いつでも、いつまでも!

ハイスクールDxD BorN 第12話(最終回)「いつでも、いつまでも!」

新たなる可能性。



リアスを助けるため戦う決心をした一誠だったが、
気持ちとは裏腹にどうしてもリアスを攻撃することができず防戦一方となってしまう。
その最中にもリアスに対し必死に呼びかけるが反応はなく、
それでもあきらめず何度も呼びかけ続ける一誠。
するとそんな一誠の想いが少しずつリアスの心に届きはじめる。
一方、周囲の空間に漂っていたリアスの鎧の欠片がひとりでに集まりはじめ、人型を形成していく。
変貌を遂げたその姿はまるで……。

(公式HPより抜粋)


一誠を独占したかったわけではない。ただ、名前で呼んで欲しかった。そんなささやかな願いを利用されたリアスでしたが…一誠に救出されて無事帰還を果たしましたね。
背中からキャノン砲って…どこぞの戦闘ロボットアニメかよ(汗)

アーシア、久々に一誠の両親と再会。もう実の娘のように思ってくれていたんですなぁ(=ω=)
アーシアはいろいろ荒波に揉まれながら育ってきたので、安住の居場所にたどり着けてよかった。

さらりとロスヴァイゼがグレモリー眷属に加わり。
ルークに空席があったんでしたっけ。これで駒が全部揃ったんですね。

さらに一誠の新たな進化の可能性をアザゼルやドライグが示唆しつつ。
前から言っていた体育祭もようやく開催を迎え。一誠とアーシアは二人三脚を。
……しっかし、この曲「おっぱいドラゴンの歌」がEDテーマに使われるとは(笑)
向こうの子供番組にも出演したのね(汗)

最後はリアスのモノローグで綺麗に締めくくりました。
こうして見ると、オカルト研究部も大所帯になったものです。まぁ、さらにまだ何人か増えるようですが(笑)


評価です(各項目10点満点)
○ビジョン:8点――割愛
○キャラ:6点――割愛
○シナリオ:6点――割愛
○燃え:8点――割愛
○萌え:8点――割愛
○意外性:7点――割愛
○歌・曲など:7点――OP&EDもなかなかいい感じ。
○熱中度:5点――完走してよかったです。
○オススメ度:5点――お色気が好きなら。
○全体:7点――この手のライトノベル原作作品が1クール×3期までいくのは珍しいですよね。
オカルト研究部も大所帯になったものです。まぁ、さらにまだ何人か増えるようですが(笑) すでに登場している人物が2人ほど加わるんですよね。グレモリー眷属の枠は全部埋まったので、イリナのように客分として。
さて、今期は原作(私は未読)エピソードをかなりいじくっていたようで。本来は別々の出来事だったものを無理矢理繋ぎ合わせたり、時系列を変更したりしていたようで。そのためか、詰め込み過ぎ感も若干感じました。本来は強敵なはずの奴があっさりやられたり…。やっぱり全12話と話数がかなり限られていますからねぇ。原作ストックは十分あるはずなので、話数がもっとあればカットや編集なんてせずもっと丁寧にできたでしょうに。もったいない。
まぁでも楽しめましたよ。ありがとうございました~

MVP:兵藤一誠
これまで何度も仲間・友人の危機を救ってきましたが…。大抵は一度敗れているんですよね。最初から守りきることができない。そんなことを苦悩していたのが印象的。
でも、欲望に忠実な彼。性欲をトリガーにパワーアップを果たすのがなんとも彼らしい。このままどんどん突き進んでいってもらいたいですね。いつかハーレム王になれるよう検討を祈る(笑)
[PR]

by konosetu | 2015-06-23 11:26 | アニメ2013~2017年 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/21372964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]