祝詞と魔女、時々覚悟

うらら迷路帖 七占「祝詞と魔女、時々覚悟」

憧れの人は魔女。



占いの初めに唱える言葉――祝詞を暗記することになった見習いうららの4人。けれど大量にある祝詞を覚えるのは優秀な紺でも厳しいようで、全員が悪戦苦闘してしまいます。十番占なら誰もが通る祝詞暗記の難関を、4人はどうやって乗り越えるのでしょう。
授業で覚えることはまだまだあります。“魔女”は占いや病気治しを行う、いわば西洋のうらら。そんな魔女に、幼いころの小梅は会ったことがあると言います。留学生としてフランスからやってきたマリと過ごした日々の思い出。それは小梅が魔女に憧れ、占いを志すきっかけなのでした。

(公式HPより抜粋)


Aパートはノノがメイン。
亡くなったお母さんの数少ない記憶…。子守歌。
子守歌風にリズムを付けると祝詞を覚えられたノノ。
妹離れできていないお姉ちゃん、ノノの成長ぶりに嬉しいやら寂しいやら(苦笑)

Bパートは小梅がメイン。
憧れの人は幼少の頃に家に滞在していた留学生のお姉さん。
ガチの魔女がいる世界だったんですね(汗)
不本意な形で帰国することになってしまいましたが…。
小梅、一人前になってまた会えるといいですね。
[PR]

by konosetu | 2017-02-17 23:59 | まんがタイムきらら系 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/23657771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]