劇場版コナンの評価

先日観にいった
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)

いけやんのレビュー

今回はこの作品についての評価について軽く分析を。
情報源:映画「名探偵コナン 戦慄の楽譜」 興味津々な日々
こんなのがTBされていたので、ここからいろんな方々のご意見・感想を拝見。

コナンをいつも熱心に観ている長年のファンから、漫画やアニメも含めてまったく観るのは初めてという人までいろいろです。
今回の作品に関しての評価は7割くらいが肯定的・絶賛で、残りが否定的・酷評、といった感じでした。
例えば、犯人の動機。動機が薄くて犯罪に結びつかないと言う人もいれば、子どもには理解しがたいが凝っていて十分筋が通っているという意見も。
アクションや迫力不足だとする人もいれば、アクションは少なくともクラシックパートが素敵だったからよかったとする人も。
また作品全体の評価も、ストーリーに穴があったりこじつけすぎで非現実的だったりで子ども騙しだと言う人もいれば、小さな子どもには理解しにくいものの洗練されているから中高生以上が対象の大人向けの作品なのではと評する人もいました。




結局どっちなんだ!? と思ってしまいます。
意見が分かれるのは、個人の主観が評価・感想・意見に含まれているから無理もないことです。個人の思想・信条・経験・置かれた環境などは千差万別で、またいくらでも変化するものです。
だから、どんな感想や意見が出ても間違いではないし、どちらも正しいのでしょう。そもそもこれが正解と言う模範的な感想なんてものはないし、あるべきでもないと思います。

ここからはいけやんの独り言です。
随筆って言うんでしょうかね(^^;

以上のことを踏まえて私が言いたいのは、こういうことを果たしてどれくらいの人が真に理解できているのかということです。
よく作品を酷評しているのをネット上でもよく見かけます。評価するのは自由ですし、個人的に受け付けないものなのなら気に入らないと発言する権利だってあります。
しかし、そのときはちゃんと言葉遣いに気を配っているでしょうか。あまりに言葉を選ばずボロカスに作品の悪口を述べるのはいただけません。それは、作品が好きな人、作品に肯定的な意見を述べた人の人格を否定し傷つける行為です。

そして、物事を多面的に見られているかということも問題であると思います。
1つの物事だけ見ても、いろんな見方・考え方があることがよく分かります。
自分の考え方以外を排除するというやり方は、避けるべきであると思います。
どんなものでもいいところと悪いところがあるものです。どうしても悪いところに目が行きがちですが、できる限りいいところを見つけるようにした方がいいでしょう。
どうせ時間とお金をかけて映画を観るなら楽しんだ者勝ちです。そのためにもいいところを見つけていきましょう。たとえ問題点を見つけても、「なんでやねん」と突っ込んで笑い飛ばすくらいの気兼ねでいきましょう。「違う意味」で楽しむのも大いにありだと思いますから。
そしてこれは、芸術作品に限らず、人が相手でも同じだと思います。
[PR]

by konosetu | 2008-05-09 17:14 | 名探偵コナン | Trackback(2) | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/7091688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from イロイロ興味のあるお年頃 at 2008-05-12 17:34
タイトル : 名探偵コナン 戦慄の楽譜
少年探偵が活躍する人気アニメ・シリーズの最新作。クラシック音楽家が次々と殺される難事件に挑むコナンの名推理を、「アヴェ・マリア」などの名曲にのせて描いていく。... more
Tracked from Sweetパラダイス at 2008-05-12 23:33
タイトル : 名探偵コナン「旋律の楽譜」
今回は、クラシック音楽界を舞台とした難事件!!堂本音楽アカデミーで練習中だったプロの音楽家3人がレッスン室に仕掛けられた爆弾の爆発に巻き込まれ2人が死亡、1人が重傷を負う事件が発生!!3人ともアカデミー出身で、現在活躍中の有名な音楽家だった。しかもその...... more