Facing "Sword Angel" II

機巧少女は傷つかない 第6話「Facing "Sword Angel" II」

兵器量産。



軍部から潜入調査を命じられ、とある孤児院へとやってきた雷真と小紫。
中に入っていくと暗がりの中から一匹の犬型自動人形が話しかけてきた。自らをヨミと名乗る犬型自動人形に、雷真は建物の案内を頼む。
ヨミについて行く雷真たちがたどり着いた場所では、フレイと同じ真珠色の髪と紅い目を持つ子どもたちが鉄格子の中で食事をとっていた。
子どもたちは百万人に一人の割合でしか生まれないというプロミスト・チルドレンと呼ばれる人間の中でも特に魔力親和性の高い個体であると説明するヨミ。
こんなに大勢のプロミスト・チルドレンたちが、都合よく孤児になっているはずはないと不審に思う雷真に、ヨミはもっとおぞましいものを見せてやると告げ、孤児院の奥へと連れていく。
そこにあったものを見た雷真と小紫は、あまりのおぞましさに愕然としてしまう。

(公式HPより抜粋)


マシンドールを量産するためだけに生き物を生み出している…か。
優秀なマシンドールを生み出すためならこういうことをやる輩は必ず出てきますな。取り締まったりは…しないんだろうなぁ。国や学園ぐるみでこういうことやっているんだろうし。

こういうむごい現状を変えるため、雷真は戦っているのでしょうか。
いよいよ夜会がスタート。しかし雷真、相棒である夜々を戦いに利用するのに迷いが出てきたのかなぁ?
[PR]

by konosetu | 2013-11-12 10:25 | アニメ2013~2017年 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/18954869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]