いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

ああ……すごいなあ……

NEW GAME!! 第6話「ああ……すごいなあ……」

再びコンペ対決。




キャラクターデザインの仕事も順調に進み、ボツや微調整のチェックも含めて、青葉のデスクに積まれていくプリントの数々。厚い紙束となったプリントを見て、キャラクターデザイナーとして着実に仕事を進めていることへの実感から思わず微笑む青葉。ゆんやはじめと話をしているうちに、ゲーム雑誌などに掲載される宣伝用のイラストであるキービジュアルの話題になり、コウからもメインのキャラクターデザイナーとしてキービジュアルを描くことになると告げられた青葉は、プレッシャーを感じてガタガタと震え出す。

(公式HPより抜粋)


ゲームにせよ、アニメにせよ、キービジュアルはやっぱりユーザーの関心を引くためには重要でしょうね。
映画だとポスターやPVになりますが。
青葉:ぬいぐるみ風のクマが街を闊歩する中に、クマの着ぐるみ姿の主人公が紛れ込んでいる。
コウ:主人公がぬいぐるみ風のクマを襲って切り刻み、クマ達が逃げまどっている。
制作者がユーザーに対してアピールしたい映像・イメージといえば、やはり後者なのでしょう。
着ぐるみをすでに来ている…のでは規定から少し逸れちゃうんですよね(汗) これはこれで好きではありますが。

おー、オープニングテーマが挿入歌として使われましたね。
この演出はイイ!(・∀・)

青葉とコウ、2人が描いたキービジュアルをちゃんと視聴者にも見せるというのが良いですね。
こういうのは見せずにぼかしてご想像にお任せしますって作品多いですし。
職業モノなら仕事内容の具体性が大事なのよね。イラストレーターなのだから絵を描かせないと。
医者が主役なら医療技術を見せるのが必須なのと同じで。

コウは…いい上司ですね。青葉の手柄を横取りするような形になってしまって責任を感じているようで。
しょうがないか。作品がコケたらスポンサー会社だって大打撃なわけですし、売れっ子作家に頼みたいですわな(汗)
青葉がコウの作品を見て泣いてしまったのは、出来の良さに圧倒されてしまったのですね。とても敵わん…と。

今回の件で青葉はとても悔しい思いをしたでしょうが…
この経験が青葉をもっとステップアップさせるといいですね。
コウがただの憧れでなく、目標なのだということが明確になった形。

[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/237564921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2017-08-16 11:43 | まんがタイムきらら系 | Trackback | Comments(0)