いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

沙英・ヒロ 卒業編

ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ 卒業編
第1話「2月1日~20日 受験スケッチ」
第2話「2月28日~3月1日 卒業スケッチ」

沙英さん、ヒロさん。受験合格、そして卒業、おめでとう!



第1話「2月1日~20日 受験スケッチ」

卒業を間近に控える中、沙英とヒロの大学受験が始まりました。何校も試験を受ける2人の為に、 ゆの・宮子・乃莉・なずなは持ち回りでお弁当を作ったりしながら、自分達に出来る精一杯の想いで2人の受験を応援します。

そしてある日、とある試験を終えて帰って来たヒロは、試験問題の自分の解答に自信がなく心なしか落ち込んでいる様子。静物デッサンだったようですが、それがゆっくり回っているという難問が出たようです。
また、ここのところ全員トンカツ弁当だったので、体重が3kg増えてしまったというヒロ。申し訳なさそうにしつつも他のメニューを希望し…。
そこにヒロとは対照的に手応えを感じて帰って来た沙英。お土産にケーキを買ってきました。そのケーキに飛びつくヒロで…。

受験とは何だろう。ついこの間、高校受験をしたばかりだけど…。そんなことを宮子に漏らすゆの。宮子は「今の自分と未来の今の自分のため」なのではないかといいます。

ゆのは「ウィナー」とかけ、ウィンナーがメインのお弁当を用意します。学校の食堂でヒロや沙英の代わりにカツを食べるゆのと宮子で…。

沙英が第一志望校に合格。なかなか実感が湧かないという沙英ですが…。
それから補欠合格をもらい、1週間を経て、ヒロも無事に第一志望校に合格。沙英のお祝いを先延ばしにしてもらったことに申し訳なさを感じつつも、ヒロはゆの達の合格祝いパーティーに参加。いつもの旺盛な食欲を発揮。
応援団を結成してよかったと満足げな宮子に、一同も賛同するのでした。

~~~~~

第2話「2月28日~3月1日 卒業スケッチ」

沙英とヒロの受験が終わり、3年生の卒業式前日に。ゆのは朝から元気がなく、宮子と一緒に学校へ向かい卒業式の準備をしている間も、どこか落ち込んでいる様子。

そしてその日の夕方、ひだまり荘では大家さんも加え、美味しそうなピザを囲んでの2人の卒業式前夜祭が開催されます。2人の門出を祝い盛り上がる前夜祭。
そんな中、沙英とヒロはひだまり荘に移り住んできた頃のことを振り返ります。
沙英に挨拶をしようとしていたヒロは沙英となかなか会えず、途方に暮れていました。ひだまり荘の住人は変わり者が多いと聞いていたため、本当に3年間うまくやっていけるだろうかと心配に。
そして入学式の日、2人は遂に顔を合わせることに。そのとき沙英はたまたま小説の原稿の締め切りが近づいてきており、来客に応対できなかったようです。ようやく事情を知ったヒロは、一気に沙英との距離を縮めていきました。
そんな昔話に赤面する沙英とヒロで…。

そして翌日、遂に卒業式本番当日の朝を迎えます。ゆのはあまりに多くのポケットティッシュを用意しており…。
ゆのは宮子に手を繋いでもらい、卒業式に参加しました。

卒業式終了後、クラスメイト達との別れを惜しむ沙英とヒロ。トイレにいった沙英は夏目とばったり。通う学校が分かれてしまっても、これからも仲良くしていこうと友情を確かめ合う2人…。
沙英とヒロは吉野屋先生にも感謝の言葉を。ヒロは吉野屋先生のような先生になりたいといいます。「私のこの体の感触をずっと忘れないで」と相変わらずの吉野屋先生で…。
そこに沙英とヒロの親からそれぞれメールが。しかもまったく同じ文面。一緒にゴハンをしているらしく…。こちらも同じ文面で返事する2人。

帰途に就く沙英とヒロは、後輩4人から「卒業しないで!」と迫られます。しかし、わがままを言うのは3分だけと決めていたゆの達。心から沙英とヒロの卒業を祝福。
6人揃ってひだまり荘に帰ります。沙英とヒロはもう家族みたいなもの。これからも変わらぬ交流を続けていこうと笑い合う6人でした。


BS-TBSで放送されました。一応録画しておきましたが、結局先日ゲットした円盤で視聴しました。テレビでオンエアされたし、視聴するにはちょうどいいタイミングだと思ったので。

OPは「ハニカム」と同じですね(第2話では2番使用)。実質は「ハニカム」の特別編といった位置づけでしょうか。
第2話のEDはゆのと宮子のデュエット「またね、ようこそ、ひだまり荘」。

相変わらず、とてもうまいこと原作の話に肉付けされていました。
卒業式のタイミングで挿入歌「さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~」のアコースティックバージョンが。いい演出です。漫画でもステキなシーンでしたが、映像化されるともっと感慨深いですね。

ヒロも最初から料理が上手かったわけでなく、ひだまり荘に入居してから料理を覚えたんですねぇ。これはちょっと意外でした。初々しい沙英×ヒロを見られてよかったです。
沙英と夏目の別れのシーンもよかったなぁ。大粒の涙を流す夏目を抱き締める沙英の目も赤く…。ええわぁ。
沙英もヒロももう家族みたいなものっていうのが明言されましたね。いいですなぁ、こういう関係。
ラストではゆのと宮子のお風呂シーン。やっぱり宮ちゃんでかい(*´ω`*)

「ハニカム」放送時から早1年経ちましたが、このタイミングで卒業編をやってくれて本当によかったです。
しいていえば、うめてんてーのセリフがなかったのがちょっと惜しかったですけど。それ以外は文句なしの良作でした。ありがとうございました。
a0047568_17174467.jpg

今回が実質シリーズの集大成になるのかなぁ。
できればまた原作ストックが溜まった後(最近休載が多くてあまり進んでいないのですが)、数年後にでも第5期をやって欲しいです。やっぱり主人公であるゆのの卒業までは見たいですからね。ゆのの進路に対する葛藤や、最も仲良くしている宮子との別れにどう向き合うのか興味がありますし。
理想としては、第5期で夏の終わりくらいまでをやって、第6期でゆの達の卒業までを描き真の最終回…という風にしていただけると最高なのですが(^w^;)
実現は難しいかもしれませんが、ぜひお願いしたいです。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/19071856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-11-30 09:10 | まんがタイムきらら系 | Trackback | Comments(0)