漆黒の追跡者(チェイサー)

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)
a0047568_16413177.jpg

またまた1年ぶりに会った友人と観に行きました。朝一だったので空いていましたよ~。
今回は因縁の黒の組織が絡んでくる大波乱のサスペンス!
以下、ネタバレを含みます。(犯人までは書いていませんが…)



あらすじです。感想・評価は「◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇」へ。

七夕が近くなった満月の夜。コナンはジンに襲われる不吉な夢を見ます。

翌早朝、コナンは少年探偵団とともに米花の森へ昆虫採集に来ました。
そんなとき、光彦と歩美がコンビに弁当に使われているテープが張られたカブトムシを発見。
そのときは単なるイタズラだと思い、阿笠博士にはがしてもらいましたが…。

その頃、神奈川県で車に細工をした殺人事件が発生。被害者は「七夕、きょう…」と言い残し、息を引き取ります。その傍には1つの麻雀牌が落ちていました。
最近関東広域で麻雀牌が絡んでいる連続殺人が多発していましたが、これで6件目。

2日後、小五郎も招いて警視庁と各県警の合同捜査会議が開かれました。全部の事件に共通することは、全事件で麻雀牌が1つ残され、被害者の所持品が1つ持ち去られていたことでした。動機はまったく不明。しかし麻雀牌の目印のパターンから、さらなる被害者が出ることが予想されました。

捜査に全力を挙げるということで会議は終了。御馴染みの警察官らが外で待っていたコナンと蘭の前に姿を現しましたが、全員いつもと違う様子を見せました。
そこに「七つの子」を口ずさみながらトイレから戻ってきました。メガネをかけた刑事が携帯電話を使っていた音だと聞いたコナンは、急いで追跡。怪しい人物がジンの車に乗って去っていくのを目撃しました。
今回の事件に黒の組織が絡んでいると知ったコナンは、積極的に調査に乗り出すことに。だがその夜、警視庁のパソコンでコナンのことを調べる謎の人物が…。

3日後の7月6日に捜査が進展。以前第1の被害者を1年前に刺した深瀬が米花ショッピングモールに現れそうだとの情報が。ショッピングモールに急行する刑事達。それを見かけたコナンがさらに様子を遠くから窺います。
刑事達に気づいた深瀬は近くにいたOLを人質に。コナンはシュートを放ち、深瀬をノックアウトします。しかし今度は深瀬の恋人が目暮警部を傷つけます。幸いにもそれは大事には至りませんでした。

一方、モールの地下駐車場で人質になったOLをつけていたコナン。OLに化けていたのはベルモット。彼女によると、一連の事件の被害者の中に組織のNOC(ノック)、すなわち工作員が含まれていて、連続殺人犯が持ち去った所持品の中に、組織の極秘データ入りのメモリーカードが入っていたのです。そして組織は警察より早く犯人を押さえ、メモリーカードを取り戻すため、捜査情報を知ることができる捜査官に組織のメンバーを変装させ、警察に潜入させたのです。その人物のコードネームはアイリッシュ。果たしてアイリッシュが変装したのは誰なのか…?

その頃、警視庁に連続殺人事件の犯人に心当たりがあるという電話が入り、佐藤と高木が電話の主の家に向かいます。が、その2人をキャンティとコルンが足止め。
その隙に先回りしたジン達でしたが、電話の主はすでに犯人に連れ去られた後でした。

その夜、哀はこれ以上捜査をするのは危険だとコナンを止めようとしますが、逆にコナンは連続殺人犯を捕まえメモリーカードを手に入れることで組織を倒すことができると諭します。

その頃、アイリッシュが帝丹高校と帝丹小学校に忍び込み、新一とコナンに関するものを盗み出します。そして指紋照合をし、新一とコナンが同一人物であることを突き止めてしまいます。そのとき、ジンから電話がかかってきて…。

そして7月7日。
早朝、神奈川県で電話の主が7人目の犠牲者となって発見されてしまいます。またしても麻雀牌が見つかりますが、今度はいつもと少し様子が違います。

そして自分の正体が組織に気づかれたことを察したコナンは、ダイイングメッセージの謎を解くため平次の力を借りることに。
平次と和葉の会話を聴いているうちに、2年前の七夕の日、ある京都のホテル火災で宿泊客が亡くなったことを知ります。その1人が本上ななこという女性。そのななこの住所を突き止めたコナンがアパートまで行くと、そこには「水谷浩介、本上ななこ」という表札が。水谷は留守でしたが、隣人の沢村から話を聞くことをできました。
ホテル火災の日、水谷は友達に会いに行っていて難を逃れたのですが、それをひどく後悔していたといいます。さらに水谷は今、ななこの三回忌に行っているのではと言われ、コナンはななこの兄・本上和樹の連絡先を教えてもらいます。
そこに平次から連絡が。連続殺人事件の被害者全員に共通点があることが明らかに。それはあのホテル火災のときの避難の際、エレベーターに乗り合わせた人物達だったのです。しかも水谷が1年前にそのことを調べに来ていたようです。

コナンは次にななこの兄・和樹に会いに行きます。水谷は朝、花束を置いてすぐに帰ったようです。そして過去の法事の際に7人から匿名の花が届いていたことも判明。さらに和樹は水谷が「許せない者が8人。まだ1人残っている」と言っていたとも教えてくれます。

コナンはさらに調査を進めていくうちに、被害者が殺されていた現場が北斗七星を形どっていたことに気づきます。さらには麻雀牌のギリシャ文字の意味も。
そうして次の犯行現場を推理すると、それが東都タワーであることが判明。現場に急行するコナン。それに少し遅れて警察も真相に近づいていきます。
そんなとき、テレビでコナンの姿を目撃した園子が蘭に連絡。蘭までもがタワーに来てしまいます。

一方、少年探偵団の元太、光彦、歩美は、またしてもテープを張られたカブトムシを発見。これが助けを呼ぶメッセージであると気づいた3人は、米花の森へ。そこで建物の中に怪しげな人影を発見。阿笠博士や哀と合流。博士が佐藤、高木両刑事に通報します。佐藤らは他の刑事らとともにタワーに向かっていましたが、博士のいる森の方へと急行。

コナンはタワー内で水谷と対峙。水谷は夜空を眺めながら愛するななこを失った悲しみに耽っていました。そして8人目の犠牲者として自殺し、すべての罪を被るつもりだろうとコナンに指摘されます。
そのとき真犯人が姿を現します。真犯人はななこが死んだ原因を作った8人がどうしても許せない様子。逆上し、コナンに襲い掛かろうとしますが、そこに1人のある警察官が銃撃してきます。その警察官がアイリッシュであると気づいたコナンは麻酔銃を発射。しかし外れて水谷に当たってしまいます。真犯人もアイリッシュによってノックアウト。コナンは今度はアイリッシュと対峙します。

アイリッシュはコナンの正体を別のメンバーに報告していませんでした。アイリッシュは親のように慕っていたピスコを殺したジンを恨んでおり、コナンをボスの所まで連れて行き手柄を上げることでジンを失脚させようと目論んでいました。
アイリッシュに強襲されるコナン。そこに蘭がやってきます。蘭VSアイリッシュ。蘭は持ち前の運動神経で一時はアイリッシュを翻弄しますが、結局敗れてしまいます。そこにコナンが新一の声でストップをかけます。蘭はそのまま気を失い、再びコナンとアイリッシュの対決が再開されます。

戦いは一進一退の攻防。しかし、結局コナンが追い込まれてしまいます。
そこにジン達が乗ったヘリコプターが来て、メモリーカードごとアイリッシュを狙撃。アイリッシュはコナンを庇いつつ息絶えました。
ヘリからの銃撃に逃げ惑うコナン。とうとう屋上まで追い詰められそうになったとき、コナンに名案が。落ちていたヘルメットと伸縮サスペンダーを使い、ヘリを撃墜。見事ジン達を撃退しました。

後日。結局ヘリからは遺体は発見されず。ジン達はうまく脱出したようです。
コナンはアイリッシュの言葉を思い出し、組織を追い続けることを改めて誓うのでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は…劇場版コナンではかなり燃える展開を見られたと思います。かなり高評価をあげたいと思いました。最近のは悪くはないけど微妙な作品が続いていましたから。
いつもどおりの事件のサスペンスに加え、黒の組織より早く事件を解決しなくてはならないという条件が加わることで、よりスリリングな展開になりました。
事件自体もトリックはなかったものの、麻雀牌の謎や殺害場所の謎などが散りばめられ、程よいサスペンスになっていました。また、事件の犯人だけでなく、アイリッシュが誰に化けているのかも焦点になり、あちこちに謎がたくさんあって一瞬たりとも見逃せない展開が続きました。

何気に今回は警察官のメンバーが大勢活躍。劇場版初登場の刑事も何人か登場。横溝兄や山村は劇場版は初登場なんですよね。アニメでは一度しか出ていない大和まで出ていました。完全初登場の刑事もいましたね。何気に山村刑事が警部に昇進しているのが驚きましたw
その中でも特に佐藤刑事が黒の組織の存在に薄々気づいたりして鋭かったです。

あまり目立ちませんでしたが、少年探偵団も重要な役割を見せてくれました。また「天国へのカウントダウン」のときみたいな活躍も見てみたいですがね。

劇場版ではほぼ恒例といえる新一と蘭の恋物語は今回ほとんどありませんでした。それでも蘭の見せ場はちゃんと用意されていてメインヒロインとしての役割は何とか果たせたのではないでしょうか。仮にもプロの殺し屋のアイリッシュとあそこまで健闘したのですからね。拳銃避けられるか、普通(^^;

今回の映画は随所に原作やテレビアニメでの話を理解しているとより楽しめる要素が見られました。これも評価を高くできる要因の1つです。
例えばピスコがジンに殺される話、松本警視の娘(蘭の恩師)の話、高校の学園祭での事件、かつてライフルの銃撃を避けた京極の話など、原作やアニメを熟知しているコアなファンならなるほどと思えるような作りになっていました。どれくらいの人がそれらを覚えているのかは分かりませんがね(^^;

ビートルズネタはちょっと笑いましたよ。今、テレビアニメ版ではそれができない分、映画でってことなんでしょうか…?

ちなみに端役でしたが水樹奈々さんも出演されていたようで。その場面になったときは小躍りしましたよ。

話題のゲスト声優さんは…まぁ、ぶっちゃけ水谷の役。この人だと分かるちょっと癖のある声でした。ご愛嬌ということで(^^;

ちなみに、mixiによると、NOCの正体は代議士秘書の岡倉政明だったようで…。どの人だったのか分からなかったので助かります。

倉木麻衣さんのEDも作品の雰囲気に合っていてよかったです。

最後に。早くも劇場版第14弾制作決定!
また来年も見に行きたいです。
[PR]

by konosetu | 2009-04-26 21:30 | 名探偵コナン | Trackback(8) | Comments(0)

トラックバックURL : http://konosetu1.exblog.jp/tb/8217250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Sweetパラダイス at 2009-04-27 14:04
タイトル : 名探偵コナン「漆黒の追跡者(チェイサー)
昨日観た【名探偵コナン「漆黒の追跡者(チェイサー)】今年もコナン観て来ました〜東京を中心に発生した6件の広域連続殺人事件。目暮警部ほか、各県の刑事たちに加え、小五郎も捜査会議に参加する。ふとしたきっかけからコナンは、会議を抜けた一人の刑事がスポーツカー...... more
Tracked from たいむのひとりごと at 2009-04-27 20:22
タイトル : 劇場版「名探偵コナン・漆黒の追跡者(チェイサー)」みた。
祝☆第14弾制作決定!だそうだ(^^)。告知の背景が荒海だから、久々に海モノかな?それはともかく、第13作目となった「黒の追跡者(チェイサー)」。個人的な感想としては、荒唐無稽さが控え目な点をまず評価... more
Tracked from SOARのパストラーレ♪ at 2009-04-27 21:38
タイトル : 『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』・・・あの戦..
この週末は実に3週間ぶりの映画鑑賞ということで、私にしては珍しく3本を予定。まずは名探偵コナンの劇場版第13作。... more
Tracked from 酒井徹の日々改善 at 2009-04-30 21:54
タイトル : 名探偵コナン『漆黒の追跡者』を見て
■「どうせ死刑」発言がえぐり出した真実 『名探偵コナン』映画第13作・ 『漆黒の追跡者』のあるシーンに、 筆者は非常な衝撃を受けた。 今まで『名探偵コナン』という作品が、 決して触れることのなかった センシティブな問題に切り込むセリフがあったからだ。 「どうせ僕は死刑だから……」。 これは、 本作の中で自首を勧める 主人公・コナンに対し、 「犯人」がつぶやいた言葉である。 この発言は、 『名探偵コナン』という作品史上、 ちょっとした事件だったと筆者は思う。 コナン...... more
Tracked from よしなしごと at 2009-05-25 01:50
タイトル : 映画:名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)
 劇場版名探偵コナンを劇場で観るのは今年で4回目。アニメ作品はレイトショーではやっていないことが多いので、無料で観られるポイントをためて会社を5時ダッシュしないと観られないので、つらいです。というわけで、名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)を観てきました。... more
Tracked from HAPPYMANIA at 2009-08-31 03:04
タイトル : 名探偵コナン漆黒の追跡者 <ネタバレあり>
   予告編で 例の組織に コナン=工藤新一ってバレて コナンに係わりのある人間が全て殺される って何度も流れてたもんで そういう話かと思ってた。 で、本編始まって直ぐにいきなりこのシーンで へ 思ったら夢やないか〜〜い結局は いつもと一緒で 全くコナ...... more
Tracked from 単館系 at 2009-12-06 00:50
タイトル : 名探偵コナン 漆黒の追跡者〈チェイサー〉
名探偵コナン映画13弾 13年もやっているのにもかかわらず相変わらずのクォリティである。 キャッチコピーに、「今年のコナンは一味違う」、とるがどこら辺が?という部分を少々 この名探偵コナンの誕生はぎ..... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2010-05-09 11:49
タイトル : 名探偵コナン 漆黒の追跡者(感想158作目)
漆黒の追跡者は地上波で鑑賞したけど 結論はアクションは良しも犯人が簡単過ぎだ... more