疑惑のイニシャルK

名探偵コナン 第665話「疑惑のイニシャルK」

誇りを傷つけた者。



犯人の目星は序盤からつきましたが、カレンダーの意味を考えている暇があまりありませんでした。1話完結ですから推理はスピードも命ですね。コナンの推理と同じくらいのスピードを要求されますねぇ。

証拠の差し歯が帽子に引っかかって、しかも犯人がそれに気づかないというのがなんだかアレでしたけど、警部のかっこよさでチャラです。
高木、千葉、佐藤刑事も登場していて、1話完結オリジナルにしては楽しく見させていただきました。

クライマックスの目暮警部の犯人への説教が気迫あふれて良かったです。さすが鬼警部。警部の説教シーンが一番の見どころでした。警察官のみなさんに聞いて欲しいものです。
エピローグでも、警部は容疑者にされた2人に謝罪はしつつもちゃんとお灸を据えました。
久々にかっこいい目暮警部をみられてよかったです。

次回もアニメオリジナルですね。7月のアニメオリジナル祭りのラストはどんなお話になるでしょう。
今のOP&EDも次回までですね。
[PR]

by konosetu | 2012-07-21 18:56 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20068299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]