いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る
カレンダー

誰にもとけない氷の罠

名探偵コナン 第687話「誰にもとけない氷の罠」

鎌倉内の惨劇。



う~ん、失礼ながら今回のお話はどうにも釈然としませんでした。
あのトリック、いつどうやって紐を被害者の首の上に渡したんでしょう…? 部屋の設計段階で紐を設置できるように細工しておき、前日までに紐を目立たない天井付近にでも仕掛けていたんでしょうか? で、被害者が寝静まった頃に紐の両端に重りのガラスをつけた…ってこと?
氷に圧力をかけると溶けるという実験はよかったのですが、あんなに短時間で溶けて再び固まるもの? コナン達は数時間くらいあの実験を観察していたんでしょうか?
紐はマグネシウムリボンでできていた…という解釈であっているでしょうか。でもそうだとすると、氷でできているとはいえ。壁の向こう側の炎が光彦に見えたってことですね。建物の中は見えるものなんでしょうか? それに少し離れた場所にいた光彦に見えたくらいですから結構激しく燃えていたってこと。下手をすれば火事になっていたような…。
それから犯人は被害者が絶命したのを確認できなかったはず。紐を隠滅するタイミングはどうやって計ったのでしょう? それにもし紐の位置が1センチでもズレていたら、あるいは被害者が寝返りを打って横向きになっていたら…失敗でした。あまりに運に頼り過ぎているトリックのような気が…。
推理ショーもいまひとつ説明不足だった印象が否めません。

あと刑事のセリフ。前村長が殺された件を「調べればすぐに分かることだ」ですって。だったらさっさと現村長と秘書を捕まえておけばよかったのに、事故だと判断したからこんなことに…。調べればすぐに分かることをなぜ調べなかったのか…あまりに怠慢ですね。

板倉美加役は生天目仁美さんでしたね。応援している声優さんなので、出演してくれて嬉しかったです。

さて、新EDですが…。映像はコナンと蘭が歩いて走っているだけですか。シンプルなのも悪くはないですけど、物足りなさがあります。それにコナンと蘭が表情も変えずこちら側に向かって並んで走っているシーンが長くて不自然な気もしました。
そして曲そのものは悪くないですが、「コナン」の世界観とミスマッチな気がしました。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20069008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-02-16 19:26 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)