紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

劇場版名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

大学時代の友人と一緒に観てきましたー☆(*>▽<)ノ

ウチから行ける範囲で「コナン」やっている映画館は2箇所。
すいていそうな方を選び、友人と待ち合わせてこの日最初の上映を観に行きました。
ちなみに、友人とは去年の「コナン」映画を一緒に観て以来なので、約1年ぶりの再会。

以下、映画の内容を含みます。



冒頭から吹いたw なにごとだー!?Σ( ̄□ ̄lll)
ルパンと不二子ちゃんです。モロに出ています。そういえば、原作者が「ルパンⅢ世」のファンでしたが……。版権的にいいのか、コレ?
高木&佐藤両刑事に追跡されています。どうやら強盗犯の模様。
それにしても、よく事故らんな……(;´Д`)

話題のリゾート地、神海島(こうみじま)にやってきたコナン一行。
そこは海賊が遺した宝が眠っていると言われていた。
以上、プロローグ。

OPはこれまでとはちょっと違う感じでした。

少年探偵団は宝探しゲームに夢中です。

一方、蘭と園子はダイビングを楽しみます。しかし、海底に沈む遺跡まで来たとき、案の定事件発生。
サメに襲われているトレジャーハンター達に遭遇。
結局、3人のうち1人が死亡してしまいました。
コナンはこの件を殺人事件であると判断。早速調査を開始します。
灰原さん、いい味出しています(*´▽`)にゃはは♪
コナンは「相棒」ですってw

警視庁一行も到着。ここって東京都のようですね。
昨晩の強盗事件との関連を疑っています。
高木刑事、やけに指紋の取り方に詳しいですね……

探偵団は順調に宝探しゲームを進めていきます。
しかしその夜、神海島観光館から2人の女海賊が使っていたと伝えられる展示品が盗難に遭います。
コナンは逃走する犯人達を目撃。例のトレジャーハンター達でした。しかも、その犯人達は別の何者かに狙撃されて負傷しました。
…っと、小五郎のおっちゃん。無銭飲食と自転車泥棒と飲酒運転で
タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!
うおっ!?Σ( ̄□ ̄lll)

警視庁から送られてきたデータを見ると、なんと犯人の1人は国際指名手配されている凶悪犯であるということが判明。
残念ながら悪天候のため本土から応援は呼べません。

翌日。
恒例の阿笠博士のダジャレクイズは、今回は単純でした。
探偵団達は宝探しの続きをします。そして、最後のヒントを発見し終えました。
コナンは民宿の主人を元トレジャーハンターと見抜き、話を聴いてみます。
どうやら宝探しゲームは、本物の宝の地図を元にして作られていた模様。
そして、とうとう地図に隠された謎を解き明かします。

一方、出かけようとしてた蘭達に、凶悪犯2人組が襲い掛かってきます。
蘭は抵抗を試みますが、園子を人質に取られてしまい、しぶしぶ犯人達に従います。
う~ん、なんとか隙を突いて、あるいは隙を作り出してやっつけられないものですかねぇ(^_^;)
海岸まで来るとインストラクターは解放されますが、蘭と園子は、犯人達に船で連れ去られてしまいます。どうやら犯人達は蘭達をサメに対してのオトリに使おうとしている様子。

助けを求めてきたインストラクターの話を聞き、コナンは民宿の主人の漁船で遺跡のある頼親島(よりおやじま)に向かいます。

なんとかサメの群れから遺跡へと逃れた蘭と園子でしたが、再び犯人達に捕まってしまいます。
犯人達が盗んだ刀(カットラス)とピストルは、扉を開ける鍵だったようです。
うまく中に侵入。巨大な海賊船に迎えられます。しかし、他に金目のものはなし。
犯人達は蘭と園子を始末しようとしますが、2人は必死に抗戦。ここは本作の見せ所ですね。
しかし、銃を向けられ2人は窮地に陥ってしまいますが、そこに別口から遺跡に進入してきたコナンの不意打ちボールシュート攻撃に、悪党達はノックアウト。

そして、コナンの後をつけてきていた、トレジャーハンター達の命を狙っていた犯人もその正体を暴かれました。
観光客の使うレンタル自転車にGPSまでつけて謎を解かせようという周到さ。恐れ入ります。って、仕事の合間にコナン達を監視する余裕なんてあったのかな?(^_^;)
ホッとしたのも束の間、遺跡の天井や壁に穴が開き、浸水してきます。
退路を断たれてしまい、閉じ込められてしまった一行は、ひとまず海賊船に乗り込みます。
このままではメタンガスでやられるか、海で溺れるか。
コナンの作戦は、鎖を蹴って天井付近に溜まったメタンガスを爆発させ、海上に出ること。
船が爆発や水圧に耐え切れるのかどうか……

作戦実行。
うまく天井に穴を開けますが、船に浸水してきて溺れそうになるコナン。
博士から受け取っていた酸素ボンベ2つは、蘭と園子らに渡してしまっていたため、自分の分はありません。
そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、蘭だったのでした。

嵐が治まり、急行してきた警視庁メンバーと小五郎は、急浮上してくる巨大な海賊船を目撃。蘭達は無事でした。
ところが、海賊船は崩壊を開始。海の藻屑と消えていったのです。まるで、急に時間が動き出してその反動を受けてしまったかのように……

民宿の主人の推測では、離れ離れになってしまった2人の女海賊、アン・ボニー&メアリー・リードのどちらか(どっちか忘れた)が、再会を願ってこの船を造ったものの、それは果たせずずっと眠っていた。
そして、最初で最後の航海を終え、2人の後を追っていったとのこと。
小五郎は笑い飛ばしていましたが、コナンは会得したようです。

ED
相変わらず作風に合う曲です。結構気に入りました。

エピローグ
これまではオチの色が濃いことが多かったです。しかし、今回はひと味違いました。
先の、蘭がコナンに酸素ボンベを貸して救う場面を際立たせる大事なお話。
それは、蘭と新一が中学時代の夏、雨の日の出来事。
突然の大雨に雨宿りしている蘭。母親と待ち合わせしていたため困り果てていると、新一が傘を貸してくれます。
彼は推理で自分の傘はちゃんと持っていると言いましたが、それは方便でした。結局ずぶ濡れになって風邪を引いてしまった新一。
蘭はそんな彼とコナンを重ね合わせたのでした。
いやはや、ごちそうさまw

評価
これまでの歴代のお気に入りに比べると、やや見劣りしてしまうかな。
なぜでしょう。
そういえば、今回は手の込んだトリック等があまりなかったため、事件の真相究明という要素は薄いという印象を受けました。「銀翼の奇術師」でもそうでしたがね。
どちらかというと、宝探しの謎解きの方がメインでした。でも、こちらもトレジャーハンター一味が先にその謎を解いてしまっていたせいか、ちょっと拍子抜け。
そして、蘭と園子の友情にスポットが当てられていましたが、どうも感情移入しにくかったです。かつての2人の女海賊のように互いに背中を預け合うという、せっかくの見せ場もわりとあっさりと終わってしまいましたし。
園子がほとんど蘭に守られてばかりだったので、もうちょっと彼女にも活躍して欲しかったように思います。この背中合わせのシーンなんか、刀を振り回していただけだったので、連携が欲しかったですねぇ(^_^;)
2人の友情は「瞳の中の暗殺者」や「銀翼の奇術師」の方がうまく描かれていたような気がします。個人的には。
とまぁ、確かに去年よりは落ち着き気味でしたが、それでも、細かいことは抜きにして、今回も大いに楽しませていただきました。やっぱり映画館で観ると、ひと味もふた味も迫力が違いますもの。
友人と1年ぶりに再会するきっかけにもなってくれたわけですしw
劇場版第12弾の製作も決定したようですし、今後の「コナン」にも期待していきたいと思います。

~~~~~
映画を見終わった後、昼食。カツ丼とうどんのセット食べましたw
そして友人と一緒にお買い物。ちょっと調子に乗ってしまったようです(; ̄▽ ̄)アハハ
それにしても、私とその友人の知っている作品、一致しているものが意外と少ないようです。う~ん。

メロンブックスにて
なのはモノ 6冊

アニメイトにて
メガミマガジン 6月号
電撃G’s magazine 6月号
らき☆すた 1巻
らき☆すた 2巻(やっとゲット☆)
ななついろ☆ドロップス(漫画版) 1巻
シャイナ・ダルク 1巻
ルミナスアーク ザ・コンプリートガイド
「魔法先生ネギま!」の秘密!?(なんか目を引いたのでゲットw)
[PR]

by konosetu | 2007-04-30 20:32 | 名探偵コナン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/5509767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]