法廷の対決IV 裁判員小林澄子(前編)

名探偵コナン 第606話「法廷の対決IV 裁判員小林澄子(前編)」

法廷シリーズ第4弾!



アニメオリジナルキャラ、九条検事は久しぶり。
このシリーズも第4弾かぁ。しかも時代を反映した裁判員裁判。
実際の裁判にどれくらい近いのか気になりました。
まぁ、以前のシリーズであったように、証人である小五郎がいきなり推理始めるなんて展開は、フィクションじゃなきゃまずないでしょうね(^^;

今回小五郎どころかコナンですら部外者。推理はコナンがするとしても、推理披露の役はやはり妃さん…ということになるのかな?

にしても、今回の事件では完全に部外者であるはずの小五郎達ですが、難なく事件現場に入れてもらっていましたね。
顔パスか…。裁判員の守秘義務も大事ですが、警察や検察の守秘義務は大丈夫かw

小林先生はちょくちょく出番がありますが、あの校長先生は本当に久しぶりですなぁ。ひょっとして、初登場以来か…?
[PR]

by konosetu | 2011-02-19 18:52 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20068061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]