魔法少女なんてもういいですから。

魔法少女なんてもういいですから。

水着姿の魔法使い!?



あらすじ
優等生な女子中学生・葉波ゆずかは、かつて侵略者と戦っていた魔法少女のパートナーであった奇妙な小動物・ミトンと遭遇。
ゴミ捨て場で残飯を漁る生活に陥っていたミトンは、普通の人には見えないミトンの存在を視認することができるゆずかに素質を見いだし、魔法少女にならないかと勧誘。
ゆずかはミトンを胡散臭く思いながらも好奇心に抗えず、ミトンから授かった腕輪の力で魔法少女に変身。ところが、ゆずかの魔法少女としてのコスチュームは、肌もあらわな水着であった。


原作はコミック配信サイト「コミック アース・スター」の漫画。
2016年1月から3月まで放送されたアニメ。
1話5分。正確にはOPが45秒で、本編が4分。
DVDをレンタルして視聴。

ある日突然、ミトンという羽の生えた変な生物に魔法少女にされてしまった葉波ゆずか。
…とはいっても、侵略者との戦いが終わった後の世界らしく、戦闘シーンはなく極めて平和な日常モノ。

しかし、馴れ馴れしくセクハラ紛いな言動を繰り返すミトンに頭を悩ませるゆずか。
しかも魔法少女のコスチュームが水着そのもの。恥ずかしがりやなゆずかにはキツイ(汗)
ちょくちょく挿入される変身バンクの作画は、さすがに力入っています(笑)
ゆずかの能力は手から水を作り出して自在に操ること。(既存の水は操れない模様)
ミトンのセクハラに対しては、ゆずかの友人・坂上ちやがフォローしてくれます。
デリカシーのないことをズバズバ言うミトンを、ゆずかやちやがボコったり脅したり~(ΦωΦ)アハハ
彼女達の掛け合いだけでもいいギャグとして楽しめます(笑) 基本良い人達ばかりです。

第2期も放送済みなので、機会があれば見ておきたいと思います。

第1話「…あんた、僕が見えてるのか?」
第2話「はい、水着です。間違いないです」
第3話「ねえ、ゆずかと私は友達よね?」
第4話「魔法少女には定年があってね」
第5話「私は水着に変身するのが嫌です」
第6話「会社勤めとは魔法少女の戦闘よりも過酷な労働なのかい?」
第7話「私のコレクションになるのに」
第8話「魔法少女の…仲間……。」
第9話「魔法少女の必要性はもう無い」
第10話「完璧超人だよね……ペッ!」
第11話「じゃあ、何の為の魔法少女なの?」
第12話「僕は、ゆずかの親友になる」


主なキャスト
葉波ゆずか:藤田茜
ミトン:若井友希
坂上ちや:大森日雅
だいや:田中美海
篠木真冬:伊藤美来
ポチ:西明日香
[PR]

by konosetu | 2017-05-03 19:11 | 放送終了後視聴アニメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/23857802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]