いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

パンフコンペッペ/ひみつのデート

ひだまりスケッチ×ハニカム 第7話「10月5日~6日 パンフコンペッペ/10月6日~8日 ひみつのデート」

世界デビューでデート!?



ゆのと宮子は授業の一環でやまぶき祭のパンフレットの表紙のコンペに参加。採用されるのは1名のみ。宮子が表紙に採用されたらホームページにも掲載されるから世界デビューもありうるかもと口にします。気の早いゆのは母親に世界デビューの可能性があると報告し…。
やまぶき祭の楽しさを伝えようと試行錯誤していましたが、残り時間はあとわずかに迫ってきました。それでもゆのは、昨年、未完成のまま提出せざるをえなかった課題を思い出し、同じ失敗は繰り返すまいとスピードアップ。何とか完成を間に合わせます。
そして見事、パンフレットの表紙に選ばれます!
友人達やひだまり荘の先輩・後輩にも祝福され、ついつい有頂天になってしまったゆのは母親にも報告。まさか本当に世界デビュー? ゆの父親はゆのをセキュリティの高い所に住まわせようと考えるのでした。

~~~

半年前、ゆのが携帯を学校に置き忘れた際に知り合った有沢先輩からメールで遊びに行かないかというデートのお誘いが。
ゆのはおめかしして街へお出かけ。有沢さんに前から気になっていたという雰囲気の良さそうなレストランへ誘われて食事をすることに。雰囲気がいいだけに、そこはカップルだらけで…。
美大生となった有沢さん。大学生活の忙しさや、一人暮らしの大変さ、日常の何気ない話などが話題に。有沢さんは言います。「環境が変わっても、繋がっていくためには行動が必要」だと。そして「行動をすれば、繋がっていたい人とは離れてもずっと繋がっていくことが出来る」。
ゆのは有沢さんから「ありさ」と呼んで欲しいと頼まれます。「ありささん」と呼ぼうとして「ありさん」と言ってしまうゆの。大人っぽく変わったところもあるゆのですが、変わらないところもあるからまた会いたくなるのだと有沢さんは言います。
ゆのは沙英やヒロに改めてこれからも仲良くして欲しいとのメールを送ります。

帰宅後、ゆのはひだまり荘の仲間達に土産のアップルパイを振舞います。デートのことで質問攻めにあうゆので…。もう卒業してしまった先輩と今までと同じように話せたのが嬉しかったというゆの。そこでヒロはようやく、ゆののメールの意味に気が付きます。

入浴したゆのは早速有沢さんにお礼のメールを送ります。その直後、有沢さんからも同じような内容のメールが送られてきて…。


「ノーモア富士山」を掲げていた割に、第3期のOP&ED映像の完成が遅れるなど前科のあるシャフト。
しかし今回ちょっと着目したのは、モブキャラが結構よく描かれていたなぁというところ。ゆの達が絵を描いているシーンで背景の生徒はある程度人間の形でした。購買部のシーンでは記号化されていない人間の姿をしたモブの生徒が歩いていました。さらにレストランでは店員が仕事をしていました。延々とゆのと有沢だけを映しているより良かった演出だったと思います。シャフトにしてはいい仕事ですなぁ。

で、話の内容について。
Aパートはやまぶき祭のパンフレット制作のお話。昨年は中途半端で未完成な状態で提出をせざるを得なくなってしまったゆの。一定の評価はもらえたものの、ずっとそれが悔しかったようで。リベンジできてよかったですね。
ただ、すぐ有頂天になってしまうのはゆのらしいですw 嫌味は全くないからいいですけど。友人達や先輩・後輩にも素直に祝福されて、ゆのは幸せですね(^^)

Bパート。有沢先輩が再登場。吉野屋先生の影響も受けているお茶目な先輩だと思っていましたが、本当に親しみやすい人ですね。卒業シーズンに会って以来って言っていましたから、そんなにゆのと交流は多くないはずなのですが、大学生活の日常を赤裸々に語ってくれました。
う~む、自分の大学時代のこと思い出すなぁ(^ー^) (ま、私は実家通いでしたし、友達も少なかったですが…)
原作を読んだときから「繋がっていくためには行動が必要」というセリフはかなり心に残っていました。確かに学校やらアルバイトでちょっと親しくなった人がいても、そこから離れてしまうと疎遠になってしまいます。いくらメルアドを交換していても、こちらから行動を起こして繋がっていこうと思わなければ切れてしまうんですよね。だから今はまだ繋がっている友人や知人とは、きっかけがあればなるべく会うように心がけています。メールなども手軽にできるとはいえ、思い立ったらなるべく早く送らないと…ですね。繋がっていると思っていても、一方的な思いになってしまっていたら悲しいですし。
前回、卒業したくないと涙を流したヒロ。そんな彼女にとって、今回のゆののメールはとても嬉しいものだったことでしょう(*^.^*)

次回はやまぶき祭編!


関連:ひだまりスケッチ×ハニカム 7話感想まとめ。ゆのっち全国デビュー
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/16829535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ひびレビ at 2012-11-21 07:53
タイトル : ひだまりスケッチ×ハニカム 第7話
ひだまりスケッチ×ハニカム 第7話 「10月5日〜6日 パンフコンペッペ」 今回、ゆのと宮子はやまぶき祭のパンフレットの表紙のコンペに参加する事に。宮子は表紙に採用されたら世界デビューもありうるかも、とゆのに告げると、ゆのは親に世界デビューの可能性を報告。ゆの...... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2012-11-20 10:23 | まんがタイムきらら系 | Trackback(1) | Comments(0)