約束

ビビッドレッド・オペレーション 第四話「約束」

引きこもりの少女。



突如出現したアローンに、パレットスーツを身に纏ったあかね、あおい、わかばが立ち向かいます。あかねとあおいがドッキングしようとしますが阻止されてしまい…。

そんな戦いの様子を、映像を通して見ている少女がいました。その名は四宮ひまわり。ありえないような光景に目を疑うひまわりで…。

結局、あかねとあおいはオペレーション『ビビッドブルー』にドッキング。アローンの撃破に成功します。
ところでここ最近、アローンに関する機密データへ不法にアクセスされた形跡が見つかったようです。それも管理局のセキュリティを突破して。機密が外部に漏れては大変。健次郎が密かに犯人探しに乗り出します。

わかばはドッキングの際に隙ができるのを問題視。あかねとあおいを引っ張り出し、修業を開始。

ひまわりは新大島学園の生徒で、あかね達のクラスメイト。しかし対人恐怖症気味の引き篭もり少女で、授業は自分の机の上に設置した細かい遠隔操作が可能なウェブカメラで受けています。
ひまわりは機械系やパソコンを得意とする凄腕のハッカー。防衛軍のコンピュータにアクセスしていたのも彼女でした。

体育の時間は野球。わかばが投げた剛速球を打ち返したあかねですが、そのボールが教室の窓を突き破り、ひまわりのウェブカメラを破壊。

あかねはあおいやわかばと共に、ウェブカメラを壊したことを謝罪しにひまわりの自宅を訪ねます。居留守を使うひまわりですが、あかねが少しでも早く謝罪するためひまわりの帰宅を待つと言います。さらに密かについてきていた健次郎が姿を露わしたのに興味を持ち、ひまわりはようやくあかね達を部屋に通します。

ひまわりはコンピュータのため冷房で部屋を冷やし、自らはコタツに入っていました。ウェブカメラを壊したのを許す代わりにぬいぐるみ=健次郎を見せろと要求するひまわり。健次郎のことがバレないかヒヤヒヤするあかね達。ぬいぐるみの内部を見たいと言い出すひまわりですが、あかねは「うそくんは友達だから」と断ります。「友達」なんていらない、とうそくんを突き返すひまわり。
あおいは工場の写真が壁に貼られているのに興味を示します。そこは示現エネルギーを世界中へ送り出す整流プラント。夕陽が当たる頃が絶景だというひまわりに、あかねはぜひ見てみたい、今から見に行こうと言い出します。
最初は外出を嫌がっていたひまわりですが、わかばに可愛い外出用の服を貸してもらい、絶景スポットに出かけることに。

夕陽に包まれた美しい光景。こういった工場を見るのが大好きなひまわり。変な趣味だろうと自分を卑下しますが、あかねは理解を示します。しかし、示現エンジンの凄さを本当に理解しているのか、ひまわりは疑います。が、発明や科学は人を幸せにさせるものだと常々両親や祖父に言われて育ってきたあかね。ひまわりと同じくらい示現エンジンの素晴らしさを理解しているのだと言います。ひまわりはあかねの名字が「一色」だと聞いて…。

そんなとき、この間倒したはずのアローンが復活して出現。プラントの一部が破壊されてしまいます。このままではエネルギーを世界へ送り出すことができなくなってしまう。自分なら制御モジュールに入ることさえできればシステムを修復できるのにと肩を落とすひまわり。
あかね、あおい、わかばは変身を決意。あおいとわかばが敵を引きつけている間にあかねはひまわりをプラントに送り届けます。あとで必ず迎えに来ると約束し、あおい達に合流。3人でアローンに立ち向かいます。

ひまわりは迅速に施設の機能を復旧させます。しかし施設が崩落し、身動きが取れなくなります。それなのに、あかねは迎えに来てくれない。

ひまわりが登校拒否になるきっかけになったのは、かつて友人に裏切られたから。ひまわりは友人にいじめ防止のためと頼まれ、ネットの誹謗中傷の書き込み主を暴露。ひまわりがやったことを秘密にするよう約束していたのに、責められ追い詰められた友人はひまわりがやったことを喋ってしまいました。それ以来、人間不信に陥ったひまわり。

あかねも約束を守ってくれないのか…。絶望しかけるひまわりですが、そこにあかねが駆けつけます。あかねに救出され空を滑空するひまわりのもとに黄色い鍵が出現。ひまわりは戦う決意をし、黄色のパレットスーツを装着します。

ブルーアイランドを狙った攻撃を、ひまわりが『ネイキッドコライダー』の『シールドビット』で見事に防御。新たな仲間…友達として迎え入れられたひまわり。
アローンはれいの放った矢により強化されます。ひまわりはあっという間にビビッドシステムの仕組みを理解。あかねとひまわりはドッキングを成功させ、オペレーション『ビビッドイエロー』に融合。『ビビッドコライダー』を使い攻撃を反射しつつ、『ファイナルオペレーション』の砲撃でアローンを消し飛ばします。

あかねはひまわりの尊敬する健次郎の孫でした。改めてウェブカメラを壊したことを謝るあかねですが、ひまわりはもうカメラは必要ないといい、明日から登校を再開すると宣言。さらに尊敬している健次郎にサインを求めるのでした。


ホームランボールヒット!
れいがボソッと「ホームラン」といったタイミングと、私が「ホームラン」だと呟いたタイミングがほぼ同時でしたw
犯人探しのため教室に潜入した健次郎がウェブカメラで見つかり、そのカメラにボールが直撃…の流れは予測できたものの面白かったですw

ひまわりちゃんエロ可愛い(ノ´ω`)ノ 
そして天才♪ こんな才能を持った子が仲間になってくれると心強いですね。
ED冒頭の全裸に吹いたww(鼻血) あかね×ひまわりのデュエットです。

前回よりは戦闘シーンも長く、テンポも良かったです。
ビビッドイエローはメイド服に似た黄色のパレットスーツにロング縦ロールの少女。武器は遠隔操作できる盾? そして砲撃が必殺技ですか!
そして明らかにビビッドグリーンより巨乳ww かっこよかったです!(>ω<)ノ

ただ、ひまわりの登校拒否が治るまではもう少し時間をかけてもよかったのではないかと思います。
だってもう何年も登校拒否で引きこもりだったわけですし。知り合ったばかりのあかねが一度約束を守ってくれたというだけで、また学校に行こうと前向きになれるものかな?…と少し疑問でした。

さらに気になったことが。
ひまわりがスムーズにドッキングを成功させたのは、彼女が短時間でビビッドシステムの仕組みを理解したから…とのこと。でも前回、わかばだって変身後すぐに順応していましたよね。健次郎からあまり説明を受けていないのに。

そして、長年の付き合いのあるあおいとのドッキングは一度失敗しているのに、知り合って間もないわかばやひまわりとは一発成功というのはどうなんだろう…(^^;
友情の深さがテーマの作品のはずですが、友情が浅い方がドッキングに成功しやすいってことになっちゃいますね。
せめてあかねが以前からわかばやひまわりと面識があった…とかならまだ説明はつくんですけどね。わかばは何らかの理由であかねを敵視していた→和解、ひまわりは引きこもっていたので交流が少なかった→交流開始…などとしておけば、ストーリーの駆け足感や唐突さは軽減されたのではないでしょうか。
1クールしかないので尺の都合があるのは分かるんですけどね。

とりあえず、今回の第4話まででレギュラーキャラの登場と紹介はひと通り終わりましたね。
次回から物語が動き出しそうです。とりあえず、黒騎れいの事情が判明していきそうなのに期待です。
…しかし、れいが拳銃を使うと、ますます「まどマギ」の暁美ほむらとキャラが被るんですけど(^^;


関連:【ビビッドレッド・オペレーション】4話まとめ ひまわりちゃんが思った以上に巨乳で可愛かった!
関連: 『ビビッドレッド・オペレーション』第4話・・・ひまわりちゃんおっぱいでかいし良い身体してるし武装も凄いし完璧だな
関連:ビビッドレッド・オペレーション 4話感想まとめ。今回も色々唐突だったけど、いいおっ●いだった
関連:【ビビッドレッド・オペレーション】4話まとめ ひまわりちゃん可愛すぎ! そしておっぱい大きい!
[PR]

by konosetu | 2013-02-01 01:59 | アニメ2013~2017年 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/17244253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]