いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

裏切りの真相

名探偵コナン FILE 957「裏切りの真相」

かわいそうな安室しゃん…(´;ω;`)



ハードロックさん首吊り事件の真相です。
安室が鑑識に同型のロープを用意してもらいトリック実演。
あれ「輸送結び」っていうのね。ロープを客席に通していって…滑車の原理。これで非力な園子でも高木を軽々吊り上げられると。
ロープの通し方が複雑すぎなので文章では説明できましぇん(´・ω・`)
こういうのは図で説明しやすい漫画という媒体ならではですな。アニメにするともっと分かりやすくなるかもしれませんが。

これが出来るのは経験者であるマネージャーの円城だけ。
両手を横に広げた長さと身長が同じなのは聞いたことありますが、肘から手首までが足の長さと同じというのは初耳。また雑学が増えましたな。
あのシーンは、ロープの束ね方よりロープと並んだ蘭と比較せよってことだったと。
片方だけ落ちていたのは波土のサークルレンズ。瞳を大きく見せるために使っていたと。イメチェン効果ってあるのね。
問題のサークルレンズは円城の背中にくっついていましたが…前回の該当シーン見ても、印刷の汚れにしか見えんわ!(汗) あとパイプ椅子に付いていた方も穴だと思ったよ(汗)
それでまぁ、これ結局波土の自殺だったんですな。本来はもっと低い位置で死んでいたのを、円城が他殺に見せかけようとしたと。

実は波土と円城の間に娘ができていました。しかし流産していたことを17年越しに知り、未発表曲に歌詞をつけることに。が、歌詞が浮かばないことを苦に命を絶った。
…いや、その割には別の人と結婚していましたが。なぜに?
円城が殺人に見せかけようとしたのは、元カノの子どものせいで彼が自殺したなんて、彼の家族に知られたら申し訳ないと思ったから。
悪徳記者・梶谷も、このことは記事にしないといいます。
梶谷「ロックンローラーに浪花節は…似合わねぇからな…」
え、なに? このイイハナシダナー風味は(汗) まぁ、かなり苦い事件ではあります。会社に戻ったら上司の雷が待っていることでしょう…。
円城は死体損壊罪で逮捕。おそらく情状酌量で執行猶予だろうと目暮。

なお「ASACA」とは、波土と円城の娘に付けた名前。
波土が朝カフェ…「朝」「CA」feしているときに妊娠を知ったことからそう名付けようとした。
…そんな名付けアリかよ(´・ω・`)
そりゃDQNやらキラキラやら言われる名前じゃないかもしれんが。

バックバンドのシャブの件は既にネットに流れています。
レコード会社社長の布施が波土に引退を促していたのもそのため。こりゃ事後処理が大変やで…。

ここで沖矢=赤井の回想、再び。
やはり赤井はスコッチの自殺を止めようとしていました。自分がFBIの潜入捜査官であることも明かして。
しかし迫りくる足音に怯え、スコッチが胸元の携帯電話ごと自らを撃ちました。赤井から奪った拳銃で。
足音が安室のものだと知っていたら早まらずに済んだのに。この事実を知ったら、安室が精神的に壊れてしまうかも(汗)
だから赤井もあえてこのことを言わずにいるのでしょうか。そりゃ、こんなこと言われたところで、安室も言い訳だと聞き入れんでしょうが。
ただ、所属組織は違うといえどNOC同士手を組んでいられたらと思うと残念。

回想終わり。
安室「そのハイネック…この場でめくりたい衝動に駆られてますが…今は止めておきましょう…」
あ、もうほとんどバレとる( ´_ゝ`)
ハイネックの下は恥ずかしいタトゥーかもしれんぞ。以前園子が言っていた通りだとすると。…いや、あったらあったで変か。沖矢が何人いるんだってなりますわ(笑)
それにしても「めくりたい衝動に駆られる」って…┌(┌^o^)┐ホモォ

蘭があずにゃんがニセモノだって気がついちゃった…。
蘭「私のことエンジェルって呼んだ人ですよね?」
偽梓「あなたはこちら側に踏み込んではダメ…あなたは私の宝物だから…」
偽梓(そう…この世でたったふたつのね…)
…腐ったリンゴおばちゃんはレズでしたか(´・ω・`)←

さて、結局今回の件は羽田浩司の事件やラムとは無関係でした。
コナン視点では成果どころか、安室やベルモットといらん接触をしてしまっただけや…。
ただ、読者視点としては、ばら撒かれていた伏線がほんの少し回収された形ですな。
スコッチが死んでしまった経緯と赤井×安室の因縁の原因。そして蘭がベルモット=二元ミステリーの誘拐犯のことを思い出す。
そりゃ赤井と安室の確執が解決したところで、組織そのもののことは何も分からんとは思いますけど。和解は無理にしても、コナンが仲介役になって一時的にでも共闘できれば理想的ですな。
一方、蘭が組織のことに関わっていくとなると、これは「ポイントオブノーリターン」…つまり後戻りして日常の話ができなくなることを意味します。「名探偵コナン」という漫画が終了する目安になりますな。下準備段階は始めたのかもしれません。なんかベルモットがコナンか蘭を庇って落命しそうな予感…(汗)
ま、まだ当分先でしょうけど。来葉峠の事件から赤井の帰還まで7年を要した漫画ですから(=ω=)ヌフ

次号、あの名探偵が登場!! ラブコメ

「…誰や? やっぱオレやろ、工藤♪」(^◇^)
「いや、オメーなら『あの名探偵』なんていわず『平次』って名前を書くだろ? 工藤新一の過去編じゃねーか?」(-_-*)
「…せ、せやかて工藤!」(◎_◎;)
「ボクのこと…じゃないか…さすがにね。名探偵ってほどじゃないからな」(^^;
「ここは久々に僕の出番でしょうか? イギリス帰りで警視総監を父に持つこの僕が…」
「誰やっけ、お前?」
「にーちゃんはキッドの相手でもしていればいいよ」
「…………」(´・ω・`)
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/22732856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2016-04-20 11:09 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)