いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

サボテン狂騒曲

名探偵コナン 第680話「サボテン狂騒曲」

温室の惨劇。



お馴染みのコナン、蘭、園子3人組のお話でした。3人のやり取りや会話内容、コナンの内心のツッコミもいつもどおりでしたね。

新鮮味はないですが、ストーリー的には「コナン」の定石を押さえているエピソードだったと思います。
横溝弟も久々に登場してくれました。うん、ちゃんと原作どおりのキャラクターだったかと。彼ならコナンを邪険に扱っていても不思議じゃないですから。
(以前のコナン、蘭、園子モノの「ショコラ」では弓長警部がコナンを邪険に扱うというキャラ崩壊を起こしていましたからねぇ)
コナンの、復讐のために殺人をしてはいけないという犯人への説教もよかったです。「名探偵コナン」に限らず、いろんなドラマでも何度も何度も使い古された陳腐なセリフですが、これはコナンが視聴者に向けて言ったメッセージでもあるのではないか…そんな解釈をしました。

ミステリー的にもとりあえずは納得できるできで。
ちなみに犯人は当てられましたが、鉢植えをどう使ったかまでは分かりませんでした。そうか、熱探知か…。サボテンが倒れるというアクシデントが証拠の掌の傷ができる原因になったというのもよく考えられていました。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20068318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2012-12-15 18:57 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)