友の笑顔を守るため

仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」

あくまで守ろうとする士の真意とは…



危うくディエンドの攻撃を受けそうになった士はユウスケに助けられます。
ホッとしたのも束の間、ショウイチを狙うバッファローロードが出現。強力な攻撃を仕掛けてきます。それでもショウイチを庇おうとする士。
この場では難を逃れますが、士はなおもショウイチを守ると宣言。しかし、ショウイチはこれを拒否し、士を超能力で倒してしまいます。

ユウスケらはアンノウンの出現を八代に報告。八代もこの存在を把握しており、すでにその対抗策も講じているといいます。
大樹はその対抗策であるG4チップを八大から強奪。大樹の狙いは最初からそこにあったようです。
ユウスケは大樹からチップを取り戻そうと揉み合いになりますが、チップが落ちたのを八代が銃撃して破壊。どうやらチップは八代が本当に大切なものを守るための道具に過ぎないようです。

再びショウイチの前に現れた士は、ショウイチが死ねば八代が悲しむからだと、正一を守ろうとする理由を説明します。そして八代が悲しむということはユウスケもまた悲しむということ…。それは士なりの友情だったのです。
そんな事情を夏海から聞かされたユウスケはG3-Xを装着、アンノウンから逃れようとするショウイチ、士のもとへと急行します。

かつて八代と組んでG3システムの完成を間近にしていたショウイチ。しかし、その頃からギルスの力が覚醒し始めるようになりました。そしてアンノウンにも襲われる様になり、その脅威に八代を巻き込まないようにするため自ら八代の前から姿を消したのでした。

そんな話をしている間にも、再びアンノウンが出現。ショウイチはギルスに変身し何とか逃げようとします。
そこにG3-Xを装着したユウスケが到着。ギルスに八代がすべてを知っていたこと、そのためにG4チップを開発していたことを告げます。八代もまた、ショウイチを守ろうとしていたのです。その話にギルスの変身を解くショウイチ。
しかし、アントロードの軍団が容赦なく攻めてきます。そこにG4チップより価値あるものがあると聞きつけたディエンドが登場。ブレイドを召喚すると、ファイナルアタックライドでアントロードを壊滅させます。
しかし、今度はバッファローロードが出現。愚かな人間は進化すべきでないと言ってきます。

そんなバッファローロードに反発し、士はディケイドに、そしてショウイチはアギトに変身。G3-Xと3人で残りのアンノウンに立ち向かっていきます。
まずはアギトがライダーキックでクイーンアントロードを撃破。
そしてディケイドはアギトをトルネイダースライダーに変形させると、G3-Xとともに飛び乗りバッファローロードを撃破します。

士とユウスケは、ショウイチは警視庁に連れて行き八代と引き合わせます。アギトの変身する能力に目覚めたショウイチにG3システムは必要ありません。ユウスケはショウイチと八代の幸せを祈りつつ、士達との旅を再開することを決意します。

また元通りのメンバーに戻った士の一行。そんな彼らの耳にデンライナーの警笛の音が鳴り響きます。現れたのは電王の世界…。


今回は特に戦闘が燃えましたよ~。特にトルネイダースライダーにディケイドとG3-Xが乗る場面。
正史の「アギト」でもアギトとG3-Xがトルネイダースライダーにともに乗ってアンノウンを撃破するシーンがありましたからね。あれを彷彿とさせられました。

それにしても、士がショウイチを守る理由というのがユウスケのためだったとは…。友情なんていうものには無頓着そうだった士にしてはなんとも意外な。
さらにユウスケは八代に、八代はショウイチに、ショウイチは八代にそれぞれ想いを馳せていたんですよねぇ。タネが明らかになれば人間関係はそれほど複雑ではないのですが、実に巧みな心情描写だったと思います。一見バラバラですが、きちんと繋がっているところがいいですね。相手を思いやる気持ちこそが今回の物語のキーワードだったようです。よく2話だけに圧縮できたものだと感心しますよ。

次回は電王の世界。劇場版公開に合わせてきましたね。士やユウスケもイマジンに憑依されるなどしてカオスな展開が待っていそうですww
[PR]

by konosetu | 2009-04-19 09:10 | カブト/電王/キバ/ディケイド | Trackback(6) | Comments(4)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/8191036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 地下室で手記 at 2009-04-19 10:48
タイトル : 今日のディケイド 第13話
「覚醒 魂のトルネード」今回でアギト編がおしまいでしたが、今までの世界の中でアギトの世界が一番面白かったですね。グロンギよりも強いアンノウンが出現して自分を襲うようになったために、八代姐さんを危ない目に遇わせたくないという理由で逃げていたショウイチ。シ...... more
Tracked from 深・翠蛇の沼 at 2009-04-19 14:40
タイトル : 仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」
生身で攻撃を受けそうになった士はユウスケに助けられる 大樹は、士を狙うつもりではなかったらしいが…… バッファローロード 「人はただ、人であればよいのだ」 ... more
Tracked from たらればブログ at 2009-04-19 16:00
タイトル : 仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」
 士のピンチを救ったのはユウスケくんでした。海東はワザと士を狙ったんじゃないよ~~とシレッとしてます。  G3-Xのモニターを通して八代はショウイチの存在に気付きました。そっちに意識が傾いてるのは分かるけども、見たことの無いライダーの方にも気付いて欲しかったな。それも「海東さん」って呼ばれてんだよ?  この世界での海東の探し物は「G4チップ」でした。ショウイチのロッカーに隠してあったものを見つけた海東は持ち逃げしようとしますが、ユウスケに邪魔をされた挙句に八代に破壊されてしまいました。 ...... more
Tracked from OPUS MAGNUM at 2009-04-19 18:00
タイトル : 仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」
今回は第13話「覚醒 魂のトルネード」。 ストーリーは仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」で! はい、アギトの世界2話目です。 前回、バックルを奪われ変身を解除され危うい門矢士。 このままやられてしまうのか?! と思いましたが、あっさり攻撃を避けられました。 ま、そんなものですね…。 しかし、それでも芦河ショウイチを守ろうとする門矢士。 その理由は? その理由は、芦河ショウイチこそが八代の大切な人だから。 芦河ショウイチを守れば八代が悲しまない。 八代の笑顔を守る理由...... more
Tracked from Sweetパラダイス at 2009-04-19 18:25
タイトル : 仮面ライダーディケイド#13
次回から電王の世界だ!!わ〜いわ〜いうふふふ楽しみだな〜♪本編の感想よりもう次回のことでウキウキルンルンさコハナちゃん出るみたいだね〜イマジンにも会えるかな〜電王だけ3話ぐらいしようよユウスケが士に体当たりしてセーフ海東の狙いはG4チップだつたのかユウ...... more
Tracked from Hybrid-Hills at 2009-04-21 23:32
タイトル : 仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」
仮面ライダーディケイド 第13話「覚醒 魂のトルネード」... more
Commented by ZEROの使い魔 at 2009-04-19 10:37 x
しかし浮浪者みたいな翔一;;
Commented by konosetu at 2009-04-19 21:07
>ZEROの使い魔さん
確かに(^^;
せめて髭がなければもう少し若く見えたのに。正史とのギャップが激しすぎますよね。
Commented by あいあむウィーゼル at 2009-04-20 09:55 x
いやはや、朝起きるのは結構ツライもんですねえ。

何はともあれ、士がショウイチを守ろうとする理由はユウスケのためでもあったんですね。なんて言うかその・・・不器用、です。

ギルスというのは元々、「仮面ライダーになれなかった者」の事。いわば「不完全なアギト」なわけです。
G3の開発に関わっていたからか、それとも元々何らかの素質があったからか、ショウイチがギルスに覚醒し、そしてアギトとなった。
これ見ているとギルスとは「アギトになりかけている者」に思えます。でもエクシードギルスはいわば「不完全なアギトであるギルスの完成形」なんですよね。なんか変だなーって。(わけわかんない文章になっちゃってごめんなさい)

何はともあれ、次回はついに「電王」の世界。しかし、大樹の次の狙いはデンライナーその物!?てっきり、電王のベルトかゼロノスのベルトだと思ってたんですけどね。

CMでも紹介されている「ファイナルフォームライドシリーズ」の発売順から、電王の世界の次は「響鬼」らしいです。そして最後は「カブト」。
でもカブトの世界が終わる20話以降、どういう展開になるんでしょうね。
Commented by konosetu at 2009-04-20 22:17
>あいあむウィーゼルさん
私もmixiの情報で電王の次の世界は響鬼→カブトであると聞いていました。
噂どおり30話までだとすると、残り10話の展開が気になるところですね。
とりあえず、電王編を楽しみに待っていましょう。