いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

そして…旅立ちの季節、なので

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第12話(最終回)「そして…旅立ちの季節、なので」

ありがとう。



ある日、楓がいつも持ち歩いていたお父さんの形見のカメラRollei35sの調子がおかしくなってしまいました。 マエストロに修理をお願いしますが、楓はどこか不安そうです。 かなえがまもなく卒業してしまうこと、いろんなことが少しずつ変わっていくことをなんだか寂しいと感じる楓。 そんな気持ちを胸にこれまでに撮影した写真をひとりで整理をしていた時、母親の珠恵から二人で出掛けようと誘われます…。

(公式HPより抜粋)


卒業式に関連する話だけかと思いきや、最後にまた楓のお父さんネタを持ってきましたね。それも楓の愛用のカメラが手元にない状況を作って。
お母さんはバイク乗りだったかぁ。プロポーズを受けた場所に楓を連れていくとは粋なことを。
父親のお陰で、いろんな出会いを経験して…楓は何度も「ありがとう」を言っていましたね。


評価です(各項目10点満点)
○ビジョン:8点――キャラクター造型、町の風景、綺麗でした。
○キャラ:6点――キャラ同士、うまく絡み合っていました。
○シナリオ:5点――後述
○燃え:1点――こんな平和なストーリーで燃えるわけがない。
○萌え:5点――サービスシーンとかあんまりお色気とかなかったし、ギャルゲーで出てくるような可愛いデザインでもなかったですねぇ。この作品にそれを求める必要はないと思いますけどね。
○意外性:4点――展開が読めないというのはありました。
○歌・曲など:7点――テーマ曲、BGM…。町のゆっくりと流れる時間を表しているものが多かったです。
○熱中度:4点――相変わらず少し退屈も感じました。でも、第1期を見てきたので、そこそこ世界にのめり込めました。第1期のときより声優さんに関する知識・情報も増えましたし、そういう楽しみ方もできました。
○オススメ度:3点――ほのぼのが好きな人は見てみるのもありかと。第1期を先に見ておくのが前提。
○全体:5点――1年間を12話で描ききりました。少しずつだけど成長していっている楓達。彼女達の厚い友情とそれを取り巻く人々の温かさは相変わらず健在。波の少ないストーリーなので、退屈を感じることも多かったですが、安心して見ていられる平和なストーリーでもあったので、癒しにはなったと思います。
…とまぁ、2011年の12月に同じようなこと書いていましたw

MVP:沢渡 楓
新たな出会いがあり、さらに父が生きた証である軌跡をたどっていき、またひとつもふたつも成長したようですね。

さすがにこれで終わりでしょうか。でも、もし続編をやるなら、楓達が進路で悩む話や高校卒業で切ない思いをする話とかを見られそうですけど。どうでしょうね。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/18668841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-09-24 23:59 | アニメ2013~2017年 | Trackback | Comments(0)