隅田川夜桜ルート(前編)

名探偵コナン 第692話「隅田川夜桜ルート(前編)」

まっすぐ行く。



前編にしてこれは傑作の予感がします。現時点ではなかなかいい完成度だったかと。
事件そのものは複雑ではなく、身代金追跡シーンや資料調査シーンでかなり尺を取っていましたが、それが功を奏したのではないかと。

追跡シーンは緊迫感が伝わってきましたし、久々にコナンのスケボーテクニックが見られました。
高木刑事と佐藤刑事が「美和子」「ワタル」って呼び合っていたのがツボでした。犯人を欺くためなんでしょうけど、プライベートでもああやって呼び合っているのかなぁ。
予想の範疇だったとはいえ、小五郎が川に落ちたのもウケました。ちなみにこのせいで風邪を引いて鼻声に。眠りの小五郎では鼻声が治ってしまっていたという小ネタが愉快。
しかし前編にして眠りの小五郎を披露とは珍しいですね。後編放送までゆっくり推理しようと思っていたのに。ま、電磁石を使ったトリックは大体予想どおりでしたけどね。

コナンと蘭の資料調査シーンも良かったです。「こんなとき新一ならババッと解決しちゃうのにな」って蘭が言っていましたが、初期の頃によく聞いたセリフですね。こういうセリフを持ってくるのは新一×蘭カップルが好きなファンの心をくすぐるでしょう。コナンが「大丈夫だよ。僕が解決してあげるから」→「2人で解決しちゃおうか」って蘭が返すのもいいやり取りで。
そしてここで流れる挿入歌。15周年記念の際に発表された高山みなみさんの「まっすぐ行く」ですね。プレゼントコーナーでしか聞けなかったレアな歌。やっぱり高山さんの歌はいいですわ♪ 挿入歌って劇場版ではよく流れますが、通常のテレビ放映で挿入歌って珍しいですよね。セリフはなく、コナンと蘭が資料を調べているだけなのにいい雰囲気です♪
これを機に「まっすぐ行く」は、できればオリジナルの「キミがいれば」も含めて一緒にCDで出してくれると嬉しいなぁ。サウンドトラックにでもぜひ。

最後は殺人事件発生。この段階ではまだ真相は全然分かりませんね。容疑者も揃っていなさそうですし。とりあえず、2回も出てきたあのバイクは怪しいということで。お風呂も古いものだったのが気になりました。睡眠薬が入っていたっぽい瓶もありましたね。自殺を偽装かな?
次回、かーなーり楽しみにさせていただきます。
[PR]

by konosetu | 2013-03-23 19:19 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20069039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]