いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

純黒の悪夢(ナイトメア)

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

綱渡りのスパイアクションサスペンス!
a0047568_197232.jpg

今年映画館で見る2作目の映画。
公開初日に見に行けましたぜ~! 例によっていつもの友人と同じです。
予想通り混雑していました。朝早めに出かけても取れたのは夕方くらいの回でしたし。
ま、暇な時間を利用して電車の旅をしましたけどね。

いつも通りパンフレットを購入。なんかいつもと比べて変わった作りですな。
多くのページが折りたたまれていて、それぞれ広げることができます。
これまで明らかになった組織のことに関する情報のまとめも載っているので、参考にされたし。特にライトユーザーのみなさんは。

亡くなられた家弓家正さんに代わってジェイムズ・ブラックを務めるのは土師孝也さん。
これまでも「名探偵コナン」のゲストキャラクターで何度も出演されています。あ、調べたら被害者の役が多いや(苦笑)
それほど違和感なくすっと馴染みました。まぁ、それほど出番が多かったわけでは(ry

以下、ネタバレあり。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



ある晩、警察庁に女の侵入者が。
公安警察官である風見裕也や安室透=降谷零が取り押さえようとするものの、女は身軽な動きで警察庁を脱出。通りがかった一般車両を強奪し、逃走を図ります。
車を走らせつつ、女は警察庁のスパイリストに載っていた人物達のコードネームをスマホで送信。
強引に高速道路へ入った女を追跡する安室。凄まじいカーチェイスに赤井秀一も加わり、一般車両を巻き込みながら三つ巴のデッドヒートに。
最後は赤井がライフルで女の車のタイヤを狙撃。女は海中へと姿を消します。

次の日、阿笠博士に連れられ、少年探偵団がリニューアルされたばかりの東都水族館へ遊びに来ます。
そこで記憶喪失となった謎の女と出会います。手掛かりは女がオッドアイであることと、彼女が所持していた壊れたスマホと5色のカードのみ。
さらに車のガラス片が女の着衣から見つかったため、コナンは昨晩の高速道路での大規模事故との関連を疑います。
警察への通報を嫌がった女性のため、少年探偵団は独自に女性の身元調査を開始。コナンは密かに警視庁の顔馴染みの刑事達にも相談します。

聞き込みそっちのけで女とダーツゲームを始めた探偵団。女は3つの矢を的の中心を射て、見事商品の3つのイルカのマスコットを入手。元太、光彦、歩美にプレゼントします。
そんな様子に呆れるコナンと哀はスタッフにも女のことを尋ねますが、やはり知らない様子。すると、スタッフが着色前のマスコットをあの女性にと渡してくれます。

元太達はリニューアルされた水族館の目玉である巨大観覧車に乗ることに。ところが、コナンと哀を呼ぼうとして身を乗り出しすぎた元太が、エスカレーターから転落。そんな元太を、女は驚異的な身体能力で救助しました。
結局、元太や女にケガはなく、元太に蹴られた阿笠が手当てを受けるハメに。
哀は驚異の身のこなしとオッドアイであることから、女が黒ずくめの組織のラムなのではないかと不安を感じ始めます。自分達に接触するため、記憶喪失を演じているのではないか?
コナンと哀がそんな相談事をしている間に、探偵団の3人と女はこっそりと再び観覧車に向かってしまいます。いなくなった4人を慌てて探すコナンと哀。
観覧車に乗った4人ですが、色のついた噴水を見た女が急に頭痛を訴え、何かを呟きながらうずくまってしまいます。
医務室に運び込まれた女は、正真正銘の記憶喪失であることが判明。それとは別に、女の脳は特殊な構造をしていました。また、彼女の片目の虹彩は無色でこれまた正真正銘のオッドアイ。
女は目暮警部達の手引きで救急車で警察病院へと搬送されました。
女を発見したものの、様子がおかしいことに困惑していたベルモットは、その一部始終を盗み聞ぎすることでようやく女が置かれた状況を把握。離れた場所にいるジンに報告します。

一方、ジン達は謎の女から得た情報をもとに、諜報員達の暗殺を開始。
ロンドンではコルンがスタウトを、トロントではキャンティがリースリングを、ベルリンではジンとウォッカがアクアビットを始末。
ベルモットの報せを受け、日本へ舞い戻ることに。

警察病院に運び込まれた女の見舞いにやって来た元太、光彦、歩美。目暮らの計らいで束の間の再会を。
コナンを介して受け取っていた色の付いていないイルカのキーホルダーを女に贈る探偵団。
そうしているうちに、風見が率いる公安警察官達が、女の身柄の引き渡しを要求してきます。その強硬な姿勢に反感を覚える高木達ですが、目暮はやむなくこれに応じます。

ジェイムズらFBIと合流したコナンは、各国の諜報員が相次いで暗殺されていることを聞かされます。
警察庁から諜報員の情報を盗んだのは組織のナンバー2であるラムの右腕・キュラソーという女。
謎の女=キュラソーが残したスマホのデータの復元に成功した阿笠。それが黒の組織のスパイを告発する文面であると知ったコナンは、安室達を救う策を講じることに。
「行かないで」と制止する哀に、「自分の運命から逃げたくないんだ」と諭し、コナンは出発。

安室=バーボンと水無怜奈=キールが、スパイ容疑でジン達に拘束されます。
キュラソーからの報告が不確かなものであるため、即刻処刑せず尋問をしますが…。
疑わしきは罰せよという方針のジンは安室を射殺しようとするも、突如停電。その停電に乗じて安室は逃走。
ジンはなおも水無を殺そうとしますが、ラムから待ったがかかります。キュラソーから完全なメールが送られてきて、バーボンとキールはスパイではないと書かれていたからです。
ただ、そのメールが本当にキュラソーから送られてきたものとは断定できないため、バーボンとキールの処遇は保留に。

コナンの偽メールの作戦が功を奏し、ひとまず安室や水無を助けることができたものの、まだ一時凌ぎにしかならないと考えます。
捕らえられた水無を救出するのはFBIに任せ、コナンはキュラソーが護送される場所が東都水族館であると睨み、急行します。

コナンの読み通り、風見ら公安はキュラソーの記憶を取り戻そうと、二輪の観覧車の片側を貸し切って尋問を開始。
ところがそれに先んじて、園子のコネを使った少年探偵団が観覧車に乗ってしまっていました。さらに、不安を感じた哀も、東都水族館にやって来ていました。探偵団が観覧車に乗っているのを発見した哀は…!

一体、キュラソーはどこに? そこでコナンはキュラソーが残した5色のカードの存在を思い出します。そして探偵団と共に観覧車に乗ったときに起きた頭痛…。
観覧車に急行したコナンは、観覧車のあちこちに爆弾が張り巡らされていることに気付きます。解除しようにも、下手に触るとトラップがが発動しかねない…。

その頃、先に観覧車に来ていた赤井が、安室と遭遇。監禁場所を停電させ、安室の手錠を壊し、外に逃げたように偽装したのは赤井でした。お陰で安室は組織がいかにしてキュラソーを奪還しようとしているのかを知ることができました。
しかし、キュラソーの身柄は公安がもらう。FBIは手を引けと赤井に殴りかかる安室。激しい格闘戦に発展しますが、駆けつけたコナンから危険な現状を聴かされ一時休戦。
赤井はヘリでやってくるであろうジン達への対処を。安室は爆弾の解体に取り掛かります。安室は昔、仲の良かった爆発物処理班の刑事(松田陣平)に、爆弾解体の方法を教わったことがあるといいます。

一方、観覧車が頂上に差し掛かかり、キュラソーが完全に記憶を取り戻します。
かつてベルモットの重大な秘密を知ってしまい処分されそうになったものの、その特殊能力をラムに買われて右腕となったキュラソー。

待て!  下がりなさい、ベルモット。
キュラソー…君には色がない。あるのは、ただ純黒の闇…
その闇が君を苦しめているのなら、他の色に染まればいい。
お前の特殊能力を私のためだけに使え。インプットもアウトプットも…
そして私の右腕になりなさい。キュラソー…

風見を昏倒させたキュラソーは、ベルモットからの電話でジンが迎えに来ると聞かされます。
このままここにいれば組織に帰ることができる。だが…。

そしてジン達のキュラソー奪還作戦が開始され、停電が発生。安室は爆弾解体の中断を余儀なくされ、赤井もジン達の乗るヘリを狙えなくなってしまいます。
キュラソーはゴンドラから抜け出し。入れ違いにコナンがゴンドラ内で気絶している風見を発見。
ゴンドラごとキュラソーをヘリで持ち去ろうとしていたジン達ですが、熱探知機でキュラソーがいないことに気付きます。
キュラソーが脱走したと判断したジンは、キュラソーを始末することに。機関銃を乱射! このままでは観覧車の主軸が破壊され、倒壊してしまいます。

観覧車の崩落に巻き込まれそうになった哀を救ったのはキュラソーでした。
哀が元組織のシェリーであることに気付いたキュラソーは、組織にいた時より子ども達と過ごしていた時間の方が心地よかったのだと本音を漏らします。
子ども達のことを哀に託し、自らが囮になったキュラソー。施設の崩落に巻き込まれてしまいます。

これにより、外からの光が入ってきたため、安室の爆弾解体はギリギリ間に合います。
しかし、観覧車にいる者達全員を葬るため、ジンは観覧車への乱射を再開。ヘリのいる方向は分かるものの、暗視スコープを破壊され弱点を狙撃できない赤井。
そこで安室が解体した爆弾を撃たせて爆発させます。さらにコナンが花火ボールを蹴って辺りを照らします。最後は赤井がヘリの弱点を狙撃。
これによりヘリが故障。ジン達は撤退を余儀なくされますが、去り際にも機関銃を乱射。観覧車の車軸が破壊され、横方向へと転がり始めてしまいます。このままでは多くの人々が集まっている水族館が危ない!

何とか転落せずに持ちこたえたコナンは、自らに伸縮サスペンダーを括りつけ、安室に投げてもらいます。
そして今度は赤井と合流。観覧車を縛り、さらに巨大に膨らませたボールも使って止めようとするも、完全には止まりきれません。
そこに負傷したキュラソーがクレーン車に乗って現れ、観覧車のストッパーに。哀と合流した探偵団の姿を確認しつつ、もらったイルカのマスコットを握り締めるキュラソー。クレーン車は押し潰されるも、ようやく観覧車は制止します。

大惨事になったものの、人的被害は最小限に。風見がキュラソーの遺体を確認しようとするも、正視できないほど損傷が激しく…。
落ちたイルカのマスコットを見つけた風見が記憶媒体かと訝しみますが、コナンはそこにあるのは想い出だと言い…。

阿笠博士の家で、いなくなってしまった女性の心配をする少年探偵団。せっかく友達になれそうだったのに…。しかし蘭が、それはもう立派な友達なのではないかとフォロー。
探偵団によって最後の最後に変わったキュラソーの心の色に、切なさを感じるコナンと哀でした。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


記念すべき劇場版20作品目は、タイトルに沿った純粋な組織との対決!
これまでの劇場版は組織が関わってきても他の無関係な事件も絡んでいたので。(5作目「天国」と13作目「漆黒」)
推理要素や犯人当てはないけど、アクション・サスペンスものとしてみれば面白かったです。
今原作でも話題になっている組織のナンバー2・ラムも加工された声だけですが登場。
話し方は女性っぽかったですけど。女性だと断定するのは早計かな。酒のラムは蒸留酒なので男性という説が濃厚。もちろん、例外もあり得るでしょうけど。女みたいな男…なら女性のような話し方に合致します。
キーパーソンである謎の女は「ウルトラセブン」が戦った宇宙人みたいな名前。それはキュラソ星人(´・ω・`)

端的に感想を言うと…ちょっぴり切ないお話でした。結末そのものはゲストキャラであるキュラソー死亡という予想通りだったのですけど、過程をそういう展開に持っていくかぁと。
純粋な組織の構成員・キュラソーが改心して子ども達のために命燃やすぜ! …ラストがほろ苦い感じなのがまたね。ちょっと目頭が熱くなってしまいましたよ。

しっかし、愉快な組織のみなさんが今回はNOCの始末にちゃんと成功して仕事していましたね。
スパイだらけでガバガバの組織だと揶揄されていますけどね。ちゃんと自浄作用があるからこそ、ボスの正体も秘匿でき、半世紀以上持ちこたえているともいえましょう。
そんな組織が公安の手に落ちたキュラソー奪還の方法が…観覧車クレーンゲーム作戦!
吹いたwww
ジン達が真面目にギャグみたいなことしているのがまた。こういう頭悪そうなの大好き(笑)
「ウルトラマンタロウ」でZATが怪獣退治に使いそうな作戦です。そして存在を世間に知られてはいけない組織なのに、相変わらず派手に爆弾やガトリングガンで暴れる。キャンティの言う通り、ちょっとした戦争です。
なんだ、「天国」と「漆黒」の合わせ技かぁ。ヘリの撃墜のされ方は「異次元」とちょっと被るかな。コナンの観覧車の止め方は「11人目」のカウンターボードの巨大バージョン。

しっかしあの伸縮サスペンダー…100mくらいしか伸びなかったのでは? やけに伸びるように改良されたんですなぁ(笑)
ボール射出ベルトはいつから連発可能になった? …「天空」辺りから?( ´_ゝ`)
あ、珍しくスケボーが単なる移動手段としてしか使われませんでした。壊されずに済んでよかったね。あ、忘れ物として拾得物扱いにされた可能性はあり。

アムロ(安室透)とシャア(赤井秀一)の場外乱闘が「ガンダム」過ぎました(笑)
あちこちのセリフ、狙いすぎでしょ。「ガンダム」に詳しくない私でもそれっぽいセリフを感じ取りましたよ。
冒頭のカーチェイスもメチャクチャでした。あれ、巻き込まれた一般人もタフですよね。横転したりペシャンコになったりした乗用車から逃げ出していましたし。
そして観覧車の上でのジークンドーとボクシングの殴り合い。まったくもって狩る相手を見誤らないでもらいたい、安室君。でも流血しているイケメン2人はキライじゃないわ!
コナンが仲介役になったお陰で、一時的とはいえ休戦して共闘できた赤井と安室。いい傾向だと思います。原作でも完全に和解は無理だとしても、足の引っ張り合いだけでもなくなればなぁと。
安室が松田陣平と仲が良かったというのもいいファンサービスで。変わり者同士、どこか気が合ったのでしょうか(笑) 噂の青山原画の3人目は松田だったということですな。

関係ないけど、キール、キャンティ、世良(今回出番ないけど)…。「ラブライブ!」のμ'sメンバーのママン達のキャストさんとダブっている「コナン」準レギュラー女性キャラ達です。

相変わらずコナン君が人間を超越していました( ´_ゝ`)
今回は人間離れしているシーンは少なかったですけど、やっぱり終盤の大ジャンプね。いくら伸縮サスペンダーを命綱にしているといっても届かせてしまうのは…根性だよ! 死神本人は死なん!

キールは尋問されて腕を撃たれただけの出番で特に見せ場なし。いや、出番あっただけでもいいやないか。
蘭や小五郎が空気でした。いなくてもストーリーが成立していたとか(´=ω=`)
エピローグの探偵団へのフォローはいい感じでしたけどね。新一が近くにいるのに気付いていたので、もうちょいクライマックスに絡められなかったものか(^^;
あ、赤井以外のFBIの面々も特に活躍はありませんでした。コナン君への情報提供ありがとう。

少年探偵団、ますます人使いが荒すぎる件。
阿笠博士にたかるアリどもめ。阿笠がせっかく観覧車のチケットを取ったのにぞんざいな扱い。
キュラソーとの面会に高木を利用し。観覧車に乗るため園子のコネを利用。
みんないい人達だからトラブルなく済んでいますが、こんなこと続けていたらいずれイヤがられて見放されまっせ。良い子のみんなはマネしないでね。

鳩ぽっぽに気を取られて子ども達とキュラソーがいなくなったのに気付かない阿笠博士。映画館でも笑いが漏れていました。
…こんなボケ老人が組織の一員…ましてボスであってたまるものか(´・ω・`)
さらには転落した元太や助けに入ったキュラソーより一番大きなケガを。元太に蹴られました。
原作でも劇場版でも、子ども達(コナンや哀含む)に振り回されっぱなしの阿笠ハカセ。
まぁ、キュラソーのスマホのデータを復元したのは地味ながら大活躍でしたが。まだまだボケんなよ。そろそろ原作者より年下になるんだし。

そんなわけで、また来年! 年賀状情報通り、平次と和葉がメイン!
平次「しのぶれど…ちゅうわけやな」
落ち葉が舞っていたので、珍しく季節は秋でしょうか。7作目「迷宮」が春だったのでいい対比になるかも。

追記(4/12)
今回の映画、果たして興行収入は伸びるでしょうか。たぶんピークになるなら今回まで。さすがに来年以降は右肩下がりしてきそうですから。
50億いくといいですけど。熊本の震災で休館を余儀なくされているところがあるのが痛いですね。
それでも土日のスタートダッシュは過去最高だそうです。みんな、リピートしようぜ!
震災で大変な地域があるからこそ、我々は普段通りの生活を送る。それが日本経済のダメージを最小限に抑えるのに貢献できるわけですから。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/22722189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2016-04-16 21:33 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)