やらなくてもいいことでも、手短に

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければ いけないことなら手短に」
…って結構気に入っているセリフです。

しかし、やらなくてもいいことでもちょっとはやる。好きなことならみっちりやる。でも、やらなければならないことは手短にw
折木奉太郎には感情移入できますが、その辺りはホータローとはちょっとセオリーが違うんですよね、私w
とにかく先がわたし、気になります!
データベースは結論を出せませんからw

「これゾン」が終わってしまい、「夏色キセキ」もお休みなので徒然と。

以下は「名探偵コナン」ネタバレ注意。



~~~~~
ベルツリー5話目速報。

秀兄(しゅうにい)が死んだと聞いていた世良は思わぬ再会に驚くも、スタンガンで気絶させられます。火傷赤井は「その答えが聞きたかった」と発言し、誰かにメールを発信。
メールは2行ありますが、1行目が印刷の関係で見にくいです。たぶん文脈から「障害は排除した」っぽい。2行目は「後は手筈通りに」だと思われ。
気絶させられた世良。さすがに至近距離から不意打ちをかけられたらダメなのか…(汗)
ま、これで世良がバーボンである可能性は完全に消えましたね。
「その答えが聞きたかった」っていうのは、やっぱり赤井が死んでいることの確証を得たかったのかも。ジョディに関しては、赤井が死んだと思っているのをすでに確認済みですしね。

コナンは容疑者を集めて久々の眠りの小五郎ショーを開始。そこに安室が合流。
こりゃ小五郎は本物で間違いないですな…(^^;

哀を心配する蘭のところに、哀から「心配しないで」とメールが。本当に哀からのメールなのか? メルアドは彼女のものらしいですが…。ひょっとして沖矢に捕まっているか、保護されている?

コナンは被害者が死んでいた部屋のチェーンロックが他の部屋のものより長くなっていると推理。これなら部屋から出た後でも手を入れてロックができると安室がフォロー。
安室、来たばかりなのにやけに事件のことに詳しいですね…。

火傷赤井、名簿を盗み見。さらに車掌の椅子の下に何かを仕掛けます。なんだろう…? 空き缶みたい。爆弾ではなさそうですが? スタングレネードとか?

犯人は車掌をA室におびき出し、室橋が扉を開いた隙にB室に侵入。犯人と室橋はミステリークイズの相談をしていたようです。犯人は蘭達を共犯役にすることで、まんまと室橋を問題の部屋へ移すことに成功しました。
車掌がE室の前にいたときに見た不審人物の正体は、鏡に映った車掌自身。扉の内側全体に鏡を貼っていました。鏡の仕掛けがバレないようできるのは位置的にC室の安東のみ。そう、犯人は安東でした。

哀、コナン、小五郎、世良と電話が繋がらないのを心配する蘭。誰かからメールを受けた博士は、様子を見に行こうとしている蘭を推理ショーの真っ最中だから邪魔するなと止めます。
それを盗聴している火傷赤井はニヤリ。哀が部屋から出ているのは想定済みってこと?

コナンの推理通り、安東の持っていた絵のカンバスの間に3枚の鏡が仕込まれていました。そのうちの1枚には扉と同じベージュ色の絵具が。決定的な証拠を突きつけられた安東。
…まだ動機を語っていません。次回に持ち越しのようです。
思ったより早く事件が解決しました。とはいえ、5話目だから普段の長編だったらこんなものですよね。ただ、小蓑のお婆さんが何かを隠していそうだった態度がまだ謎。それに何のために容疑者達の走り方を撮影したのかも。
果たしてこの殺人事件はバーボンやベルモットの計画に含まれているのでしょうか? 私は含まれていそうな気がしますけどね。コナンを事件に釘づけにしておいた方が都合がいいですし。長くなっていたチェーンや出波の部屋に忘れられた腕時計も引っかかりますし。あくまで客である安東が事前にそこまで準備できるかどうか疑問。
わたし、気になります!

一方、火傷赤井はとある一室で謎の女のトランクを窓の外へ捨てます。そこに謎の女がやって来て、
「もうこんな事止めたら? シャロン?」
火傷赤井が変装を解くと、それはシャロン=ベルモット!
ま、今回の火傷赤井はベルモットでしたが、銀行強盗や百貨店のとき、以前世良の前に現れたときは…やっぱりバーボンでしょうか?
謎の女は有希子で確定かな? 火傷赤井の変装を見破り、それを「シャロン」と呼ぶのは有希子としか考えられませんし。エレーナってことはないか? ないか…。
ただ、シャロン=ベルモットって確定事項なんでしょうか? 編集の煽りがそう書いているんですけど…。
でもシャロンは夫の墓参りをしているとき、夫そっくりに変装したクリスと会っているんですよね。それ以来、10年以上クリスと会っていないとも(35巻)。シャロンとクリスの仲は芳しくなかったという印象を受けましたが。 この話はシャロンが話していることなので、まるっきりの作り話である可能性もありますが、ならどうしてこんな話をする必要があったのか…。
しかも両者は単行本の裏表紙の鍵穴には別々に登場したんですよね(26巻と35巻)。
なのでシャロン=ベルモットは正しいとしても、シャロンとクリスが同一人物かどうかは懐疑的です。

あとはバーボンが誰か。沖矢か安室か。それとも他に候補はいるかなぁ…?
そして、コナン側がまだ何考えているのかよく分からないんですよねぇ。味方側の思惑が分からないのって結構気持ちがよくないもので。
やっぱり安室がバーボンか? 安室はコナンを監視。コナンは安室を引き付ける役?
ただ、ベルモットは哀が部屋の外に出ることを読んでいたふしもあるんですよね。沖矢が共犯とも考えられますけど。ああ、でも沖矢は有希子らしき女と行動を共にしていたんでした。あの女が有希子なら、沖矢が味方なのは確定ですね。
今回、沖矢と哀はワンカットも出てきていないのでどうしているか、わたし、気になります!
[PR]

by konosetu | 2012-06-15 18:33 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/15568622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]