いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?29

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?29

募集はされていませんが、書き込んでおきます。

関連:
第08回の評価
第09回の評価
第10回の評価
第11回の評価
第12回の評価
第13回の評価
第14回の評価
第15回の評価
第16回の評価
第17回の評価
第18回の評価
第19回の評価
第20回の評価
第21回の評価
第22回の評価
第23回の評価
第24回の評価
第25回の評価
第26回の評価
第27回の評価
第28回の評価



今回完走したのは3作品。(「なのはViVid」は一応まだ途中ですね)

○ハロー!!きんいろモザイク
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:4
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5
合計:29点
日常系では重要な人物の魅力。
みんなカワイイね。第1期の頃よりそれぞれ個性がよりオーバーになって。ツッコミ不在の恐怖(笑)
鬼畜こけしこと忍がやや霞むくらい。鬼畜は伝染する。主にアリスに(ΦωΦ)ウヒヒ
霞むと言っても、あくまで割くシーンが減ったというだけで、相変わらず強烈な金髪フェチというわけで。髪の毛だけでアリスのものだと分かる。金髪は主食。アリスに対して過保護すぎる一面も(笑) 面倒見たがりなのは勇や陽子に面倒を見てもらいながら育った反動かもしれませんね。
原作の順番を変えてでも、第1,2話という早い段階に久世橋先生がメインになる話を持ってきたのはいい判断だったかと。久世橋先生のカワイイ部分を見せることで、視聴者の心をガッチリつかみましたね。
カレンの可愛さが爆発デース☆ 一番元気だったかもしれません。いい意味でトラブルメーカーと言えたかも。
まだまだガキっぽいところがあり、勉強が得意というわけではないですが、あれでもなかなか聡いところがあるんですよね。
意外だったのは、アニメオリジナルストーリーやシーンも多かったところ。特に夏休みに入ってから。第9話の半分近く、第10話の水着回に至っては8割くらい。原作1話分=8ページをよくあそこまで膨らませてくれたなと。かなり視聴者の気持ちをガッチリつかんだのではないでしょうか。
原作では離れた時期に掲載された話でも、似た話題のエピソードをナチュラルに繋げるなどの工夫が見られました。
やっぱりさぁ…第3期やって欲しいデース!

○魔法少女リリカルなのはViVid
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
合計:24点
「StrikerS」からちょうど8年、漫画連載開始から約6年。遂に映像化が果たされました。アインハルト達新参者達がアニメデビュー。アインハルトはすでにゲームで声が付いていましたが、コロナやリオは初めて動いて喋るところを見られました。そして旧六課のメンバーや、当時敵対していた人達のその後も見られました。まことに感慨深いです。
キャラとしては、それぞれの個性が光っていたなぁ。本当にキャラの見せ方がうまいです。ただ、名前ありキャラをわんさか出し過ぎの印象もします。もっと小出しにして欲しいかも。あと、やっぱり主人公のはずのヴィヴィオの影が薄かったかな。
シナリオ的に。平和な日常の中でのスポ根。これはこれで。原作漫画と出来事が前後することが頻繁にありましたが、理解しやすくする工夫と解釈できました。ただ、ばっさりカットしてしまったシーンもあったのはもったいないかも…

○長門有希ちゃんの消失
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4
合計:25点
スピンオフとはいえ、期待以上の完成度でした。1クール作品だから大抵12,3話で終わるものですが、16話分もやってくれたのはとても丁寧でよかったかと。
この世界の有希ちゃん、朝倉さんはこんな子達なんだぁ。みくるや鶴屋さん、古泉君はあまり変わっていませんでしたが…。ハルヒは一見変わっていないように見えて、結構相手の気持ちを敏感に感じ取る聡さを持っていましたね。本家のハルヒなら絶対にしないような言動も見受けられましたし。朝倉さんとは結構気が合う感じでした。
主人公は内気な普通の女子高生・長門有希でしたが、やはりキャラの濃いハルヒに主役の座を持って行かれそうでしたね。人格が変わってしまう事件があって、一気に文芸部3人の話になりましたが…。その後はキョン視点で話が進んでいきました。キョンの煮え切れない気持ちも解消してよかった。
ほとんどが平和な日常でした。こういうのも微笑ましくていいものです。

○ハイスクールD×D BorN
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:2
合計:17点
さて、今期は原作(私は未読)エピソードをかなりいじくっていたようで。本来は別々の出来事だったものを無理矢理繋ぎ合わせたり、時系列を変更したりしていたようで。そのためか、詰め込み過ぎ感も若干感じました。本来は強敵なはずの奴があっさりやられたり…。やっぱり全12話と話数がかなり限られていますからねぇ。原作ストックは十分あるはずなので、話数がもっとあればカットや編集なんてせずもっと丁寧にできたでしょうに。もったいない。

ベストキャラクター賞:九条カレン(ハロー!!きんいろモザイク)

ベストOP賞:夢色パレード(ハロー!!きんいろモザイク)

ベストED賞:My Best Friends(ハロー!!きんいろモザイク)

ベスト声優賞・男性:梶裕貴さん(ハイスクールD×D BorN:兵藤一誠)

ベスト声優賞・女性:東山奈央さん(ハロー!!きんいろモザイク:九条カレン)
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/21613555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by オリーブ at 2015-09-06 11:51 x
やはりきんモザがベストだと思います。
Commented by konosetu at 2015-09-07 00:12
>オリーブさん
そうですねぇ~(*´艸`)☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2015-09-04 19:13 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(2)