異次元の狙撃手(スナイパー)

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

連続狙撃事件!
a0047568_128457.jpg

今年映画館で見る映画はこれが2作目。

友人と一緒に見てきました。さすがゴールデンウィーク。凄い人でしたが、早め早めに行動したので、割と早い時間に見ることができました。
いつもどおりパンフレットを購入。


以下、ネタバレありです。一応犯人の名前は伏せています。今回は簡略にいきます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




鈴木財閥が建設した635mのベルツリータワーが完成。園子の誘いでコナン、蘭、小五郎、少年探偵団、阿笠はオープニング・セレモニーに参加することに。外の景色を楽しんでいると、コナンは遠くのビルの屋上で何かが光るのを目撃。直後、一発の銃弾が男に命中! 男は即死…。

コナンはスケボーで狙撃手の追跡を開始。バイクで逃走する狙撃手を発見。しかし追跡していることに気付かれ振り切られそうに。そこにバイクに乗った世良真純が合流。一緒に追跡するも、犯人は容赦なくパトカーに手榴弾を投げつけます。爆風の中から飛び出してくる犯人。

犯人の居場所を突き止めたコナンと世良。しかし、ヘルメット越しに銃で撃たれた世良が昏倒。窮地に立たされるも、そこにFBIのジョディとキャメル達が駆けつけます。が、犯人は海に飛び込んで逃走…。

警視庁の会議室で、ジョディ、キャメル、そしてジェイムズが事情を説明。FBIはティモシー・ハンターという人物を追っているのだといいます。ハンターは元海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」の狙撃兵で、シルバースターという名誉ある勲章を受章した英雄。ところが、民間人を撃ったと交戦規定違反で訴えられ、勲章は剥奪。その後、ハンターは戦場で銃弾を受けて負傷。命は取り留め除隊するも、マスコミに追い回され、挙句に破産。妻は薬物の過剰摂取で死亡。妹も婚約破棄され自殺。

以来6年間、ハンターは行方不明でしたが、3週間前にかつてハンターを取材した記者が狙撃され死亡する事件が発生。ハンターを追跡すると2週間前に来日していることが判明。
そして今回の狙撃地点には、ハンターが好きだったサイコロ(4の目)と空薬莢が残されていました。しかも今回殺された男は、ハンターを破産に追い込んだ人物。
復讐だとすると、さらに3人が狙われる可能性が…。ハンターを訴えたジャック・ウォルツ、その証人のビル・マーフィー。しかも2人ともそれぞれ京都と日光で観光中。もう1人はハンターの妹との婚約を破棄した森山仁。

警視庁とFBIは協力して捜査を開始。ハンターが連絡を取りそうな人物達を訪ねて回ります。
コナンは落としていたスマホを交番に取りに行きます。スマホを受け取ると、早速世良から電話が。世良は森山の家の住所を突きとめていました。コナンはすぐ世良と合流。森山の家に到着したそのとき、ちょうど森山が地下駐車場から車で出かけるところ。ところが、川向うのビルの屋上から森山が狙撃され死亡してしまいます。コナンと世良はすぐさま狙撃地点へ向かいますが、犯人を取り逃します。
現場には前回と同じく、サイコロ(3の目)と空薬莢が。この意味はカウントダウンなのか…?

一方、アジトへ帰ったハンターは日記をつけていました。そんな彼にレーザーサイトが…! なぜか一発目が外れ、ハンターは反撃を。しかし結局ハンターは射殺されます。狙撃場所には2の目のサイコロと空薬莢が残され…。

ハンターは犯人ではなかった…? 困惑する警視庁やFBIの面々。無差別殺人なのではという噂も持ち上がり、東京はパニックに。

コナンと世良は一緒に事件を調べ直すことに。すると、マーフィーが東京に呼び出されていることが判明。犯人が橋の上で列車が減速した瞬間、その列車に乗っているマーフィーを狙撃することに気付くコナン。
何とか危険をマーフィーに伝えようとするコナンですが、犯人は標的をコナンに変更。間一髪、世良がコナンを救うものの、結局マーフィーは射殺されてしまいます。世良は重傷を負って入院。狙撃地点には1でなく5の目のサイコロと空薬莢が…。

狙撃犯の犯行は最初から綿密に計画されたものでした。
コナンは少年探偵団が夏休みの宿題で作った街の模型を見て、狙撃地点の法則に気付きます。4つの狙撃地点をサイコロの目の順に結ぶと星の形に…!
一方、ウォルツは犯人に東京へ呼び出されていました。ウォルツは狙撃銃を用意し、犯人を返り討ちにしようと試みますが…。
コナンは真犯人とウォルツの動きを察知。射殺されそうになったウォルツにボールを蹴り、昏倒させて狙撃を阻止。立腹した犯人は再びコナンを狙います。足を痛めて絶体絶命になったコナン。が、コナンと同じく事件の真相にたどり着いていた沖矢昴の狙撃により、犯人は負傷。爆発で停電を起こし、闇に乗じて逃走を図ります。

折が悪く、蘭、園子、少年探偵団は再びベルツリータワーを訪れていました。コナンは新一の声で蘭に避難を促しますが、園子が犯人に殴られ昏倒。さらに歩美が人質に取られてしまいます。ジョディとキャメルが駆けつけるも、暗視ゴーグルを装着した犯人に逆に追い詰められます。コナンから指示を受けた探偵団は、携帯電話の光で犯人の目を眩ませます。犯人が怯んだ隙に歩美は逃げることに成功。さらに果敢に犯人へ挑む蘭ですが、マシンガンの弾が体をかすめ、さらに携帯電話を踏んで転倒、窮地に。そこでコナンは伸縮サスペンダーを使い、新アイテムの花火ボールを打ち上げます。光が再び犯人の目を眩ませ、そこを沖矢が狙撃。武器を失った犯人を、蘭が空手でノックアウト!
ジェイムズの指示を受けていた沖矢は、赤井の声で返事をし…。

こうして事件は解決。間もなく世良も退院できることに。
一方、コナンは夏休みの宿題を探偵団に押し付けられるのでした。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


いろいろ感想書きたいこと満載ですが、とりあえず簡単に。
劇場版らしく、コナンの人間離れしたアクションが見ごたえありました。
サスペンス要素も強かったですね。どこから銃弾が飛んできて誰が撃たれるかハラハラしましたよ。

ゲスト声優2人がメチャクチャ重要な役…フォーゼ、あんたが(ry
ちなみに先にパンフレットを見ると、歩美を人質にしている人の体格で誰が犯人か分かってしまう罠(笑) 兵隊ならではの戦法でコナン達を翻弄させていたのがよかった。

沖矢、かっこいいですなぁ。赤井の狙撃の腕前はネイビーシールズでも有名のようで。ジェイムズも赤井の死んだフリに一枚噛んでいた…か。確かに「声」を使った演出は漫画媒体じゃできないですね。

世良はまた意味深な発言が…ハートを撃ち抜くって比喩ですよねぇ。どういう意味を込めているのやら。
短かったですが、蘭が犯人にトドメを差したのが痛快でした。園子の分、歩美ちゃんの分、そして世良さんの分!

19作品目もあるようでなにより。向日葵が意味するものとは…? って、また季節は夏なのか(苦笑)
パンフレットには20作品目も視野に入れた3部作にするというニュアンスのことが書かれていました。来年、再来年も楽しみです。
[PR]

by konosetu | 2014-04-26 20:35 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/19721795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]