いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

英理、万事休す

名探偵コナン FILE 985「英理、万事休す」

正体隠している場合じゃねぇ(;・`ω´・)



1000話まであと15話。

探偵事務所。
拉致された英理のピンチの続きです。
メッセージアプリ(LINEみたいなもの)から英理のSOS!
しかし英理を名乗る犯人の乱入により攪乱され、どちらが本物による書き込みか分からなくなる小五郎、蘭、コナン。

英理が電話をしない理由は、犯人から隠れながらの連絡だから…と察するコナン。
ならばグループチャットをやめ、誕生日などを訊けばと提案する小五郎ですが、コナンはむしろこのまま犯人とチャットを続けてボロを出させた方が、英理の居場所を特定できるのではと。

どちらが本物の英理か、見分けがつくというコナン。
英理は弁護士だから横書きで書類を作る際、「、」ではなく「,」を使うんですと。
伝家の宝刀「新一兄ちゃんから聞いたんだ」☆(ゝω・)テヘッ
確認すると、以前の英理からのメッセージは全て「,」がついていました。

小五郎は警察に通報、弁護士事務所を見に行かせ、蘭はチャットを続けます。
蘭はわざと「,」をつけて
『どっちが,ホントのお母さんか,わからないよ ・_・;』
などと書き込み。犯人は区別がついていない様子だと安心。
コナン君、グッジョブです。さすが毛利探偵事務所のブレン(ΦωΦ)ウフ

一方、隠れている英理は蘭のメッセージに「,」が付いたことから本物の英理のメッセージに気付いたのだと理解。
この人も知恵が回りますなぁ。
蘭から
『そこから何か見えない? 東都タワーとか,都庁の庁舎とか…』
というメッセージ。

探偵事務所に戻って。
「そんなものに答えたら英理の隠れている場所が分かってしまう」と小五郎。
しかし、「だから英理は答えないだろうけど、犯人なら逆のことを言って攪乱を図ってくるのでは」と読むコナン。
案の定、偽の英理から『都庁ビルは見えるけど東都タワーは見えないわね』と。犯人が逆を言っているなら、東都タワーの見える場所にいると考えられます。

…ラムの特徴のアレかな?
屈強な大男・女のような男・年老いた老人・共通する証言は左右どちらかが義眼
前3つの条件をすべて反対にするってね。

さて、もうすぐ夕方5時。
コナンは英理にすぐ電話するようメッセージを送るよう蘭に指示。珍しく語気を強めて。
…もうちっと冷静になりな、平成のホームズクン(^^;
言われた通り英理が電話してきます。
【050-1234-56××】
残念ながら050から始まるIP電話。

蘭が話しかけようとすると、コナンが蘭の手から携帯を引ったくります。
間もなく探偵事務所の傍の教会の鐘が鳴るから、その鐘の音がそっちまで届いたらスマホを二回爪で叩いて欲しいと指示。分かったら一回叩いて…と。英理はすぐ理解して返事を。
…教会なんて近所にあったんだ。完全に初出の情報ですな(^^;

「英理おばさん、一言も話さなくていいから僕の言うとおりにして!間もなく探偵事務所のそばの教会の鐘が鳴るから…」
―コナン君!?
驚く英理w
「その鐘の音がそっちまで届いたらスマホを二回爪で叩いてくれる?わかったら一回叩いて!」

コナンは教会の鐘が鳴るとスマホのストップウォッチ機能を使用。己の腕時計にはストップウォッチ付いていないの?
【00:02:36】
大体3秒くらい。
音は1秒に約340m進むし、今日は無風。だから英理はここから1km先の東都タワーが見える場所にいる。
なるほどなるほど。コナン君、頭がいい上に機転も利きますね。
…お前のような小学1年生がいるか(´・ω・`)

小五郎らを急かして事務所の階段を下りていくコナン。
コナン君をまるで新一みたいだと思う蘭。久々の新一の背後霊。
バカねぇ。そんなワケあるはずないじゃない。お母さんを助けるのに集中しなきゃ(;ΦωΦ)

妃弁護士事務所では、駆け付けた高木が小五郎に連絡。秘書の栗山さんは気絶させられているだけで命に別状はなし。救急車で病院へ搬送されたと。
小五郎は高木に英理がさらわれた場所に向かっているといいます。
一方、蘭は今向かっているからと英理に呼びかけます。…音が漏れたらマズいと思うよ(汗)

さて廃ビル。
リーダー格の犯人Cが、犯人Bから連絡を受けます。
女弁護士とその娘がメッセージアプリのチャットに参加しなくなったと。
携帯番号がバレたらここの場所が分かってしまうのではと心配するAとB。
しかしCによると、彼らの携帯はSIMカードが抜いてあり、使えるのはIP電話だけ。つまり携帯番号の基地局のアンテナから居場所は特定出来ないのだそうな。
…マジか。今度使わせてもらうわ(ΦωΦ)←コラコラ

英理の携帯のSIMカードを抜いてGPSも切ったため、英理の携帯から場所がバレることもない…と。
やはり敵には頭がキレて用心深い奴が1人はいた方が、話が面白くなりますな。
「聞こえるか、毛利小五郎…」の人とか(Φ_Φ)←ぁ
文明の利器が推理モノを作るのを難しくしている典型例なわけですが。作者もよく勉強されていますわ。

次にCは「娘が『そこから何か見えるか』と聞いたそうだが女弁護士は答えたか?」と。何も答えていないことから、窓の外の見えない密閉空間に閉じこもっている可能性が高いと直感します。

英理のいる部屋に犯人AとBがやってきて、英理の隠れた引き出しを開け始めます。
顔が丸見え状態に! そのとき、英理の腹が鳴り……
BはAが隠れられそうもないところを探しているのを咎め、別の部屋に探しに行くと促します。
腹の音はAのものだと勘違いしたBですが…。第1話の時点で、空腹なのは犯人に見つかるフラグかと思いきや、発見回避要素だったとは(汗)
…ま、小五郎に助け出された後のオチにも使われるような気がしますが(笑)

増上寺。
東京タワー…もとい、東都タワーのお膝元ですかね。そこにやって来たコナン、蘭、小五郎。
息を切らしていますが走ってきたのでしょうか。タクシー使ったんだよね?(^^;

再び蘭から携帯を引ったくったコナンは再び走り出し、英理に音が届いたらまた形態を叩くよう指示。
ベルトからボールを射出し鐘に蹴ってぶつけます。なんかボール射出蹴り(仮称)使用も久々かも。

英理からの爪による返事までの長さは約1秒。
探偵事務所から1kmの範囲、増上寺から340mの距離ということで、分禄町か須単町のどちらかに絞り込みます。が、どっちにも人をさらって連れ込めそうな廃ビルや廃屋はあります。

廃ビル。
犯人Cは、AとBの話から、腹の音が英理のものであると気付き、先ほどの部屋に自らも赴くことに。
英理の姿はすでにありませんでしたが、まだ温かさが残っているため、どこかに移ったと判断。

どこかに移ったのなら、このビルからの景色も教えられてしまっているのでは?
が、Cは冷静。英理が持っている携帯はハッキング済み。個別にチャットしても筒抜け。もしも窓から見える景色をバラしても、今隠れている場所は分かると。
部屋を出て行く犯人達。

英理は同じ部屋の窓際の机の下に潜んでいました。
英理はイチかバチか、窓のブラインドを少し下げ、外の景色を見ると、メッセージを送ります。
(成る程…こっちのメッセージが筒抜けなら…一か八か…お願い、気づいてよ!)
窓のブラインドを少し下げ、外の景色を見ると、メッセージを送る。

増上寺にいるコナン達に英理からメッセージが。

『蟹は,生茹でだけど
お陰で2匹のメカジキが,美味しそう…
今夜は,明るいから外で食べましょうか?』

暗号で締めくくりです。

蟹…カニv(・ω・)v たぶん月の模様のことかな。日本ではウサギですが。「生茹で」はおそらく月の満ち欠け。
メカジキで特徴的なのは長く尖った吻。2匹ですから、たぶん…カニのハサミ部分? これがくっきりと見えているということ。
つまり冬の夕方に月がはっきりと見え、なおかつ建物などで月が遮られていない場所ということでしょう。東の方かな?

例によって小五郎のリアクションがボケています。この非常時に意味もなく場違いな料理の話なんて送ってこないでしょうよ(汗)
小五郎のカッコイイ話と言いますが、ここまでは特にいいところなし。最後の詰めの段階でいい推理を披露するのか。それとも英理救出の際に体を張るのか…。
どちらでしょう。夫婦間でしか分からない、毛利夫婦ならではの要素が絡まると小五郎の魅力が出そうですけど。
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/23575079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2017-01-25 12:00 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)