによって作り変えられた世界。しかし、ここでもさやかは魔女になる代わりに燃え尽きるという運命に…。でも、さやかは心の底から「後悔していない」と言っていたと思います。さやかも悲しみの中で消え去ったのではなく、希望を抱いて去っていったんですね。せめてもの救いです。そしてまどかとさやか、最後に分かり合えてよかったです。

さやかと仲良くする杏子、見てみたかったなぁ。でも、この2人もいっときとはいえ友達になれたんですよね。素敵なことだと思います。
マミも杏子もまどかのことを覚えていませんでした。切ないなぁ。

そしてまどかのお母さんも忘れてしまって…。娘を信頼して送り出した結果がこれですからね。娘が死んでしまうのと最初からいなかったことになるの、どっちがマシなんだろう?
ほむらはまどかの母親に大事なリボンを差し上げましょうかと言いましたね。自分にはまどかの記憶があるから。せめてものまどかの証をまどか母にあげたかったのかもしれませんね。

魔女はいなくなったけど、新たな敵・魔獣が出現。1つの敵を倒したら、新たな敵の出現。よくある話ですけど、重みが違いますね。ここはまどかが体を張って守った世界だから。
ほむらはこれからも戦い続ける。目には見えないけど確実に傍にいるまどかと一緒に……。


評価です(各項目10点満点)
○ビジョン:8点――独特でしたなぁ。あの異空間の表現はなかなか好きになれない…。まぁ最近はようやく慣れてきましたけどね。でも、キャラの立ち位置とか画面の明暗とか凄く演出が凝っていたと思います。それだけでキャラクターの心情や状況をうまく暗示していたと思いました。
○キャラ:9点――まさに血の通った人間が描かれていたと思います。さやかの苦悩に杏子の奔走。ほむらの涙、まどかの悲しみと迷い。そして、まどかのみんなを救いたいという願い。その意志を継いだほむら。かっこよく見えました。
○シナリオ:8点――マミさんが衝撃的な退場をしてから、終盤近くまでただただ鬱展開の連続。何をやってもそれが裏目に出る。踏んだり蹴ったり。鬱状態の連続。さやかの苦悩に杏子の奔走。ほむらの涙、まどかの悲しみと迷い。視聴者である私もそれに参ってしまいそうになりましたが、最後に救いがありました。
まどかのみんなを救いたいという願い。その意志を継いだほむら。本当に彼女達がかっこよく、頼もしく見えました。まどかはやっぱり果敢で立派な勇者だった。その意志を継いで戦い続けるほむら。人の痛みを理解することほど難しいことなんてありません。それが理解できるようになったまどかはどこまでも強くて無敵で…。そんな彼女と一緒だからこそ、ほむらだっていつまでも戦い続けられるのでしょう。
○燃え:10点――戦闘シーンも凄かったのですが、物語に引きつけられました。
○萌え:5点――この作品は萌えをあまり売りにしていませんね。むしろ、ファンの二次創作に萌える日々でしたw
○意外性:10点――もう驚きの連続でした。ここまでビビらされた話は初めてだったかも。マミさんの最期はちょっとトラウマですし、さやかや杏子の運命もあまりに衝撃的で。
○歌・曲など:9点――OPの歌詞は凄くほむらの心情を現わしていました。素晴らしいです。
○熱中度:8点――マミさんの衝撃的な最期で、一時は見るのをやめようかとも思ったのですが、最後まで見てよかったです。震災で最終回放送が遅くなりましたが、本当に放送されてよかったです。
○オススメ度:6点――鬱展開とキャラの衝撃的な死に耐えられる人じゃないとダメですね。でも、そういうのに耐性がある人になら大いに見てもらいたいです。
○全体:8点――マミさんが衝撃的な退場をしてから、終盤近くまでひたすら鬱展開。何をやってもそれが裏目に出る。踏んだり蹴ったり。
しかし最後は、まどかのみんなを救いたいという願いが奇跡を起こす。本当に彼女がかっこよく、頼もしく見えました。まどかはやっぱり果敢で立派な勇者だった。その意志を継いで戦い続けるほむら。人の痛みを理解することほど難しいことなんてありません。それが理解できるようになったまどかはどこまでも強くて無敵で…。そんな彼女と一緒だからこそ、ほむらだっていつまでも戦い続けられるのでしょう。
ほむらが最後に使った武器は弓でした。憎い演出です。そして黒い翼。あれはきっとまどかの影響…だと思いたいです。
解釈する人によってはハッピーエンドとは言えないでしょう。でも、確かに希望のあるラストでした。まどかによってもたらされた希望は他の魔法少女達が守り続けてくれることでしょう。私もそう信じましょう。ほむらがまどかを信じたように。
そして我々もまた、まどかと共に…。
鬱だけど熱い物語。数々の名セリフも生まれました。本当にいろんな意味で名作となりましたね。文字通り「神アニメ」となりました。

MVP:暁美ほむら
君の頑張りが、まどかに奇跡を起こした。人生に無駄なことなんてない。そして人は独りでは生きていけないということも教えてくれました。

鹿目まどか、暁美ほむら、美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子……ついでにキュゥべえも
そして製作に関わったみなさん。

この作品を最後まで見てよかったです。
本当にありがとう!


関連記事:やらおん!
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/12459199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ひびレビ at 2011-04-22 17:54
タイトル : 魔法少女まどか☆マギカ 第11話&第12話(最終回)
魔法少女まどか☆マギカ 第11話&第12話(最終回) 第11話「最後に残った道しるべ」 途方も無いまどかの潜在能力は、ほむらによって全ての因果が束ねられてきた事によるものだった。ほむらの願いの中心はまどか。まどかを救うために幾度と無く時間を繰り返したことが、...... more
Tracked from ゼロから at 2011-04-24 14:43
タイトル : 魔法少女まどか☆マギカ 第12話 『わたしの、最高の友達』
窮地に陥った暁美ほむらを救うべく、鹿目まどかが選んだ道は、自ら魔法少女になること。そして、鹿目まどかの命の代償としての願いは... more
Commented by ソラト at 2012-01-17 18:59 x
本当に、良い作品でしたね;_;
見れて良かったと思います。
Commented by konosetu at 2012-01-17 22:15
>ソラトさん
コメントありがとうございます。
個人的に納得できない箇所もありましたが、間違いなく2011年の最高傑作だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2011-04-22 12:34 | まんがタイムきらら系 | Trackback(2) | Comments(2)