2話連続ほのぼの♪

名探偵コナン 第461話「消えた1ページ」

2話連続で平和な日常ほのぼの話。
今回はオリジナル。

図書室の本『アレックの冒険』の1ページが破られていました。
一方で、米花博物館から借りた大事な『再来石』が盗まれます。
その謎を解くべく、行動を開始する少年探偵団。
内藤司という少年の部屋で、探偵団が見たもの。それは……

大好きだった母親と死別し、友達もいない孤独な司君。
でも、少年探偵団の面々と楽しいひと時を過ごすことができました。
そして、忙しくてあまり構ってもらえなかったお父さんとも仲直りできたようで、心温まるお話でした。
最後は、『再来石』を盗んでしまったことを、正直に先生に告白しました。
ホント、こういうお話もいいものです☆

それにしても、暗号の推理過程で、いろんな駅名が出てきていましたね。
これらの駅名をチェックしてみるのも面白そうですw
[PR]

by konosetu | 2007-01-22 23:56 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/5022343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]