体はロボ棋士、頭脳は人工知能

つらつらとちょっと思ったことをエッセー風に。

コンピューターとプロの将棋棋士が対戦する『電王戦』はコンピューターが勝ち越す時代。
そして先日、棋士による対局中の将棋ソフト不正使用疑惑が浮上しました。
この疑惑が浮上する前から、対局中のスマホ持ち込みや外出が禁止されることに。

前置きはさておき、「名探偵コナン」の話ですが…
羽田名人が対局を抜け出し、由美さんを助けに行くエピソード。早めにやっていてよかったですね。
もう数年遅ければ、あの話はやれなくなってしまうところでした(^^;

それにしても…板倉卓を殺害した犯人の動機は、名人級の将棋ソフト開発を巡るトラブルでした。
時代を感じます。今だともうこの動機は使えません(;^_^A

阿笠博士の発明品でできることは、もはや現実でもできるようになってきていますし(;ΦωΦ)
通信機器はもはやスマホで事足りちゃっているんですよね。探偵バッチですら影が薄くなっていますし。
まだ時間はかかるでしょうが、そのうち本当に幼児化の薬が開発されたり、ノアズ・アークのような人工知能が誕生したりするかもしれませんね(◎_◎;)

黒の組織の目的が何かは分かりませんが…。
現実世界でそれが簡単に実現できる世の中になってしまったら…と思わずにはいられません。
[PR]

by konosetu | 2016-10-20 18:54 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/23302489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]