泡と湯気と煙(前編)

名探偵コナン 第684話「泡と湯気と煙(前編)」

泡と湯気と煙。



沖矢昴さんお久しぶりっす。
どうして哀ちゃんは急に沖矢に対する態度を軟化させたんでしょうねぇ…?
あれだけ沖矢のことを警戒していたのに。やはり「探偵たちの夜想曲」がきっかけなんでしょうね。

おお、エンディング明けのCパートが丸ごとアニメオリジナルシーンですね!
沖矢の哀ちゃんに対する態度は、まるで幼い子どもに対するものじゃないかのように感じました。哀ちゃんの方もあまり正体を隠そうとしていないというか…心をオープンにしている印象を受けました。
哀「ずいぶん頼りないナイトね」
沖矢「命に代えてもお守りしますよ、姫」
沖矢さん、紳士的でかっこいいです。いい追加シーンでした(^^)

一方で高木刑事、目暮警部が来るまでいろいろ調べ回ったんですねぇ。
ようやく張り込みが終わったばかりだというのに、お疲れ様ですわ。
拉致された事件からどれくらい経ったのか知りませんが、過労死しないか心配です(汗)

エンディングは次回から変わるのかな? 次回まで現状維持だったらちょうどキリがいいんですけど。
[PR]

by konosetu | 2013-01-26 19:07 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20068989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]