いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

高木刑事3千万拾う

名探偵コナン 第688話「高木刑事3千万拾う」

3千万の正体。



う~ん、失礼ですが、結論として今回はイマイチだったかなぁ(汗)
今回は期待していたよりこれといって特筆するほどの話でもなかったです。面白さとしては平凡かな。

3千万拾った高木刑事がどう行動するか…彼だからこそのリアクションを期待していたんですが、普通に模範的な警察官として行動しただけだったので、面白味に欠けました。高木刑事がネコババするようなキャラじゃないのは分かっていますが、恋人の佐藤刑事にいいプレゼントしたいとか想像(妄想)するくらいしてくれてもいいんじゃないかなぁ…と。
あるいは高木刑事が3千万拾ったのをきっかけに面倒な事件に巻き込まれ、それをコナン達が助けるために奔走する…とかしたら面白くなっていたかも。

それから犯人の他人の保険証を使ったトリック…。「そして人魚はいなくなった」と類似していますよねぇ(汗)
人魚の事件の方がかなり巧妙などんでん返しトリックとして演出されていた分、今回の話はどうもそれの劣化版としか感じられませんでした。

犯人が15年前の犯行を反省しているのはなんとなく伝わってきましたが、だったらやっぱりさっさと自首するべきだったかと。結局理由をつけて逃げていただけですからね。それに、被害者遺族にお金を渡したいなら、その遺族の家の庭にでも放り込んだ方が確実ですよね…(汗)

あと、やや作画が不安定だったのが気になりました。特にカメラワークが引いた時、高木刑事の顔が崩れがちだったような気がします(汗)

次回もアニメオリジナルですね。楽しみにさせていただきます。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20069011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-02-23 19:38 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)