牧歌的な喜び

結城友奈は勇者である 第七話「牧歌的な喜び」

ヴァカンス。



大赦の手配により、友奈たち勇者部一同は海へ。
海水浴や温泉、豪華な食事を楽しみ、平和な休日を満喫。
そして非常に満ち足りた気持ちで日常生活へと戻っていく。


折り返し、後半に突入ですね。
今回も戦闘は全くなしの日常回。

水着だ! 温泉だ! 料理だ! お泊りだ~~~(ノ*´∀`)ノ
5人ともそれぞれ個性的な楽しみ方。普通の、年頃の女の子達ですね。
特に夏凜がかなり馴染んでいたかと。風といいコンビかもしれません。
とても微笑ましかったです。

しかし一方で、これで本当にすべて解決したのか。不安を漏らす美森。
その不安は的中してしまったようで、再び大赦から送られてくるデバイス。そして新たな精霊。

満開を使用した面々の身体障害は相変わらず残っており、樹に至っては前回に引き続き息遣いなどの声も全く出せず。
(エンディングのキャスト覧にはちゃんと表示あり)
満開を使用すれば一時的なパワーアップだけでなく、精霊が増えて基本スペックも向上。しかしその代償に…なのでしょうね(滝汗)
ともかく、また激しい戦いが再開されるのでしょうねぇ。徐々に日常が蝕まれていく。ある意味ここからがこの作品の肝なのでしょう。
[PR]

by konosetu | 2017-02-23 14:14 | 放送終了後視聴アニメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/23671759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]