いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

依頼人からのメッセージ

名探偵コナン 第689話「依頼人からのメッセージ」

シャドーアート。



1話完結の話としては、なかなか面白いストーリーでした。

Aパート終了直前で事件発生が発覚する話も多いですが、それだと犯人やトリックを推理したり、展開を予想したりする時間が短くなってしまうんですよね。
今回は早い段階で遺体発見だったので、比較的考える時間が長く確保されていてよかったです。
クローズドサークルという状況もミステリーの王道ですし、犯行が計画されたものでなく衝動的な殺人だったことも踏まえると、容疑者が限定されてしまう状況にも説得力がありました。
アートの影絵やアナグラムが手がかりっていうのもなかなか味がありました。犯人がアートを隠滅できなかった理由もなかなか納得できるもの。理由はどうあれ、自分のことを考えて作ってくれた作品を壊したくなかった…か。わざと雨に濡れて証拠を隠滅しに出かけたのを誤魔化す…っていうのもいい伏線。
ちなみに、私は「アナグラム」っていう言葉を「奇術愛好家殺人事件」で初めて知りました。懐かしい…。

オチは小五郎のシャドーアートがたまたま英理さんのような形に。無意識にあんなの作ってしまうなんて…小ネタですけど、愛を感じますねぇ(笑)
英理さん、最近ご無沙汰だなぁ。また法廷対決シリーズとかやってくれないかしら?

次回から久々に原作にあるストーリーですね。世良も今年初登場で。優作も回想ながらロンドン編以来の登場。原作の時点でも面白かったので、どうアニメ化されるか楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20069026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2013-03-02 19:02 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)