いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る
カレンダー

僕は友達が……

僕は友達が少ないNEXT 第12話(最終回)「僕は友達が……」

友達になってください。



みんなの前で星奈に告白されてしまった小鷹は、 誤魔化しながらその場から逃げ出してしまった。
隣人部に戻れないでいた小鷹は、 ダンボールを運んでいる葵と出会い、 一週間、生徒会の仕事を手伝うことになる……。

(公式HPより抜粋)


今回はまず、幸村が可愛かったなぁ(*^.^*)
たとえ隣人部がなくなってもアニキについていく。ガキっぽいかもしれないけど、尊敬する相手にはとことん尽くすんですね。自分が星奈から逃げているという自覚を持っている小鷹のこともちゃんと理解して。

そして誰より隣人部の現状を危惧していた理科。やはり、洞察力がありますね。そういう意味でも賢くてスペック高いんだよなぁ、彼女は。
怒りを込めて、拳(実際には発明品の鉄球)で語る。小鷹の不甲斐なさを責める。憎まれ役を自ら買って出る。お互い様ですね、自己犠牲野郎。
第10話からの流れで理科が「もう友達じゃないですか」というところが心温まりました。友達というものは、気付いたらなっているものなんですよ。友達を作り慣れていないから言うまでもないことであっても、言わなければ実感できないんですねぇ、彼らは。

理科に背中を押され、小鷹はようやく星奈と向き合うことにしたようですが、今度は夜空が失踪宣言…。最終回なのに、セリフが手紙だけって…寂しいなぁ(^^;
こんなところで切るなら、小鷹が理科と和解したところで終わらせてもよかった気がします。そしてぎこちないながらも日常が戻ってくる…と。
理科だけでなく星奈のことも決着をつけさせるのなら、生徒会メンバーの手伝いをしている場面を短縮するべきでした。原作最新刊を少し捻らせた終わり方だったらしいのですが、尻切れトンボな気がします。アニメはアニメで綺麗に区切り付けて欲しかったです。いつか続き、やるんでしょうかね?


評価です(各項目10点満点)
○ビジョン:9点――第1期より柔らかい感じになって、より原作に近づきましたね。みんな可愛かった(*^.^*)
○キャラ:7点――みんなキャラがしっかり立っていましたね。サブキャラもいい味出していました。
○シナリオ:7点――後述
○燃え:3点――後述
○萌え:8点――後述
○意外性:5点――大体展開は読めるようになってきました。
○歌・曲など:9点――素晴らしい!
○熱中度:7点――毎週楽しみにしていました。
○オススメ度:7点――ちょっと下品なギャグも多いですが、それを笑い飛ばせる人なら。
○全体:7点――作画や人物描写など、第1期よりいろいろパワーアップしていました。第1期という下地があったとはいえ、力の入れようが違う気がしました。下品な逆も多かったですが、笑い飛ばせます。ハーレム主人公に対するアンチテーゼ的なものが見られたのも面白かったです。
時が経過したためか、人間関係が微妙に変化してきましたね。小鷹はそういうのに敏感なのですが、居心地のいい隣人部の関係が変わるのを恐れ、それに気づかないフリをして…。

それを看破していた理科が彼に喝を入れる。面白い流れでした。星奈より理科の方がいい役割を果たしていたかも。映画の編集を1人でこなしたりするとか努力家でもありますし。これまで彼女に友人がなかなかできなかったのが不思議なくらいです。
理科がいろんな仮装をしてくれて愉快でした。私服もいい感じ。メガネはかけず髪は下ろした方が絶対いいですよ。

あんまり前に出ていくキャラじゃなく、影も薄くなりがちなんだけど、幸村もいい役回りでした。さりげないしぐさや小鷹を慕う健気さには心打たれます。幸村もメイド姿が板についていますが、私服姿も可愛いなぁ。最終回では珍しく制服姿。しかも男子の。ボーイッシュな女子は好きです。

星奈は順調に小鷹と交流を深めていきましたね。最初は純粋に友人を作るため隣人部に潜り込んだ彼女ですけど、小鳩や小鷹に会うのが生きがいになっていたようで。
星奈は騙されて変な髪型になったりしたことがありましたが…ファッションセンスは抜群ですね。

小鳩たんペロペロ(^ω^) やっぱりこの作品一の萌えキャラ、癒しキャラです。
マリアおバカw なんだかんだで小鳩を良き友人だと思っているようで。

逆にピエロと化し、株をどんどん下げていった夜空…。性格の悪さが災いし、一部ファンからはザマミロと思われているようで。私もあまり不憫に思えないんだよなぁ。それだけ夜空に感情移入できていないってわけだ(^^;
ファッションセンスも…本当はいいはずなのに、変な格好をするようになっちゃってもったいない。

MVP:志熊理科
やはり彼女でしょう。もう彼女が正ヒロイン…いや、主人公でいいんじゃね? 恋愛模様の傍観者役にするのはもったいない。私も彼女のような友達が欲しいものです。彼女を主人公にしたスピンオフとかも見てみたい気もするくらいです。(→原作には理科視点の外伝が存在するそうです)


関連:『僕は友達が少ないNEXT』最終話・・・理科が真の主人公でヒロインだったな! 一言もセリフがない夜空とは何だったのかwwwwww
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/17569596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-04-05 09:43 | アニメ2013~2017年 | Trackback | Comments(0)