ベルツリー急行殺人事件 全体まとめ

去年出版された「『名探偵コナン』の謎~17年目の真実~」(笠倉出版社)という非公式考察ガイド本を図書館で借りてきました。
読みたいけど購入するほどのものじゃないと思いまして。
図書館に置いていませんでしたが、リクエストしたら購入してくれました。2か月くらい待たされましたけどね。
たぶん私が借りた人第1号だと思いますw

~~~~~
「名探偵コナン」のベルツリー急行の事件が終わってしばらく経ちますが、いまだに3か月前のこの記事のランキングが高いです。
ベルツリー急行の事件 進展度
それだけみなさん、この事件に関心がおありだったのかと。

そこで、この事件の最後までについて当時書き込んだあらすじや考察を改めてまとめて掲載しておきたいと思います。
単行本では第78巻の範囲になりますが、発売はおそらく12月頃になりそうですし、待てない方のためにも。

関連:「名探偵コナン」新章で急展開、黒ずくめの真実に近づく?
関連:名探偵コナン 黒ずくめの組織 徹底調査File!|小学館

以下、ネタバレです。



~~~
1話目

ミステリートレイン編開始。

冒頭からベルモット&ジンの会話。百貨店から何年ぶりでしょう、ジンとウォッカの登場は。ベルモットはシェリーが列車に乗ること教えちゃいました。幼児化のことまではさすがに伏せていますが。
ベルモット、シェリーは諦めたとコナンに言っていましたが、バーボンが殺すのは容認するようで… 。

列車内では火傷赤井も登場。哀ちゃん、ビビってる。火傷の位置が明らかに以前の火傷赤井と違うんですけどね…。あと、従業員の制服を着ていますね。
逆に、哀ちゃんは世良には特に反応していないんですよね。

ゲストキャラやっぱり多いなぁ~。
今のところミステリートレインの事件そのものは組織とは関係ないのかな? いえ、それもまだ断定できません。

「犯行」が起きた車両そのものが消えた…?
赤黒やロンドン編のような大長編になる予感です。

それにしてもミス発見。日本なら列車は大抵左側通行のはず。実際、駅を出発するときは左側だったのに、次のコマでは右側の線路を走っています
ま、ミスじゃなくて何かの伏線である可能性もありますけど。

~~~
2話目

前回の7号車が消えた事件…どうもフェイクだったようです。
撃たれたはずのオッサン(室橋)、ピンピンしていましたし。
蘭と園子がその片棒を担がされていたようです。つまりウソの証言をしたと。
…一体、この茶番劇はなんだったのでしょう? なんか不可解。これも何かの伏線だと思いたいですが。

世良と哀ちゃんが初めてまともに対面。哀ちゃんが怯え出しますが…。部屋の外には火傷赤井。
果たして哀ちゃんはどちらに反応したのでしょう? ちなみに、この後のシーンでは哀ちゃんと世良は行動を共にしていますが…。

小五郎は食堂車で食事中。蘭達とは別行動か。ふむ…。
外の山間部から煙が上がっているようですが。

コナン達が問題のオッサンを訪ねると、今度は本当にオッサンは死んでいました。しかもチェーンロックがかかっていた密室内で…。オッサン、その前のページではまだ生きていたのに(場面転換もない)、この短時間に何が起きた?
それにしても、あんなに簡単にチェーンは切れるものなのか?

事件が起きてしまった以上は列車も停止せざるを得ないでしょうねぇ。来るのは警視庁の面々か、横溝弟(神奈川県警)、横溝兄(静岡県警)、愛知県警…さてどこでしょう?
あるいは列車が停止できないような非常事態に陥るとか…?

~~~
3話目

コナンと世良は事件の調査に取り掛かります。これは自殺ではないと結論。そんなとき、コナンのところに謎のメール。急にコナンが焦り出しました。
どこから連絡が来たんでしょう? 博士ってことはないと思いますが…。この後に出てくる謎の女から?

コナンの指示で、蘭や園子、探偵団は部屋に戻ろうとしますが、途中で火傷赤井とすれ違う! しかも、哀ちゃんと目が合った…? 哀ちゃん、マジビビってる。
その直後、安室が登場。蘭と挨拶を交わしていますねぇ。
これ、見たまんま哀ちゃんが火傷赤井に反応したように見えますが…。そちらに気を取られて安室からの気配に意識が行かなかった可能性もありますね。

その様子を近くの部屋から覗いている沖矢。しかも彼は、メールをしている謎の女と一緒。沖矢は「天は我々に味方している」と満足げですが…。どうとでも解釈できてしまいますね。

結局、列車は近くの駅には止まらず、名古屋駅まで行ってしまうようで。鈴木次郎吉相談役の命令…。どんな権限だよ(汗)
仕方なく、コナンと世良、そして小五郎が関係者に事情聴取。このシーンには事件を説くための重要な手掛かりがありそう。例によって犯人はおかしな証言をしているんでしょうけど…。

部屋に戻った光彦が、博士に志保の画像を送ってしまったことを報告。博士も哀ちゃんも焦っていますねぇ。

名古屋駅では次郎吉が殺人犯を捕まえると意気込んでいますが…。
その様子を窺うウォッカとジン。ジンはベルモットからシェリーが列車に乗っていると報告を受けたようで。ジン達も沖矢みたいにこちらが運がいいと思っているようですが。ベルモットも列車に乗っているのかなぁ?

バーボンは誰なんでしょう?
少なくとも、今回登場した火傷赤井は、沖矢、世良、安室とは別人ってことになりそうですが…。

~~~
4話目

車掌の証言で、事件の容疑者達と被害者の共通点が判明。5年前に起きた資産家の誕生パーティー中に起きた火災のときに居合わせたメンバーのようです。
そんなとき、再びコナンのもとにメールが…。

一方、客室で待っている哀ちゃんのもとに「覚悟は決まった?」とベルモットの名前でメールが届きます(このメール、ベルモットからとは限らないんですよね…)。焦った彼女は友人らを巻き込まないために客室の外へ。心配してついてこようとした蘭もまいてしまいます。
哀ちゃんは母親が残したテープのメッセージを思い出します。

「実はお母さんね…
 今、とても恐ろしい薬を作っているの…
 ラボの仲間は夢のような薬って浮かれてるけど…
 父さんと母さんは願いを込めてこう呼んでるわ…
 シルバーブレット… 銀の弾丸ってね!
 でもその薬を完成させるには、父さんと母さんはあなた達とお別れしなきゃいけないの…
 わかってちょうだいね…志保…」

え~ここで第42巻以来、長年謎だったテープの続きが明らかになったわけですが、正直言うと「?」ですね。謎が謎を呼ぶ。肝心なことが何も分かりませんでしたね。
恐ろしい薬を作っているのはすでに分かっていたことですし。「シルバーブレット」というのは何に対しての? ベルモットがよく口にする「シルバーブレット」と同一のもの?
どうして志保と別れなくてはならなかったのか…。肝心なことが分かりませんねぇ。

ただ、哀ちゃんはこんな薬作ってはいけなかったと改めて実感。みんなを巻き込まないためにも今は「この薬」に頼るしか…と。彼女が今掌に握っているのは、解毒剤? それともアポトキシンそのもの? それとも、アポトキシンそのものと解毒剤をセットと見なしている?

そんな彼女の前に沖矢が登場。「さすがに姉妹だな。行動が手に取るように分かる。さあ来てもらおうか。こちらのエリアに」と。例によって誰かと連絡を取っているらしく、携帯を持っていますが。「さすがに姉妹」ということは、彼は志保の姉・宮野明美のことを知っていそうですね。で、またも「エリア」という言葉を使用。やはり彼は赤井本人、もしくは関係者なのでしょうか。
あからさまに悪そうな雰囲気を出していますが、敵と決まったわけではありませんね。哀ちゃんはこの姿のまま殺されるわけにいかないと逃げ出しますが…。

コナン、世良、小五郎は容疑者らに5年前の火事のことを訊いて回ります。そして所持品も検査。あと、走り方を録画。う~ん、やはりこの事件、鏡が関係しているのかなぁ。私は自力で推理しても埒が明かないので、他の方の推理を見回っていますが、そんな感じですね。

世良は容疑者らの走り方のムービーを子ども達に見せに。そんな世良の様子を扉の陰から窺う安室。例によって携帯を持っています。

一方、火傷赤井が沖矢と一緒にいた謎の女とすれ違います。謎の女に何かを囁かれた火傷赤井…。そこに世良が登場。「誰だ? お前…」と訊かれ「相変わらずだな…真純…」。
それに対し、世良は「しゅ、秀兄(しゅうにい)…」と。世良が赤井の妹であるのはほぼ確定ですね。

ただ、今世良の目の前にいる火傷赤井が本物の赤井とは限らないわけで。組織のメンバーに赤井が生存していると思われたら、キールが殺される…という大前提がありますからねぇ。赤井が生存しているとしても、素顔でほっつき歩いているとは考えにくいわけで。
やはり沖矢が赤井という説はまだ有力視できますね。

火傷赤井は? ベルモットかなぁ。バーボンが安室だと仮定すると。
世良がバーボンという可能性もまだ完全には消えていませんけど、組織のスパイだった赤井の親族がいまだに組織の一員っていうのは、ちょっとしっくりこないというか。
世良が組織の一員じゃないとしたら…。偽者の赤井に利用されたりする可能性もありますねぇ。作者がバーボン編とは別の見せ場で灰原VS世良をやるって発言していたといいますが…。

謎の女が誰か分かりませんねぇ。沖矢の味方であるのは間違いなし。だからベルモットっていうのはちょっとな~。完全な新キャラだったりするかもしれませんが、それじゃ読者は納得しないでしょう。
工藤有希子? 妃英理? キール? 宮野母であるエレーナ?
ありそうなのは有希子かな。有希子が火傷赤井に「はーい、シャロン」とでも囁いて牽制していたり。
キールはまだ組織に厳しく監視されていそうですし。英理や宮野母じゃ唐突すぎますかね。

~~~
5話目

秀兄(しゅうにい)が死んだと聞いていた世良は思わぬ再会に驚くも、スタンガンで気絶させられます。火傷赤井は「その答えが聞きたかった」と発言し、誰かにメールを発信。
メールは2行ありますが、1行目が印刷の関係で見にくいです。たぶん文脈から「障害は排除した」っぽい。2行目は「後は手筈通りに」だと思われ。
気絶させられた世良。さすがに至近距離から不意打ちをかけられたらダメなのか…(汗)
ま、これで世良がバーボンである可能性は完全に消えましたね。
「その答えが聞きたかった」っていうのは、やっぱり赤井が死んでいることの確証を得たかったのかも。ジョディに関しては、赤井が死んだと思っているのをすでに確認済みですしね。

コナンは容疑者を集めて久々の眠りの小五郎ショーを開始。そこに安室が合流。
こりゃ小五郎は本物で間違いないですな…(^^;

哀を心配する蘭のところに、哀から「心配しないで」とメールが。本当に哀からのメールなのか? メルアドは彼女のものらしいですが…。ひょっとして沖矢に捕まっているか、保護されている?

コナンは被害者が死んでいた部屋のチェーンロックが他の部屋のものより長くなっていると推理。これなら部屋から出た後でも手を入れてロックができると安室がフォロー。
安室、来たばかりなのにやけに事件のことに詳しいですね…。

火傷赤井、名簿を盗み見。さらに車掌の椅子の下に何かを仕掛けます。なんだろう…? 空き缶みたい。爆弾ではなさそうですが? スタングレネードとか?

犯人は車掌をA室におびき出し、室橋が扉を開いた隙にB室に侵入。犯人と室橋はミステリークイズの相談をしていたようです。犯人は蘭達を共犯役にすることで、まんまと室橋を問題の部屋へ移すことに成功しました。
車掌がE室の前にいたときに見た不審人物の正体は、鏡に映った車掌自身。扉の内側全体に鏡を貼っていました。鏡の仕掛けがバレないようできるのは位置的にC室の安東のみ。そう、犯人は安東でした。

哀、コナン、小五郎、世良と電話が繋がらないのを心配する蘭。誰かからメールを受けた博士は、様子を見に行こうとしている蘭を推理ショーの真っ最中だから邪魔するなと止めます。
それを盗聴している火傷赤井はニヤリ。哀が部屋から出ているのは想定済みってこと?

コナンの推理通り、安東の持っていた絵のカンバスの間に3枚の鏡が仕込まれていました。そのうちの1枚には扉と同じベージュ色の絵具が。決定的な証拠を突きつけられた安東。
…まだ動機を語っていません。次回に持ち越しのようです。
思ったより早く事件が解決しました。とはいえ、5話目だから普段の長編だったらこんなものですよね。ただ、小蓑のお婆さんが何かを隠していそうだった態度がまだ謎。それに何のために容疑者達の走り方を撮影したのかも。
果たしてこの殺人事件はバーボンやベルモットの計画に含まれているのでしょうか? 私は含まれていそうな気がしますけどね。コナンを事件に釘づけにしておいた方が都合がいいですし。長くなっていたチェーンや出波の部屋に忘れられた腕時計も引っかかりますし。あくまで客である安東が事前にそこまで準備できるかどうか疑問。
わたし、気になります!

一方、火傷赤井はとある一室で謎の女のトランクを窓の外へ捨てます。そこに謎の女がやって来て、
「もうこんな事止めたら? シャロン?」
火傷赤井が変装を解くと、それはシャロン=ベルモット!
ま、今回の火傷赤井はベルモットでしたが、銀行強盗や百貨店のとき、以前世良の前に現れたときは…やっぱりバーボンでしょうか?
謎の女は有希子で確定かな? 火傷赤井の変装を見破り、それを「シャロン」と呼ぶのは有希子としか考えられませんし。エレーナってことはないか? ないか…。
ただ、シャロン=ベルモットって確定事項なんでしょうか? 編集の煽りがそう書いているんですけど…。
でもシャロンは夫の墓参りをしているとき、夫そっくりに変装したクリスと会っているんですよね。それ以来、10年以上クリスと会っていないとも(35巻)。シャロンとクリスの仲は芳しくなかったという印象を受けましたが。 この話はシャロンが話していることなので、まるっきりの作り話である可能性もありますが、ならどうしてこんな話をする必要があったのか…。
しかも両者は単行本の裏表紙の鍵穴には別々に登場したんですよね(26巻と35巻)。
なのでシャロン=ベルモットは正しいとしても、シャロンとクリスが同一人物かどうかは懐疑的です。

あとはバーボンが誰か。沖矢か安室か。それとも他に候補はいるかなぁ…?
そして、コナン側がまだ何考えているのかよく分からないんですよねぇ。味方側の思惑が分からないのって結構気持ちがよくないもので。
やっぱり安室がバーボンか? 安室はコナンを監視。コナンは安室を引き付ける役?
ただ、ベルモットは哀が部屋の外に出ることを読んでいたふしもあるんですよね。沖矢が共犯とも考えられますけど。ああ、でも沖矢は有希子らしき女と行動を共にしていたんでした。あの女が有希子なら、沖矢が味方なのは確定ですね。
今回、沖矢と哀はワンカットも出てきていないのでどうしているか、わたし、気になります!

~~~
6話目

ベルモットと対峙する有希子。どうやら女優同士ということで、自らこの役を買って出たようです。
シャロン・ビンヤードはただの老けメイクだったようで…。
有希子が火傷赤井に扮していたベルモットとすれ違った時に言ったのは、
「私達があなたを出し抜いたら…今度こそ彼女から手を引いてくれるわよね」
有希子いわく、新ちゃんチームが一歩リードしているとのこと。気を失った世良も元の彼女の部屋に運んだといいます。
むぅ…。ならばやはり35巻の回想に出てきたシャロンは、老けていないベルモットの変装メイクだったということのようで。ベルモットがクリスなら、やはりシャロン=クリスってことかな? いえ、まだ別にクリスという人物がどこかに存在している可能性も考えられますが。

有希子の言葉の通り、沖矢が世良を部屋に残し、笑みを浮かべながら部屋をあとに…。
世良は寝言で「しゅ…秀兄」と。ブラコンだったのかな、世良ってw ただのブラコンだった寂しいですね。彼女にも見せ場が欲しいところ。

安東は車掌服を拝借し、車掌に成りすましてチェーンロックの鎖を増やしたり、部屋のランプを切れたものとすり替えたり、アラームの腕時計をセットしたりしていました。
安東の動機は、火事で亡くなった妻の敵討ち。室橋は屋敷から絵画を盗んだ際、証拠隠滅のため放火していたのです。

やはりベルモットは、バーボンにコナンや哀の幼児化を秘密にしていたようです。
ここで有希子が話題にしたのは板倉卓のこと。シャロンと彼は、とある映画のことで激しく衝突していたらしく…。
ベルモットは有希子に手を引けと警告します。有希子の作戦は読んだからと。
哀が組織の存在に気づけば、友人らを巻き込まぬよう解毒剤を飲んで元の姿に戻るはず。薬を飲む前に哀を保護し、元の彼女の姿に変装した有希子が殺されたフリをする。有希子の変装道具や血糊の仕掛けの防弾ジャケットはすでにベルモットが処分済み。
ベルモットは列車の各所に設置した装置で煙を発生させます。

なるほど、スタングレネードかと思いましたが、発煙装置だったようで。ただ、室橋が死んでいる部屋にも設置されていますね。ここにはベルモットは近づいていないはず。こりゃ…うん、決まりだな。安室がセットしたものに違いありません。チェーンの数を調べるフリをしてセットする機会があったはずですから。
案の定、安室が火事だと騒ぎ立て、8号車、そして7,6号車の客達も前の方の車両へ避難。
ベルモットの読みでは、哀=志保ならおそらく8号車の方へ行くはず。

その読みどおり、志保(?)が8号車にやってきます。
その前に現われたのは安室で、自らバーボンであると自己紹介します。
志保は普通に洋服を着ていますね。そして裸足。う~ん、果たしてこれは本物の志保なのかな? だとしたらコナンが間抜けすぎるのですが。そういえば、コナンはどこ行った?
(もしこの志保が怪盗キッドの変装とかだったら笑えるw 嫌がるファンはいそうだけど。コナンが新一に戻って女装している可能性もあるか…? これもどうかと思うけどw)
何気に小蓑のばあさんと住友も気になるのですけど。小蓑は火事にトラウマがあるはずなんですが。他の火事(5年前)の被害者は、ベルモットの言うように火事恐怖症だから一目散に逃げているのに、小蓑はリアクション薄すぎます。
あ、そういえば火災が起きたのなら、さすがに名古屋に到着するまでに停車せざるを得ないでしょうね。どうなるかな?

志保はヘル・エンジェルと呼ばれたエレーナによく似ているようで。
案の定、一部ファンの間で囁かれていたとおり、バーボンの正体は安室でした。予想どおりですからそれほど驚きは大きくないですけどね(^^;
こりゃやっぱり安室が小五郎に近づいて弟子入りしたのも、小五郎の周囲を探るためだったようで。たぶん、75巻ラストの双子のDNA事件の裏にもかんでいるのでは。伴場頼太の無実を証明した靴の裏のクリームをつけたのは、他でもない安室。伴場をわざと怒らせ、小五郎に取り押さえさせそのクリームに気づかせようとした(気づいたのはコナンだけでしたが)。さらにわざと間違った推理を披露して、小五郎に近づくきっかけを作った。おそらく、加門初音が死亡した原因を作ったのも安室だったのかも…?
安室はさらに、薄々と阿笠博士がシェリーを匿っているのにも気づいていたのかも。ただ、ベルモットの言うとおりだとすると、コナンの正体にはまだ気づいていないのかな?

コナンがバーボン対策をしていないわけがないですし、有希子と行動を共にしていた沖矢は完全に味方で確定(もうここまでくると、沖矢は赤井本人と断定してもよさそうです。赤井とバーボンには深い因縁があるはずですから)。世良は救出したので、あとはコナンと沖矢が協力してバーボンを捕らえるのみ…。
有希子は「新ちゃんチーム」と言っているので、ひょっとしたらもっと味方の伏兵がいたりするかもw バーボンフルボッコのエンディングが見えた!( ̄ー ̄)ニヤリ
とりあえず、次回も楽しみです。

~~~
7話目(ベルツリー号完結編)

ベルモットは志保が友人を巻き込まないために火元の8号車の方へやってくると読んでいました。
そこに有希子の元にコナンから電話が。有希子から電話をひったくったベルモットは、有希子の声音を使いうまく応対します。コナンは哀が見つからないと焦っているらしく…。
そしてバーボンから志保を見つけたというメールがベルモットに届きます。

安室=バーボンは、志保の両親や姉に会ったことがあるらしいです。志保もバーボンのことを姉の恋人・諸星大のライバルとして認識していました。
バーボンは諸星=赤井が殺されたことを信じることができず、ベルモットの手を借りて赤井に変装し、赤井の関係者の周りをうろついて反応を窺っていました。
バーボンは志保を8号車の後ろの貨物車に誘導。

名古屋で待ち構えているジンとウォッカは、ベルツリー号をプラスチック爆弾で破壊するつもりでした。ウォッカの話によると、ベルモットは爆弾が余っているなら分けてくれと言っていたようですが、使用目的ははぐらかしたようです。

バーボンは志保を生きたまま組織に連れ帰るつもりでいました。志保を気絶させて爆弾で貨物車を切り離し、止まり次第ヘリで列車を追跡している仲間に志保を回収させる段取りのようです。
ところが、その貨物車にはベルモットが大量の爆弾を積んでいました。あくまでベルモットは彼女を殺すつもりだと悟ったバーボンは志保を連れて行こうとしますが、志保は拒否して貨物車に閉じこもってしまいます。
そのとき、バーボンの足元に手榴弾が転がってきます。煙の向こうには人影が…!(バーボンには見えていないようですが、赤井に間違いなさそう。服装は沖矢のものと同じっぽい。帽子は世良のものか?)

爆発が起き、貨物車は切り離されます。勝利を確信して去っていくベルモット。それを尻目に、有希子は哀が爆死したとショックを受ける演技をします。

ベルモットはジンにシェリーを殺したことを報告。爆発が起きたので、列車は近くの駅に停車しました。
ベルモットが電話を切った直後、探偵団と哀を負ぶった阿笠博士が。驚愕するベルモット。じゃあ、バーボンの目の前で爆死したのは誰だったのか?
園子と蘭が怪盗キッドの話題をし、コナンが誰かと携帯で連絡を取っているのを見て、ベルモットは気づきます。

コナンの電話の相手は怪盗キッド。使っているのはコナンから借りた携帯。彼は志保に変装しバーボンを欺き、ハンググライダーでうまく脱出していました。
キッドは住友に化け、小蓑に変装した手下と共に列車に乗り込んでいました。小蓑が喋っているときはキッドが腹話術を使っていました。背の低いコナンにはそれが丸わかり。だから住友を走らせている間、小蓑は喋られない状態に。
(おい、だったら眠りの小五郎の腹話術はなんでバレないんでしょうねぇww)
コナンはキッドを見逃す代わりに、志保に成りすまして悪い奴らの追跡をかわして欲しいと頼みます。会話の内容は別室で待機している哀本人がイヤホンを通して伝えるから…。

蘭が廊下で拾った世良の帽子を返しているのを見たバーボンは、もう一度赤井の死について一から調査をし直すことに。そんなバーボンを見つめる沖矢…。
あの沖矢の目、どう考えても赤井の目です。ありがとうございました。

できれば次回はコナン、哀、博士、有希子、できれば沖矢も含めて反省会でもして欲しいですね。これまで起きた出来事を整理してはっきりさせてくれることを期待します。
まさかコナンは最初からキッドを作戦に巻き込むことは想定していなかったはずでしょうし。本来の作戦があったはず。沖矢に保護された後、沖矢と哀の間でどんなやりとりがあったのかとか。
かなり遡って沖矢が初登場してから、コナンと沖矢はどんなことを示し合せてきたのかとか。沖矢=赤井として、赤井はどうやって生還したのかとか。
わたし、気になります。

~~~
最後に。
思ったより短いシリーズでした。いろいろ古い伏線を引っ張り出してきて、少しずつ掘り下げてはくれましたが、やはり相変わらず肝心なことはほとんど分からずじまいでした。
「赤と黒のクラッシュ」で赤井が本当にどうなったのかも全然触れられませんでした。本当に残念です。
その後、安室は何食わぬ顔でコナン達の前に帰ってきています。今後の彼の動向に注目ですね。

オマケ
世良のライダーキック!
a0047568_2136537.jpg

[PR]

by konosetu | 2012-09-13 14:36 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/16184127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]