赤き昔日

名探偵コナン FILE 874「赤き昔日」

他の3人は赤女を連想し、薄谷だけが聡子を連想した。やはり聡子は赤女のコスプレをして、友人を驚かそうとイタズラを計画していた。しかし底なし沼に転落してしまった。薄谷は彼女の死に関与している。驚いた弾みで突き飛ばして沼に落としてしまったとか…? あるいは本当に赤女と遭遇して、薄谷は聡子を見捨てて逃げた…とかかな? とにかく聡子が死ぬのを見届けたから「聡子が生きているわけがない」と取り乱したのでは。

やはり犯人は澄香かな。扇風機やバットをアリバイトリックに使う必然性があるのは、2階を掃除した(ことになっている)澄香だけですからねぇ。ただ、いつ塩をバスタブに投入したかが問題になりますね。蘭&園子と様子を見たときは、緑色の入浴剤のみが入っていた。その後、澄香は蘭&園子と一緒に掃除していて、それが済んだ後風呂へ…。蘭&園子の目を盗んで塩を投入できたものか…? こっそり塩を入れやすかったのは珠美かもしれませんが、掃除している蘭&園子と鉢合わせしやすそうですし。
そして澄香は世良を知っていたので、どこかでコナン達の会話を聴いていたと思われますが…赤女に変装していたわけではなさそうなんですよね。

赤女はやはり今回の殺人事件とは関係なく別にいそうな気がします。
15年前の事件では、包丁は警官に投げつけられていた。投げつけられた包丁をわざわざ回収して逃げませんよね。では聡子発見時に見つかった包丁はなんだ? 聡子が用意したものだったのでは?

ある方が、タケノコ(赤女)が双子説を説かれていますね。う~ん、私としてはそれが真実だったらちょっとアンフェアかなと思いますが。例えば「仏滅に出る悪霊」事件の犯人は双子でしたが、事前に双子の兄弟がいたことが示唆されていましたからね。まぁ納得できたんですが、タケノコに双子の姉妹がいたという情報は今のところ皆無ですから。
[PR]

by konosetu | 2013-10-02 08:32 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/17275623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]