いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

なのはママ~♪ 88==(ノ*´▽`)ノ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話「Mothers&children」

なのはがママになっちゃいました♪
フェイトちゃんとの間に出来た子どもです(/▽\*)キャッ♪
それでは、テイク・オフです。



朝、目が醒めたなのははヴィヴィオを起こさないようにしつつ制服に着替え、新人達の朝練に向かいます。
その際、ヴィヴィオをフェイトの懐へ……(笑)
a0047568_14115616.jpg

朝練は無事終了。それぞれのセカンドモードも大分馴染んできたようです。
特に、エリオは複雑に変形した過激なものとのこと。
a0047568_1412565.jpg

訓練を終えたなのははフェイトと共に歩くヴィヴィオを発見。
2人と一緒に朝食を食べることに。
a0047568_14121615.jpg

ティアナはスバルと共にデスクワークの最中、ひとり部隊長室に呼び出されます。
その内容は、管理局本局に行くはやてから一緒に来ないかという相談。
将来執務官を目指すための経験を考慮に入れたはやての心遣いで、ティアナもありがたく同行することにします。
a0047568_14123258.jpg

今日はなのはもデスクワーク。
ライトニングは現場調査に向かい、副隊長達はオフシフトで前線でお留守番はなのはとスバルだけ。
a0047568_14124334.jpg

ヴィヴィオは昼間はお部屋でお留守番、ザフィーラや寮母のアイナが見てくれているという毎日とのこと。
a0047568_1412576.jpg

次元空間内 時空管理局本局
次元航行部隊 XV級艦船「クラウディア」

クロノが指揮するクラウディアは、本局に戻って補給と点検中。
指揮を終えたクロノの元に、一緒にはやてと会う予定のヴェロッサがやってきます。

2人は、ヴェロッサが用意したケーキを食べつつレジアスの話。
優秀ではあり、黒い噂は絶えないものの、地上の正義の守護者であるのも事実とのこと。
ことあるごとに衝突する組織間。海としても、陸のことには迂闊に介入は出来ないようです。

はやてとティアナが到着。クロノやヴェロッサと会います。
クロノははやてを心配しますが、機動六課への査察はとりあえず即時査問は回避できたとのこと。
預言に関しては、地上本部が襲われる可能性だけ後輩達には伝えているようです。
a0047568_14132121.jpg

現場調査に向かうヘリの中では、フェイトがエリオとキャロにその危機を説明。
その中で質量兵器の説明や、管理局の成り立ちも話題となります。
質量兵器とは、魔力を使わない物理兵器のこと。
管理局が設立されて150年。さらに、新暦が始まって75年。
管理局はそういった質量兵器の根絶とロストロギアの規制を目指し、比較的クリーンで安全な魔力文化を推奨してきたのです。
そして、ガジェットが出てくるのなら、レリック事件以外でも六課が出陣するとフェイトは説明。
フェイト「本当は、エリオとキャロにはもっと平和で、安全な道に進んで欲しかったんだけど…」
a0047568_14133746.jpg

この間の聖王教会での会談の続き。
大きな問題は地上本部であるとのこと。
レジアスは預言を信用していないため、特別な措置は取っていません。
ミッド地上本部は発言力も大きいため、対策のために表立って主力投入も出来ず、そのために状況が整うまで即時前線で動ける部隊として機動六課が設立されたのである。
政治的なことが絡み、なかなかやり辛そうなクロノ達。
そのことについて、改めてカリムから六課隊長陣に改めてお願い。
なのはとフェイトも、それに全力で取り組むことに。
a0047568_14135726.jpg

それを思い返し、フェイトは決意を新たにします。
a0047568_14141077.jpg

スバルはデスクワークもひと段落。
ちょうどお昼ということで、ヴィヴィオと一緒に食事をとるというなのはに誘われます。
ヴィヴィオは保護者が見つかれば良いが、普通と違うから難しそう。だから当面は保護責任者という形で、なのはが面倒を見ることにします。
しばらくはなのはがママだと聞いたヴィヴィオは、なのはに抱きつき思わず泣き出してしまうのでした。
a0047568_14143110.jpg

クラウディアの応接室では、はやてはクロノと2人で会話。
アースラはもう長期任務には耐えられないということで、来月廃艦処分になることが決定したようです。
思い出いっぱいのアースラの引退を惜しむはやて。
クロノ「十分働いたんだ。もう休ませてやらないとな」

ヴェロッサはティアナと歩きつつ会話。
いろいろな“力”を持つということは同時に孤独になるということ。強い力を持つ者には、重圧や寂しさが付きまとう。
そういうこともあり、はやてとは上司・部下としてだけでなく、人間として、女の子同士として接してあげて欲しい。ヴェロッサのティアナへのお願いです。
a0047568_1415073.jpg

はやてとティアナが帰って、クラウディアの艦橋にはクロノとヴェロッサが2人。
行き急ぎすぎている感じのはやてを心配する2人。当面は秘密行動に向いているという査察官ヴェロッサが色々とはやて達のフォローをするように受け合います。

一方、一緒に食事を取ろうと提案するはやてに、早速親しげに接することを実践するティアナです。
a0047568_14151395.jpg

ミッドチルダ地上 陸士108部隊 隊舎

改めてデータを解析した結果、本局のマリエル技術官は先の戦闘相手、ナンバーズを最新技術で作られた戦闘機人だと考えます。
この解析結果を六課と相談するため、ゲンヤが自ら出向くことに。
ギンガに加えて、スバルに久々に会いたいというマリエルも向かうことになります。
a0047568_14165469.jpg

夜、六課ではなのはとフェイトが改めてヴィヴィオに優しく説明。フェイトも後見人になったということで、なのはだけでなくフェイトもママになったということです。
ヴィヴィオは嬉しそうです(*´▽`)
a0047568_14171385.jpg

スバル、エリオ、キャロは3人で食事中。
なのはとフェイトが親なんて、ヴィヴィオはもの凄い無敵な感じだと言うのがキャロの感想。
しかし、それを言うならエリオとキャロもフェイトの被後見人で、なのはの教え子ではないか、とスバルに突っ込まれます。
キャロにとってフェイトは母親というよりは姉みたいなものとのこと。
エリオにとってはどっちか良く分からないようです。ちょっぴり気まずそうなエリオ。
そんな中、ふと亡くなった母親のことを思慕するスバル。

六課に向かうギンガも、先の解析結果もあって、母親のこと、そして母親が亡くなった事件を思い返します。
ギンガ「母さんを殺した、戦闘機人事件・・・」
a0047568_14173740.jpg


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヴィヴィオ、カワイイよ、ヴィヴィオ♪(*´▽`)
特に序盤の手探りしているところとか、2人のままに喜ぶところとかwww
微笑ましいものですなぁ(*´▽`)

艦船クラウディアの艦長であるクロノ・ハラオウン。
序盤こそ出番が全く無かったクロノですが、流石にここに来てしっかり出番を与えられてきましたね。
残るはもう1人の後見人でありクロノの母親のリンディくらいですが、出番はあるのかどうか……

クラウディアの艦長は流石に様になっていた感じです。
今回は補給に戻っていたようですが、このクラウディアも絡んでくるほどの事態が起こるんでしょうかね、やっぱり。
ミッドの外の次元世界がどこまで関わってくるのやら。

その一方、10年前に大活躍したあのアースラはあと1ヶ月で廃艦とのこと。
これも複線になりそうな気が。こちらもなにやら関わってきたりするんでしょうか。最後にもうひと活躍とかね。安らかに眠りにつくというわけにはいかないかもしれません。というか、いかすなw
馴染みの船だっただけに廃艦は寂しいですが、あれから10年経っているわけですから、もうガタが来た上に旧型。仕方が無いんでしょうねぇ。

時空管理局の本局と地上本部は想像以上に関係が悪いみたいですね。
ミッド地上本部の発言力は相当とのこと、力を持ちすぎているのが問題視されるようなほど。
とはいえ迂闊に手を出せないとは辛いところ、そりゃ地上本部の偉いのがレジアスみたいなタカ派では仕方が無いですか。
とはいえ、レジアスは一応一定の評価は出来る人物みたいですね。
黒い噂とやらは気になりますが、少なくともミッドチルダにおいては頼れる人物ではありそう。あくまで表向きは、ですが。
後輩だという本部長はどこの誰なのか気になりますけど。

ミッド地上本部が陸の部隊に代表されるのは分かりましたが、他の世界にもあるんでしょうかね。主要な世界にならありそうですが。
あったところで規模は大したこと無さそうですけれども。

査察のことはクロノも心配していたみたいですが、案外あっさり終わっていたのでちょっと拍子抜け。
とはいえ、即時査問にはならなかっただけで、まだまだ予断は許さないのかもしれないですけど。
あのオーリスの意図が読めないです。

機動六課の位置付けは微妙なバランスみたいですが、とりあえず緊急事態の状況下での時間稼ぎという感じですかね。
流石に預言内容は機動六課だけでどうにかなる問題では無さそうですし。
でも、裏技駆使して出来る限りの戦力は集中、という理由はしっかり理にかなってます。
あとは、その間に本局と地上本部が手を取り合い、相互協力してくれると良いのですが……


クロノの友人で本局査察官でもあるヴェロッサ・アコース。
ケーキを作って振舞うようなキャラだったとは意外です( ̄▽ ̄;)
魔法でどこかから取り出したのがまたww

レジアスの周辺を色々と調査していたとのことで、オーリスと繋がりがあったりするんでしょうかねぇ?
本局が表立って絡むのは拙いということで、そういうときのための査察官。これがヴェロッサの役回りですか。裏方ですけど、なかなかいい仕事してくれそうです。
まだちょっとばかり胡散臭さが抜け切れませんが、ケーキの件でだいぶそれが和らぎましたよw

はやてのことは本当に妹のように心配しているようですね。
色々な意味での力を持つということは、やっぱり大変なことであるようで。
なのはやフェイトがいるだけでも十分はやては恵まれていると思いますが、そういう人は多いに越したことが無いですから。


ヴィヴィオの保護責任者になることにした高町なのは。
なのはママ誕生です( ̄ー ̄)ニヤリ
アニメが始まる前、始まった後も、まさかなのはまでこういう子供の保護責任者になるとは思わなかったですよ。

序盤からツッコミどころ満載w
やっぱりなの×フェイは同じベッドで寝ているんですね。もう夜な夜なアンナコトヤコンナコトを…(以下自粛 (  ̄Д ̄)=○)´Д):;∴グエッ
そして、ママを求めて手を伸ばすヴィヴィオをフェイトの元へ運んだなのは。やってくれるじゃない( ̄ー ̄)ニヤリ
そんな中でも早朝からの訓練は大変そうですね。その分、フェイトよりも起きる時間は早いようで。
壁の写真には何気にDVDのジャケットやメガマガのピンナップイラストらしいのが飾られていますね。こういう小ネタがまた良しw

昼間はヴィヴィオの面倒は寮母のアイナとザフィーラが見ているとのこと。
SS02のキャスト表で名前だけ出てきたアイナはそんなでしたか。デザインは結構いい感じ。SS02は今回の直後に挿入されるお話なんですよね。
ザフィーラの静かな仕草にはちょっと笑わされました。もっと喋りましょうよ~。

なのは自身も出来るだけヴィヴィオと一緒にいようとしているみたいですね。
昼食も寮で一緒にとって、ヴィヴィオも嬉しそうでした。
その辺り、最初のモノローグも含めて、自分も子ども時代に家の中で孤独を感じていたというのがあるのでしょう。
ひとりぼっちの切なさと
普通と違うことの寂しさ



ヴィヴィオの後見人となったフェイト・T・ハラオウン。
なのはだけではなくフェイトまでママときましたよ。
これで同じベッドで寝るラブラブな2人の間にお子様が出来ました♪( ̄ー ̄)ニヤリ
もっともこちらは今更感もありますが、フェイトはキャロにとって姉みたいな存在なんですね。
エリオとキャロにはもっと平和な道に進んで欲しかったという思いはあるようですが、それでも本人らの意志はしっかり尊重。
エリオのことをどう思っているのかは若干気になるところですw

フェイトから語られた管理局の成り立ちは、なるほど納得のもの。
管理局自体は150年ほど前からあり、そして75年前の新暦の始まりが本局とミッド地上本部を置いた時期ということだったんですね。
三提督もその時期に活躍ということで、黎明期ではあるものの管理局の流れとしては、設立以来大分経ってからのもののようで。

質量兵器は、むしろ物理兵器と言い換えてもいいくらい幅の広い言葉として使われているみたいでした。魔力以外は大方物理と考えても良いくらいかもしれません。我々の世界の武器はすべてこれに部類されるのではないでしょうか。
魔力にしても、悪用すれば質量兵器以上のことが出来そうな気もしますが、資質などの面から悪用できる人間が限られていたり、ちゃんと使えば言っていた通り、クリーンで安全なのは確かでしょうし。
何より非物理破壊設定の存在は大きいですし、こういった組織の武力手段としては絶好なんでしょうね。

預言の内容については、地上本部が危機になるかもしれないことだけを説明しています。
エリオとキャロにはフェイトから説明してましたが、今の所はそれで十分のようですね。
とりあえず、レリックやガジェットのあるところなら、どこにでも出て行かなければならないということなんですね。


ナンバーズを始めとする戦闘機人に思うところがあるナカジマ一家。
母親を戦闘機人に殺されていたとは。
ナンバーズ関わりがあるとすれば、それが最も妥当だとは思っていましたが、本当に関わりがあったとは。
これでナカジマ一家ともストーリーが繋がりましたね。気味が悪いほど過去の事件に関わった者達が集っていきます。
ティアナだけがまだですが、彼女の兄も関わっていたりするのでしょうか。

事件の時期がいつごろなのかはまだはっきりしていませんね。少なくとも4年以上前(空港火災以前)というのは確かですが。
スバルもその殺された理由は知っているようです。だから彼女は人造人間のことに関する知識が豊富だったんですね。
母親はかなりギンガにそっくりでした。
ますますリボルバーナックル使って両腕にはめて突撃、とかいう人には見えません(; ̄ー ̄)
一体どんな戦闘をしていたのか気になって仕方が無いですよw

でも、ギンガとスバルだけでも結構強そうなんですが、そんな両手でリボルバーナックルを扱うほどの人が殉職するような事件。
確かにナンバーズはなのは達とも渡り合えるくらい強かったですが、その力の程が気になります。なのはの重傷事故にも関わっているかもしれませんしね。

戦闘機人とのことですが、エネルギー源は一体どういったものなんでしょう?
魔力では無さそうで、でも一応知られているほどに解析は可能?
まさか普通に食事しているなんてことは……

食事といえば、スバル、エリオ、キャロの3人が食べていたパスタとサラダもすごい量でしたね。
この間はティアナとシャリオもいましたが、今回はこの3人だけであの量を平らげたのでしょうか?(^_^;)
それから気づいたのは、なのはとフェイト、ヴィヴィオの朝食。なのはとヴィヴィオとスバルの昼食。はやてとティアナの昼食。以上のように、お食事に誘い誘われるシーンが多く見受けられました。
やっぱり、お食事というのは大事なコミュニケーションの一種なんですよね。
なのはもフェイトもはやても、昔食事を取るとき寂しい思いをしたことが何度もあったのではないでしょうか。

解析担当のマリエル、「A’s」でちらっと出てきたマリーと同一人物ですよね?
本局第四技術部主任で技術官という肩書き、フルネームはマリエル・アテンザでしたか。
「A’s」ではチョイ役だったのに、StrikerSになってフルネームもらえたわけです。
まるで「A’s」でのランディ&アレックスのオペレーター陣のような扱いです。


最後にまとめ。
戦闘はなかったものの、こういった密度の濃い話は良いですね。しかし、贅沢言うなら訓練シーンも少し見てみたかったです。

ナカジマ家の事情まで関わってきて、もうどんどんスケールが大きくなっていってますよね。
しかし、事件は根幹で繋がっているようです。
さて今後はどういう展開になっていくことやら。

ヴィヴィオは今回も無邪気な子どもでしたが、逆にこの先を考えて怖くなってきます。
聖王の器ではないかとも呼ばれていましたし、実はもの凄い存在かもしれないんですからねぇ。
無邪気なままでいられない悲劇が待っているのかもしれません。今のなのは達との温かい関係が、辛い結末に繋がらないことを祈りたいです。

管理局内部の構造は複雑そうですが、ミッド地上本部が危機になったとしても、それが管理局の崩壊に繋がるのは確かに謎ではあるんですよね。
対立が深いなら、逆に片方崩れたところでどうということも無さそうですし。
果たしてこれは預言の解釈違いか、それとも他に要因があるのか。
まさか、地上本部がトチ狂うなんてこともあったりするのかも。例えば暴走したり乗っ取られたりして管理局が攻撃されて内部から崩壊とか……

デバイスのモード2は今後に期待ですが、やはりキャロとスバルはほとんど見た目の変化が無いようで。
まぁ、スバルはリボルバーナックルを弄るわけにはいかないでしょうからマッハキャリバーのモード2のみでしょうし、変化は難しいですかね。
キャロのケリュケイオンは尚更で、むしろ能力の強化、あるいは変質という感じでしょうか。

アイキャッチはヴィヴィオとママ2人のスリーショット。やっぱりヴィヴィオが可愛すぎます♪
子どもは今この時期が一番カワイイ盛りなんですよね。
もはやこれで一家です。なのは×フェイトカップルの間に出来たお子さんです。もういろいろデキちゃいました (/▽\*)いやん♪
本当に、この幸せが続いて欲しいものです。もし仮にいったん幸せのときが終わるとしても、また取り戻せると思いたいです。
今回と次回の間の話であるSS02が楽しみですw
a0047568_1433125.jpg

次回15話は今回と対になるサブタイトルのようで。
ギンガも訓練に参加、これがメガミマガジンで言っていた機動六課に出向ということですかね。
訓練着を見る限りはライトニング分隊みたいです。
オーリス登場ということは査察関連の報告などもあるかもしれず、スカリエッティやナンバーズも登場ということで期待です。
戦闘がなさそうなのは残念ですが、これでDVD5巻の範囲が終わって一区切りです。16話からは怒涛の展開となっていくのでしょう。

次回「Sisters&Daughters」
に、テイク・オフ!


ttp://www.veoh.com/videos/v733465yaKh8nKh?searchId=8668453302364408897&rank=31
[PR]
トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/5837862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 藍麦のああなんだかなぁ at 2007-07-07 22:15
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS「Mothers&..
魔法少女リリカルなのはStrikerS「Mothers&children」です。 今週からOPが「MASSIVE WONDERS」に変わるのかなと期待していたのですが、残念まだでした。 「SECRET AMBITION」は結構早くからガンガン流れていたのですが、今回はまだ未聴です。どんな感じでしょう? ...... more
Tracked from ぶろーくん・こんぱす at 2007-07-07 22:54
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十四話
 なのは、フェイト、ヴィヴィオで親子三人川の字。なのははやっぱりパパポジション。... more
Tracked from CrossChannel.. at 2007-07-08 05:19
タイトル : 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話「Mot..
親子3人で川の字のベッドだが、壁のピンナップが自分たちの版権イラストってどうなの? なのはママにフェイトママか。なのははパパだと思ったんだが。 こんな擬似親子関係の進展があったが、エリオとキャロにとってもフェイトはそんな関係だったし、そのフェイトにしてもリンディがそうだった。 ナカジマ家はギンガとスバルの母を失っている模様で、これからフィーチャーされる回でもあるのだろう。 擬似家族、真の家族それぞれの関係が交差しながら進む想定なのかもしれないが、キャラが多くなりすぎて掘り下げも効かずに、弱い...... more
Commented by nanajigo at 2007-07-11 00:55 x
ヴィヴィオが可愛すぎますね^^
ほんとになのはとフェイトの子供みたいですw
この幸せはずっと続いてほしいですが、そうはいかないんでしょうねw
ヴィヴィオがラスボスにならないことを祈ってるんですが・・・
なのはとヴィヴィオが対峙するとこなんて見たくないです(^^;
Commented by konosetu at 2007-07-12 23:47
>nanajigoさん
幸せが続くにこしたことはないのですが、終わったら終わったで、また新たな幸せを掴んで欲しいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2007-07-07 11:39 | 魔法少女リリカルなのは | Trackback(3) | Comments(2)