いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

Facing "Cannibal Candy" III

機巧少女は傷つかない 第3話「Facing "Cannibal Candy" III」

事件の犯人は…。



夜々とシグムントを学院に残し、街に出掛けていた雷真とシャル。二人が戻ってくると、またカニバルキャンディが現れたと学院内は騒然としていた。
学院に残してきた夜々の身に危険が降りかかったのではないかと、現場へ急行する雷真だったが、破壊されていた自動人形は夜々ではなかった。

寮の自室に戻った雷真の元に、フェリクスの補佐をしているリゼットから電話が入り、シャルが女子寮を抜け出し、行方不明であることを知らされる。
一人でカニバルキャンディを探しに行ってしまったのではないかと心配した雷真は、夜々を連れて、ひとまず女子寮まで向かうのだが、女子寮の前でリゼットと出会い、シャルの部屋から大量の魔術回路が見つかり、風紀委員が総出で搜索を開始したことを聞かされる。

(公式HPより抜粋)


雪月花シリーズの制作者さんが夜々のお姉さんのいろりと共に登場。
3姉妹揃うときはあるのかなぁ(^^)
雷真はたとえ自動人形であっても、夜々達を人間としてみているんですね。

自動人形襲撃事件の犯人が早くも分かりました。
風紀委員の主幹であるフェリクス。まさか依頼主が犯人だったとは。(…って、私は事前に調べていたので知っていましたがw それに公式HPの人物紹介に載っていないし)
シャルロットを罠にはめましたが、雷真には見破られていたようで。
次回はバトルでしょうか。期待です。

それにしても…やっぱりあのEDには中毒性がありますw
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/18830670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-10-22 13:23 | アニメ2013~2017年 | Trackback | Comments(0)