いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

ゆく年くる年

ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話(最終回)「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」

あけましておめでとうございます!



なずなの部屋。ゆの、宮子、乃莉、そしてなずなはこたつでぬくぬく。
なずなは大晦日なのに年賀状を一生懸命書いています。今から出しても正月には間に合いませんが…。
スタンプを作ればいいのにと言われますが、なずなは文字を反転させるのを忘れてしまい、挫折したようです。話しているわずかな時間で宮子はスタンプを完成。「祝」という文字の中には「おめでとう」というメッセージが…。

沙英とヒロの講習休みが正月3が日ということもあり、今年はみんなひだまり荘で年越しすることに。ゆの達の話題は自然と2人の話に。その中でなずなが、受験が上手くいかなかったら浪人生としてひだまり荘にい続けてくれるのだろうかと呟きます。何てことを!と非難する乃莉。なずなはすぐに謝りますが、ゆの達も謝ります。その思いは少なからずゆの、宮子、乃莉にもあるようで。

なずなが完成させた年賀状を出しに行くというので、他の3人も同行。年賀状を出しに行くついでに銭湯「正の湯」でひと風呂浴び、今年の汚れを洗い流します。
その帰り、大家さんとバッタリ。お蕎麦をプレゼントされます。

沙英達が後輩らに気を遣ってか、ひだまり荘ではピリピリした雰囲気を出していないので、逆に自分達がピリピリしてみてはどうかという提案が。沙英達が帰ってくると実行してみますが、喧嘩でもしているのかと余計気を使わせることになってしまいました。

6人揃って年越し蕎麦を食べます。年越し蕎麦は年が明ける前に食べ切らないと金運が逃げる…という話に、慌てて蕎麦をかき込む宮子。

疲れからかこたつで眠ってしまった沙英とヒロ。その間に年が明け、ゆの達4人は一足先に初詣で神社へ向かいます。お参りをして絵馬を飾ります。その願い事は…。
沙英とヒロがやってくるのを待つ間、おしるこで温まる4人。「よきかな、よきかな」という宮子に乃莉が雑学を披露。「善哉(よきかな)」とは「ぜんざい」を意味するらしいです。

後から沙英とヒロも合流。絵馬を奉納。どうやら4人は既に、沙英とヒロの合格を祈願する絵馬を奉納していたようです。
おみくじを引くと、沙英は末吉、ヒロは中吉、乃莉は末吉、なずなは小吉、宮子が去年に引き続き超吉を引き、去年は大吉だったゆのが大凶を引いてしまい…。
おみくじを結びに行くと、偶然出会った吉野屋先生もまた凶だった様子。しかし、おみくじは舌に巻くものじゃありません…。

年越し麻雀明けの大家さんともバッタリ。そして他の友人達と来ていた夏目も、友人達から背中を押されて沙英を探していて無事に会えました。校長先生も加わって、みんな一緒に初日の出を拝むことに。
「お互い受験頑張ろうね」という沙英の言葉に、夏目は思わず「うん」と頷き、直後にいつものように照れてツンツンしてしまい…。

今年はゆのも3年生。受験生となり、進路に迷ったりすることもあるかもしれない。ひだまり荘のみんながいてくれるから、きっと大丈夫。自分にとっても、みんなにとってもいい年になりますようにと願うゆのでした。


大晦日から元旦までを描いた第12話。
ああ、最後までほのぼのでした(ノ´ω`)ノ
このタイミングで「正の湯」での入浴シーンが出てくれるとは(=ω=*)ムフフ
宮ちゃんもだけど、やっぱ乃莉ちゃんもスタイルいいなぁ♪
ところどころのアイキャッチも可愛いものばかり。パソコンに保存しときたいわー。
初詣のときの仲良さそうなゆの×宮子、乃莉×なずなもキマシタワー゜+.(*・∀・*)゜+.

今期は文化祭の話辺りから原作第7巻の範囲だったわけですが、その7巻がなかなか発売されなかったので、アニメで初めて見る話も多く、どれがアニメオリジナルシーンか分からないことも多かったんですよ。今回はようやく先日発売された7巻を先に読めていたので、どこが追加されたシーンかよく分かってよかったです。
「×365」の最終回もお正月ネタでしたけど…今回と比較してみると面白いです。「三期あるといいな~ 生徒一同」という絵馬がえらく印象的でした。私も3期があることを切実に願ったものです。あれから1年後、現実では4年、乃莉となずなが加わり、夏目も前より打ち解けて賑やかになりましたねぇ(*^.^*)
そして無事に第4期も終了…。

私は右上の絵馬を全面的に支持します。
a0047568_1285774.jpg



評価です(各項目10点満点)
○ビジョン:9点――細かな作画の乱れはあったかもしれませんが、全体的に良好。いつもキャラが可愛く描かれていて素敵でした。チョイ役や端役のキャラも結構ちゃんと描かれていましたね。OPにも出し惜しみなく登場していましたし。
○キャラ:9点――個性が光っていたなぁ。本当にキャラの見せ方がうまいです。
○シナリオ:9点――こりゃマジでよかったですわ。原作も素晴らしいのですが、それにオリジナル要素をさらに肉付け、脚色してより楽しいものに仕上がっていました。
○燃え:2点――ほのぼの。
○萌え:9点――お色気じゃないんけど…もう可愛くてね。私の「ひだまり」フォルダが更に潤いました♪
○意外性:9点――ストーリーや細かいところへの演出などがとにかく凄かった。相変わらずOPやアイキャッチ、背景の小物、景色、アングルなど、遊び心が満載でした。
○歌・曲など:9点――OP・EDともにテーマソングはとても気に入りました。OPはこれまでのものと比べるとインパクトが少ない…という意見も見かけますが、十分いいものだと思います。劇中の曲もまったりほのぼのとさせてくれるものでした。
○熱中度:10点――ああ、この作品を見てきて本当によかった…。
○オススメ度:10点――4コマ漫画やほのぼのな日常が好きな人には強くオススメしたいです。
○全体:10点――沙英とヒロの受験がいよいよ近づいてくるまでを描いてくれたひだまりスケッチ4期。ちょっぴりシリアスなお話もありました。でも6人が支え合って笑い合う姿が本当に温かいです。以前のような時系列シャッフルも面白いですが、やはり普通に時間を積み重ねていった方が、感情移入度が全然違います。
様々な楽しい小ネタの積み重ね。特別事件を起こさず、日常話だけでこうやって面白く見せるのはとても難しい技術が必要。シナリオの勉強をしていると、そういうことをよく感じられます。本当に凄く素敵な作品です。

沙英&ヒロの卒業に目が行きがちでしたが、今度はゆの&宮子が3年生になるんですよね。ひだまり荘ややまぶき高校での3年間が果たしてどういった形に結び着いていくのか。今後、原作共々楽しみです。沙英&ヒロ、そして夏目がいなくなってしまうのは寂しいですが…やはりゆのが卒業するまでを描いて欲しいもので。まずは原作が続くことが前提ですが、出来ればやはりまた数年後にでも第5期を…と願わずにはいられません。1クールものを5回もやったアニメなんて過去にほとんど前例がなく、困難かもしれませんけど…。希望は持ち続けたいと思います。

MVP:ヒロ
候補6人とも素晴らしかったですが、ここはヒロさんを。
やっぱり後藤さんですよ! 後藤さんの復帰は本当に嬉しかったです。それでも少しは無理を押して頑張ってくれたのかもしれません。どうか今後もお大事に…。

で、やっぱり第5期は難しいかもしれませんが…希望は持ち続けたいと思います。
とにかく第4期、ありがとうございました(>ω<)ノ


関連:ひだまりスケッチ×ハニカム 12話(最終回)感想まとめ。終わってしまった・・・

a0047568_0372340.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/17041212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ひびレビ at 2012-12-25 20:54
タイトル : ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話(最終回)
ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話(最終回) 「12月31日〜1月1日 ゆく年くる年」 沙英とヒロの講習休みが3が日ということもあって、今年は皆ひだまり荘で年越しをすることに。ゆのたちの話題は自然と2人の話になるわけで、その中でなずなが、受験が上手くいかなかった...... more
Commented by オリーブ at 2012-12-25 20:49 x
終わってさみしいですね。高校卒業分は再来年放送かな?
Commented by konosetu at 2012-12-25 20:55
>オリーブさん
原作ストックが残り少ないので、もっと先かもしれません。
ただ、毎期終了後に特別編を2話ほどやるのが恒例になっているので、それも楽しみです。
でも、沙英&ヒロの卒業の話は通常放送の枠でやって欲しいかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2012-12-25 10:29 | まんがタイムきらら系 | Trackback(1) | Comments(2)