天使が消えた蜃気楼

名探偵コナン 第778話「天使が消えた蜃気楼」

画家が見たもの。



1話完結のわりに、結構いい感じにお話が進んだと思います。
容疑者が多い割に、詰め込み過ぎ感もあまり感じませんでしたし。

あの行方不明の女性も殺されていたのか(((´゜ω゜`)))ガクガク
車で轢かれた上、海に遺棄されてしまって。それを目撃し自首を勧めた画家も、口封じに…
温厚そうな旅館の主人ですが2人も殺したとは…凶悪ですなぁ(´=ω=`;)
写真も撮れるカメラなのに「動画」と口を滑らせていなければ、犯人はまったく分からなかったと思います。
他に「名探偵コナン」ではお決まりの効き腕も推理のキーになっていましたね。 利き腕のことは完全にスルーしてしまいました。

コナンは蜃気楼のこととか、ちょっと物知りすぎでしたね。
エピローグの自殺を止めたというくだりの推理も、小五郎も利用せず見事すぎて(^^;

今回はアニオリの中でもなかなか完成度が高かったと、素直に評価できそうです♪
[PR]

by konosetu | 2015-05-16 19:06 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/21233313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]