足跡と啄木鳥会

名探偵コナン FILE 914「足跡と啄木鳥会」

首チョンパされた竹田刑事、どうも過去に2回、犯人を射殺したことがあるようで。
一件目は9年前の銃乱射事件の被疑者。二件目は半年前の銀行立てこもり事件の被疑者。
前者の犯人は大和警部の幼馴染だったそうで。しかも射殺されたのは大和警部の目の前。おやおや、この日はその幼馴染の命日でもあるのですか。被疑者の遺族は80歳の祖母のみ。

そうこうしているうちに、今度は鹿野刑事が絞殺される~Σ( ̄□ ̄lll)
いち早く現場に駆け付けたのは大和。まぁ、怪しげな演出がされていますが、彼が犯人ということはないでしょう。犯人ならさっさと逃げるだろうし。アリバイを作ったりして工作するはず。だいたい、ミステリーなんだから犯人は推理で暴くものなのに、現行犯で捕まえるなんて幕切れあるかい(苦笑)
たぶん犯人が鹿野の携帯を使って大和がここに来るように仕向けたんでしょうな。大和が電話に出られなかったのは、たぶん例の幼馴染の遺族である祖母の病院にでも行っていたからでは? たぶん墓参りにも行っていたかも。犯人は大和の行動を把握していた可能性が…?

さて、黒田刑事ですが…。ラムとしてはどうでしょう?
事故に遭って10年も眠っていた。大和と同じような境遇なんですな(^^;
白髪→老人、大柄な男、右目が義眼…という条件には当てはまりますが。女みたい…ってことはないですねぇ。
ただ、所々記憶が抜け落ちているというのは引っ掛かります。誰か別人がなり済ましている可能性は捨てきれません。
まぁ、この大型事件にオマケのような登場の仕方なので、ダミーかなと予想していますが。果たして…
現時点ではどちらかというと大和の方がラムの条件に当てはまっていますね。でも、彼の目は完全に潰れていて義眼ではなさそうですしねぇ。
とりあえず、こちらはさらに情報が出るのを待つしかないですね。
[PR]

by konosetu | 2014-12-10 14:00 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/20493952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]