いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

やらなくてもいいことでも、手短に2

いよいよ「氷菓」をはじめとする古典部シリーズの5巻目「ふたりの距離の概算」の文庫版の発売日ですね。近々買いに行く予定です。
単行本はすでに2010年に発売されていたようですが。
楽しみです。たぶん、ここまでは今回アニメ化されないでしょうけどね。
今回は特別な帯(というかカバーに近いけど)は付いてこないのかな?


以下、「名探偵コナン」ネタバレです。



~~~~~
ベルツリー6話目

ベルモットと対峙する有希子。どうやら女優同士ということで、自らこの役を買って出たようです。
シャロン・ビンヤードはただの老けメイクだったようで…。
有希子が火傷赤井に扮していたベルモットとすれ違った時に言ったのは、
「私達があなたを出し抜いたら…今度こそ彼女から手を引いてくれるわよね」
有希子いわく、新ちゃんチームが一歩リードしているとのこと。気を失った世良も元の彼女の部屋に運んだといいます。
むぅ…。ならばやはり35巻の回想に出てきたシャロンは、老けていないベルモットの変装メイクだったということのようで。ベルモットがクリスなら、やはりシャロン=クリスってことかな? いえ、まだ別にクリスという人物がどこかに存在している可能性も考えられますが。

有希子の言葉の通り、沖矢が世良を部屋に残し、笑みを浮かべながら部屋をあとに…。
世良は寝言で「しゅ…秀兄」と。ブラコンだったのかな、世良ってw ただのブラコンだった寂しいですね。彼女にも見せ場が欲しいところ。

安東は車掌服を拝借し、車掌に成りすましてチェーンロックの鎖を増やしたり、部屋のランプを切れたものとすり替えたり、アラームの腕時計をセットしたりしていました。
安東の動機は、火事で亡くなった妻の敵討ち。室橋は屋敷から絵画を盗んだ際、証拠隠滅のため放火していたのです。

やはりベルモットは、バーボンにコナンや哀の幼児化を秘密にしていたようです。
ここで有希子が話題にしたのは板倉卓のこと。シャロンと彼は、とある映画のことで激しく衝突していたらしく…。
ベルモットは有希子に手を引けと警告します。有希子の作戦は読んだからと。
哀が組織の存在に気づけば、友人らを巻き込まぬよう解毒剤を飲んで元の姿に戻るはず。薬を飲む前に哀を保護し、元の彼女の姿に変装した有希子が殺されたフリをする。有希子の変装道具や血糊の仕掛けの防弾ジャケットはすでにベルモットが処分済み。
ベルモットは列車の各所に設置した装置で煙を発生させます。

なるほど、スタングレネードかと思いましたが、発煙装置だったようで。ただ、室橋が死んでいる部屋にも設置されていますね。ここにはベルモットは近づいていないはず。こりゃ…うん、決まりだな。安室がセットしたものに違いありません。チェーンの数を調べるフリをしてセットする機会があったはずですから。
案の定、安室が火事だと騒ぎ立て、8号車、そして7,6号車の客達も前の方の車両へ避難。
ベルモットの読みでは、哀=志保ならおそらく8号車の方へ行くはず。

その読みどおり、志保(?)が8号車にやってきます。
その前に現われたのは安室で、自らバーボンであると自己紹介します。
志保は普通に洋服を着ていますね。そして裸足。う~ん、果たしてこれは本物の志保なのかな? だとしたらコナンが間抜けすぎるのですが。そういえば、コナンはどこ行った?
(もしこの志保が怪盗キッドの変装とかだったら笑えるw 嫌がるファンはいそうだけど。コナンが新一に戻って女装している可能性もあるか…? これもどうかと思うけどw)
何気に小蓑のばあさんと住友も気になるのですけど。小蓑は火事にトラウマがあるはずなんですが。他の火事(5年前)の被害者は、ベルモットの言うように火事恐怖症だから一目散に逃げているのに、小蓑はリアクション薄すぎます。
あ、そういえば火災が起きたのなら、さすがに名古屋に到着するまでに停車せざるを得ないでしょうね。どうなるかな?

志保はヘル・エンジェルと呼ばれたエレーナによく似ているようで。
案の定、一部ファンの間で囁かれていたとおり、バーボンの正体は安室でした。予想どおりですからそれほど驚きは大きくないですけどね(^^;
こりゃやっぱり安室が小五郎に近づいて弟子入りしたのも、小五郎の周囲を探るためだったようで。たぶん、75巻ラストの双子のDNA事件の裏にもかんでいるのでは。伴場頼太の無実を証明した靴の裏のクリームをつけたのは、他でもない安室。伴場をわざと怒らせ、小五郎に取り押さえさせそのクリームに気づかせようとした(気づいたのはコナンだけでしたが)。さらにわざと間違った推理を披露して、小五郎に近づくきっかけを作った。おそらく、加門初音が死亡した原因を作ったのも安室だったのかも…?
安室はさらに、薄々と阿笠博士がシェリーを匿っているのにも気づいていたのかも。ただ、ベルモットの言うとおりだとすると、コナンの正体にはまだ気づいていないのかな?

コナンがバーボン対策をしていないわけがないですし、有希子と行動を共にしていた沖矢は完全に味方で確定(もうここまでくると、沖矢は赤井本人と断定してもよさそうです。赤井とバーボンには深い因縁があるはずですから)。世良は救出したので、あとはコナンと沖矢が協力してバーボンを捕らえるのみ…。
有希子は「新ちゃんチーム」と言っているので、ひょっとしたらもっと味方の伏兵がいたりするかもw バーボンフルボッコのエンディングが見えた!( ̄ー ̄)ニヤリ
とりあえず、次回も楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/15617590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2012-06-22 18:02 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(0)