今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20

今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20
掲載元:ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

今回も参加します。

関連:第19回(12月終了作品)の結果

関連:
第8回の評価
第9回の評価
第10回の評価
第11回の評価
第12回の評価
第13回の評価
第14回の評価
第15回の評価
第16回の評価
第17回の評価
第18回の評価
第19回の評価



今回完走したのは9作品。

○リトルバスターズ!
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
合計:18点
リトルバスターズみんなでの共通イベント、各ヒロインのイベントを消化していきつつ世界の謎にも迫っていく…そんな内容でしたね。しかし、原作のことを少し聞いたところ、物語の根幹をなす本番はこれからのようで。
まだストーリーも半ばということで評価は難しいところです。

○みなみけ ただいま
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
合計:26点
クオリティとしては第1期に並ぶほど作品の良さが出ていました。キャラクターが少し増えた分、こちらの方が好みかもしれません。
ちょっとした小ネタが笑えますし、話の食い違い、誤解等が話をどんどんおかしな方向に持っていくのが愉快です。さすがに大体パターンは読めるようになってきましたけど。「過度な期待はしないでください」…とはいいますが、過度な期待をしてしまうくらいの面白さです。
登場人物は多いですが、それぞれキャラが立っていました。慣れれば誰が誰か分からなくなることはないです。今期は各キャラの出番がまんべんなく、バランスが良かったかも。もう少し偏っていても良かったのではと思うくらいで。内田はあと一歩で皆勤でした。冬馬はもうちょっとスポット当てて欲しかったかな。ナツキの出番がやや多めに。それに関連し、ヒトミにも見せ場が回ってきましたね。保坂の出番は少なめでしたが、一度登場するだけでかなりインパクトに残るキャラですからねぇw
夏奈の可愛さが際立っていたのも印象深いです♪

○閃光カグラ
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
合計:25点
原作ゲームをベースにしているようですが、ゲームでは不明瞭だった設定が明かされるなど、しっかり作り込まれていた印象です。
ツッコミどころも多かったですがw 視聴者の立場として傍から見ていると、シュールなギャグバトルに見えるんだけど、本人達はいたって真面目に戦っている。とりあえず、痛快娯楽アクションとしては王道でかなり見応えがあったかと。

○たまこまーけっと
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
合計:25点
刺激は少なかったですが、人物描写がしっかりしてたため、キャラクターの魅力が十分伝わってきて、感情移入できました。原作のない完全オリジナルなので、最初の方は厳しかったですが、どんどん世界にのめり込んで行けました。商店街の温かい雰囲気が伝わってきました。たまこがここで生まれ育ったのを誇りに思っているのが頷けます。また見返したい気分です。
しいて難点を挙げるなら、やはり話数が全12話と少なかったことでしょうか。1年間を12話に…というのは、やっぱりやや詰め込みすぎでした。たまこ、みどり、史織、もち蔵、あんこを掘り下げた話はありましたけど…かんなや商店街の人々のエピソードももう少し詳細を見たかった気がします。小説版が出るらしいですが、2クール作品にしてそれも映像化して欲しかったところ。

○ヤマノススメ(5分アニメ)
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
合計:23点
5分番組で実質オンエア時間は3分ほど。これは非常にもったいないです。せめて10分ほどでやって欲しかったところ。ま、普通に30分番組で二十数分やるとダレてしまうかもしれないので、短編アニメにしたのは正解だったかもしれませんが。あるいは2クールやるとかね。
非常にテンポよく微笑ましいお話が見られました。面白かった。ぜひまた続きを見てみたいです。

○まんがーる!(5分アニメ)
ストーリー:1
キャラクター性:2
画:3
演出:1
音楽:1
総合的な評価:1
合計:9点
実際の編集部がどうなっているのかは知りませんが、だいたいあんな感じなのかなぁ。リアルに描かれているのなら、ちょっと勉強になりますね。ただ、「ヤマノススメ」をやっていなければ見ていなかったでしょうなぁ。

○生徒会の一存 Lv.2
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2
合計:16点
第1期に比べると随分落ち着いて無難な感じになりました。他作品のパロディとかも特に目立ったものはありませんでしたし。
生徒会室でだべってばかりかと思いきや、意外と部屋の外、あるいは学校の外に出かけたりするシーンも多めだったのはマル。やっぱりキャラの動きが大きい方がいいですから。
シリアス展開はあまりなく、ほとんどギャグで通してくれたのは良かったです。キャラのボケとツッコミもなかなか見どころがありました。ただ、そこまでキャラに感情移入できたかというと…そうでもないんですよね。今回の「卒業」を見てもあまり感じるものがなかったのがその証拠。とにかく第1期と比べると、特に印象に残らなかったです。
あと、せっかく新キャラが何人か登場したので、もっと活躍させて欲しかったです。
とりあえずキャラデザがいいので完走できました。

○ビビッドレッド・オペレーション
ストーリー:2
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:3
合計:24点
全体的な評価ですが…そうですね。面白かったです。しかし――
キャラデザやエネルギー問題というモチーフは秀逸な素材だったのですが、その料理の仕方がよくなかったという印象です。 「友情が大切」というのを強調しようとしているのは伝わってくるのですが、いまひとつ説得力に欠けるというか、感情移入しきれないというか…。

どこがネックだったのか分析したのですが、序盤がマズかったのかもしれません。特にわかば、ひまわりが初登場する第3,4話辺りですね。あの辺、ストーリーが転がっているだけになっていたのが残念。まずストーリーを決めて無理矢理登場人物を当てはめ、最後に申し訳程度に戦闘を押し込んだ感じでした。あまりに展開が速すぎ、急すぎます。わかばは曲者と思っていたあかねと和解するのが早すぎ。引きこもりだったひまわりは学校に復帰するのが唐突過ぎ。わかばやひまわりとの出会いから仲間入りまでを描くなら、せめて2話分は使って欲しいところ。1話目に出会いと対立・確執を描き、徐々にお互いの理解を深めていく…と。1クール作品だからそれが無理というなら、あかねが最初からわかばやひまわりとクラスメイトだったとすれば、「出会い」の部分は割愛して尺が稼げたはず。
友情が芽生える一瞬、っていうのをもっと丁寧に描いていれば、わざわざ健次郎に「友情は大事」とセリフで言わせなくても済んだかと。セリフで言わせるのではなく、見ただけで視聴者が実感できるようにしないと心に響かないんですよね。

○僕は友達が少ないNEXT
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:3
合計:23点
作画や人物描写など、第1期よりいろいろパワーアップしていました。第1期という下地があったとはいえ、力の入れようが違う気がしました。下品な逆も多かったですが、笑い飛ばせます。ハーレム主人公に対するアンチテーゼ的なものが見られたのも面白かったです。
時が経過したためか、人間関係が微妙に変化してきましたね。小鷹はそういうのに敏感なのですが、居心地のいい隣人部の関係が変わるのを恐れ、それに気づかないフリをして…。

それを看破していた理科が彼に喝を入れる。面白い流れでした。星奈より理科の方がいい役割を果たしていたかも。映画の編集を1人でこなしたりするとか努力家でもありますし。これまで彼女に友人がなかなかできなかったのが不思議なくらいです。
理科がいろんな仮装をしてくれて愉快でした。私服もいい感じ。メガネはかけず髪は下ろした方が絶対いいですよ。

あんまり前に出ていくキャラじゃなく、影も薄くなりがちなんだけど、幸村もいい役回りでした。さりげないしぐさや小鷹を慕う健気さには心打たれます。幸村もメイド姿が板についていますが、私服姿も可愛いなぁ。最終回では珍しく制服姿。しかも男子の。ボーイッシュな女子は好きです。

星奈は順調に小鷹と交流を深めていきましたね。最初は純粋に友人を作るため隣人部に潜り込んだ彼女ですけど、小鳩や小鷹に会うのが生きがいになっていたようで。
星奈は騙されて変な髪型になったりしたことがありましたが…ファッションセンスは抜群ですね。

小鳩たんペロペロ(^ω^) やっぱりこの作品一の萌えキャラ、癒しキャラです。
マリアおバカw なんだかんだで小鳩を良き友人だと思っているようで。

逆にピエロと化し、株をどんどん下げていった夜空…。性格の悪さが災いし、一部ファンからはザマミロと思われているようで。私もあまり不憫に思えないんだよなぁ。それだけ夜空に感情移入できていないってわけだ。ファッションセンスも…本当はいいはずなのに、変な格好をするようになっちゃってもったいない。


ベストキャラクター賞:(四宮ひまわり)

ベストOP賞:ENERGY(ビビッドレッド・オペレーション)

ベストED賞:僕らの翼(僕は友達が少ないNEXT)

ベスト声優賞・男性:てらそままさきさん(ビビッドレッド・オペレーション:一色健次郎)

ベスト声優賞・女性:福圓美里さん(僕は友達が少ないNEXT:志熊理科)


「ビビオペ」、音楽が本当によかったです。EDは今のところ円盤特典のみなんですよね。何とかフルバージョンを手に入れたいところ。
[PR]

by konosetu | 2013-05-31 15:42 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback(2) | Comments(1)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/17875950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 星屑の流星群 at 2013-06-20 21:52
タイトル : 今期(2013年3月終了)アニメ評価ベスト賞編、通称「ベ..
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 候補キャラが多い時に何度も語りましたけど 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 秋という事で多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので こんな感じに仕上げてみました。 さぁ今期の評価記事最後の評価スタート!!!... more
Tracked from 星屑の流星群 at 2013-06-20 21:52
タイトル : 今期(2013年3月終了)アニメ評価in星屑の流星群
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!! ... more
Commented by ピッコロ at 2013-06-27 22:26 x
こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の総責任者のピッコロでございます。

このたびはお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂きありがとうございました。集計に加えさせていただきました。この企画も今回で20回目を迎えましたが、ここまで続けてこられたのは参加して下さる皆様のおかげだと感謝しています。

なお、今回の企画の中間集計結果の発表については、6月28日(金)21時半から放送のネットラジオで行う予定でございますので、お時間がありましたら聞いて頂けると嬉しいです。

詳しくはこちら→ttp://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6955.html

この企画は今後も継続する予定です。また企画を立ち上げましたら、どうかよろしくお願いいたします。