<   2006年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

帰りは定番の買い物

本日手に入れたもの
学校購買部
CD
灼眼のシャナ オリジナル・サウンドトラック
Hyper Yocomix2 石田燿子

メロンブックスにて同人誌
ハルヒモノ 3冊

アニメイトにて
メガミマガジン 11月号 (表紙は神楽坂明日菜。リリカル漫画連載開始!)
World’s end~Fairiy’s diary~ (第2巻。遂にシリーズ完結)


Hyper Yocomix2
知っている曲は2曲だけなんですがね。
「ETERNAL BLAZE」「ハッピー☆マテリアル」。
あと、ついでにちょっと聴いたことのある「聖少女領域」。
聴きました。
うほっ!Σ( ̄Д ̄;)
こいつはすごい。オリジナルとはまた別の迫力がありますね。
イカス~(´▽`)/
他の曲はおいおい鑑賞していきます。きっとオリジナルも聴きたくなってくることでしょうw

~~~~~
ウルトラマンメビウスでベロクロンが出ましたw ミサイルは大迫力でした。
あ、なんと次回はゼットン。しかもメビウスが……!?
[PR]

by konosetu | 2006-09-30 22:27 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(0)

「技のデパート」さん

本日は私の出身大学で、元力士の舞の海秀平さんの講座を聴いてきました。
演題は「決してあきらめない」。
楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。

当時、氏の出身地である青森県では相撲が盛んで、学校には必ずといってもいいほど土俵があったらしいです。
部活動でも相撲部に所属し、中学高校では厳しい稽古の毎日。音を上げるようなら、ボコボコにしごかれたといいます。やめようと思っても、しごきが怖くてやめられない環境だったらしいです。
土俵が壊れてしまったらいいのに、顧問の先生が死んでくれないかなぁ、などと考えてしまうほどだったらしいです。
しかし、厳しい修行の毎日に次第に実力がついていき、楽しさを感じるようになったらしいです。
日大相撲部で活躍。一時は山形県の高校教師に内定していたのですが、大相撲入りもやってみたいと思うようになってきたといいます。
迷っていた中で、後輩が亡くなるというショッキングな出来事が。それをきっかけに、悔いのない
人生にするために周囲の反対を押し切って大相撲入りを決意。

しかし、前途多難。身長が低かったために新弟子検査に合格できず。師匠である親方からも冷たい態度をとられてしまいます。実はその態度も親方さんなりの気配りだったのですが。厳しい相撲の世界でやっていけないだろうと、あえて突き放したらしいです。
そして有名なシリコンのお話が出てきます。相当大変な手術だったらしいです。手術後も頭は痛むわ、顔がつりあがってしまうわで苦労したらしいです。
次の新弟子検査では、何とか合格。親方にも喜んでくれたようです。シリコンを入れてまでがんばろうとする態度に感激したらしいです。
その後、割とすぐにシリコンは取り除いたとのこと。
1990年5月に大相撲出羽海部屋入門。1991年9月に幕内入り。

氏は小柄だったためにパワーは大きな力士に及びません。
曙と稽古したときは張り手一発で吹っ飛ばされてしまっていたらしいです。
本来なら押す力を鍛えるところなのですが、親方の理解もあり、猫だましや八艘とびの練習もつんだようです。パワーがない分、トリッキーさで勝負というわけです。
そういうわけで、あの曙にも勝つことができ、そのときの場所は技能賞を獲得とのこと。

相撲は人生の縮小図、ということらしいです。
若乃花との一戦で、これはもらったという取り組みでまさかの逆転負け。油断や慢心は大敵というわけです。
最高位は小結まで。以後は幕下まで落ちてしまい、それを機に1999年11月に引退と相成りました。幕下では給料が入らないらしくて。家族のために、とのこと。
その後は大相撲解説やニュース番組、映画やドラマまで幅広く活躍中です。

他にも質問タイムで大相撲の給料の話や、NHK相撲中継の裏話、ドラマ撮影のときの話などを聞くことができました。
NHK大河ドラマ「新撰組!」やドラマ版「金田一少年の事件簿」に出演したときの逸話などを聞かせていただきました。殺される役やら死体役やら(´▽`;) でも、これはこれでなかなか難しかったらしいですw

と、こいういわけで価値あるひと時を過ごせることができました。

~~~~~
昼ごはん
ぼっかけ丼S
麻婆豆腐S
エビカツ
[PR]

by konosetu | 2006-09-30 21:46 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback(2) | Comments(2)

読み聞かせびと養成講座、再び

5,6月にも受けた読み聞かせびと養成講座の発展版を受けに、また岡場へ。
子どもに読み聞かせるのにオススメできない絵本というのを習いました。
その中には名作もいくつかありました。作品としては優れているけれども、小さなお子さんに読み聞かせるのはどうかという問題でした。
う~む、本選びひとつ取っても奥が深いですな。
プログラムの組み方などの説明を受けました。
第4回には実際に幼稚園へ行って実習をするらしいです。
不安ながらも楽しみです。さて……

昼ご飯はピリ辛タンタン麺+チャーハンセット。
おなかにたまったよ……(;´3`)~
[PR]

by konosetu | 2006-09-29 23:54 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback | Comments(2)

虚無のルイズ

ゼロの使い魔 第13話(最終回)「虚無のルイズ」

この作品も遂に最終回。原作でいう第3巻のクライマックス。
今回もお話の大筋はだいたい同じですが……

OPに効果音が!
さすがに「つよきす」みたいにセリフは入りませんでしたが。
最終回のOPに効果音。流行っているのかな……?
遂に問題の日食の日がやってきました。
レコン・キスタがタルブの村を占拠している一方、学院では無期限休校が言い渡されます。
ルイズは才人にクビを伝えてアンリエッタと共に戦場へと駆って行きます。
a0047568_046258.jpg

てか、アンリエッタさんもバストがおっきい……(*´Д`)
そして、才人が旅立つときが。
燃料を補給してゼロ戦に乗り込んだ才人。しかし、戦争が始まるのを知ってルイズ達の救援へと向かいます。
a0047568_0484291.jpg

滑走路が短くて壁に激突しそうになったのを、タバサがナイスフォロー☆
a0047568_04821.jpg

レコン・キスタ軍は、戦艦やドラゴンの部隊の圧倒的な戦力でトリステインを追い詰めていきます。
ちょっと残念なのは、どちらの軍勢も国の命運がかかった戦の割りに、描かれている兵や兵器が少なかったというところ。もっと物量が欲しかったです。
しかし、そのとき才人が到着。風竜をも凌ぐ機動力で敵の火竜をどんどん撃ち落していきます。
ゼロ戦ですからね。空中戦は得意です。まあ、これが爆撃機とかだったら戦艦を攻め落とせていたかもしれませんが。

そこにワルドが風竜に乗って参戦。魔法を繰り出してくるも、デルフリンガーでガード。
すかさずワルドの後ろを取りますが、なんと弾切れ!
一気に窮地に陥ります。

地上ではフーケのゴーレムが再び大暴れ。
そこにキュルケとタバサが到着。いやはや、頼もしいですねこの2人。トリステイン人じゃないだけに、参戦してくれるのはかなり大きいです。
フーケVSキュルケ&タバサ&ギーシュ。
花びらを錬金術で油に変えてファイア! ボギャーン!
フーケ逃走。見事なチームワークです。
原作では、アルビオンに向かうときに襲撃してきたフーケに使ったコンボなんですがね。
a0047568_0493093.jpg

ピンチの才人をキュルケ達が援護。
a0047568_0502365.jpg

ワルドが落下する間に、ルイズがシルフィードから飛び降りて……Σ( ̄Д ̄;)
またまたナイスフォローです、タバサ( ´▽`)=3
ゼロ戦に乗ったルイズ。そんな彼女に、かっこいいセリフの才人。
「俺はゼロの使い魔だ!」
a0047568_0512597.jpg

最終回らしく決めましたね。
手と手をつないだら、向かうとこ無敵でしょ♪

才人の言葉。彼のルイズに対する想いが、その秘められし力を解放。
ガンダールブを従えし、伝説の魔道師「虚無の使い手」……ルイズの真の力、覚醒!
某SE○D状態を連想してしまった……
原作ではここで「祈祷書」というアイテムが登場しましたが、まあここでは出しませんでしたね。
強力だが詠唱に時間がかかるのが欠点。ワルドに攻撃され墜ちていくゼロ戦。
しかし、詠唱が間に合いました。
エクスプロージョン、どっかぁぁぁーん!!!
a0047568_0515259.jpg

戦艦、一発で撃沈。
クロムウェルがボロボロになって出てきました。
原作じゃ、本国でふんぞり返っていましたが、ここでは出てきましたね。
アンドバリの指輪でキュルケとタバサを操ろうと最後の足掻きを見せますが、フーケを追っていて帰ってきたギーシュにあえなくKO。
あ、例の指輪がタバサの手に……
a0047568_0521531.jpg

才人とルイズは無事不時着。
a0047568_053051.jpg

「いいこと? これ、再契約の証だからね!」
a0047568_0545013.jpg

「再契約の証」と称して再びチュー(^3^)~♪
デレだけにならない。これぞ、ツンデレの真髄。

EDに乗せてのエピローグ。
勲章もらっちゃいましたね。
才人に見せようとサイトを探すルイズ。
シエスタに自慢話している彼を発見。

「この、イヌーーーーー!!」

結局帰れずじまいとなってしまった才人ですが、たぶん後悔はしていないでしょうね。
こうしてルイズと才人のストーリーは続いていくのです。

アニメ版ゼロの使い魔 完


○ビジョン:9点――画質もしっかりしていてよかったです。彩りが多くて、特にルイズやキュルケ、タバサの髪の色とかが綺麗に見えました。
○キャラ:8点――かなりいいと思います。ルイズ、パワフルなツンデレさん。ある意味最強かも。なんせ「イヌ!」だもんw ツンデレ女王様釘宮さんと日野さんのシャナコンビが映えていました(キスしている分、あっちよりこっちの方が進んでいる……)。キュルケやタバサもお気に入りですw
○シナリオ:6点――原作に比べると、カットされてしまった、あるいは簡略化されてしまったシーンがあったのが残念。しかし、その分オリジナルストーリーや要素があったりして、そこそこ補えていると思います。終わり方もうまく収まったなぁ~って感じです。
○燃え:7点
○萌え:7点
○意外性:7点――原作とおおまかには同じなので、そうそう驚きはしなかったのですが、細かいところに意外なスパイスがあったりしたので、高めです。
○歌・曲など:6点――特筆するほどではありませんが、テーマソングもBGMもそれに見合っていました。
○熱中度:8点
○オススメ度:8点
○全体:7点――かなりポイント高いです。意地っ張りでプライドが高いけど、かわいいデレデレルイズさんに拍手!

MVP:即決でタバサ。本読み無口少女には先例(長門有希)がいますが、つらい過去を背負っており(このシーン、カットされなくてよかった……)人間らしさもちゃんと持っている生身の少女です。強力な魔法使いだけどそれを誇示することなく、さりげない優しさを持った子だと思います。


アニメ版、終わっちゃったなぁ……(´・ω・`)しみじみ
原作もまだ続いているし、人気が高ければひょっとすると第2期もあるかも。
まだ登場してきていない名キャラクターもいますし、ぜひ作ってほしいです。
可能性は低そうですが、ちょっぴり期待しています。
[PR]

by konosetu | 2006-09-28 19:45 | ゼロの使い魔 | Trackback(2) | Comments(4)

ギャハハハハハハハ!!

「バカ殿」見ていましたw
なんか久々に超大爆笑。
あとはトリビアじゃなく、「世界仰天ニュース」を。

でもトリビアって終わったらしいんだよね……(;´Д`)
[PR]

by konosetu | 2006-09-27 23:17 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback(1) | Comments(0)

魔法少女リリカルなのは占い

魔法少女リリカルなのは占い
やってみました。


いけやんさんにあてはまるキャラはザフィーラ です!

● ザフィーラさんのあなたは、誰とでも分けへだてなく付き合える、フレンドリーなタイプです。極端に嫌われることは滅多にありません。努力することはあまり好きではなく、そのためなんとなく状況に流されがちなところもありますが、敵を作らないので、結果的には何とかなってしまったりもします。年下と付きあっても、主導権は相手に握らせます。

● いけやんさんに秘められた超能力は、分裂です!


……( ̄Д ̄)
前半あってなくて、後半大筋あたってる。妙な結果となりました。
「分裂」ってあんた……(´▽`;)
ちなみに本名で試しても同じ結果でした。

~~~~~
SHUFFLE!
7,8話鑑賞。
亜沙センパイかわいいw
シアちゃんがキョン妹のイメージと被る……

~~~~~
こんな仮面ライダーカブトはいやだ
こんな仮面ライダーカブトはいやだ2
ミクシィより
笑い転げましたw
[PR]

by konosetu | 2006-09-26 23:55 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(2)

へにゃ~

葱丸さん募集のルシアとクリシスの技がまだ手付かず……
キャラくらい考えとけや! (`Д´)ノ
[PR]

by konosetu | 2006-09-25 23:14 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback | Comments(0)

お墓参り日和

本日もお墓参りでした。
いいお天気で過ごしやすかったです。

~~~~~
SHUFFLE!
第1話~6話まで見ました。
原作のイラストが結構気に入っているので、ゲーム未プレイながら結構ファンです。
小説やらファンブックやら持っています。
アニメ版は結構衝撃的で波紋が広がっている作品だと聞いていますが……
オンナノコてんこ盛りで楽しいですね。1人1人に設定があるのも大きいです。

キャストは覚えがある人では……
あ、稟は杉田智和さん。「涼宮ハルヒ」のキョンですねw
楓は後藤邑子さん。みくるんですね(^▽^)
あと、シアがあおきさやかさん。キョンの妹ですね( ̄ー ̄)ニヤリ
お、亜沙先輩は「ドラゴンボール」の18号!Σ( ̄Д ̄;)

さて、中盤くらいまではコミカルなノリで楽しませていただくとしましょうか。
個人的には亜沙先輩が一番好きですw

中盤以降が問題らしいのですが、まあ今のところはOKですよ、ええ。
稟×楓はいいんだけど、稟×シアは兄妹同士の危険な香り……「ハルヒ」を見た後ではねw
[PR]

by konosetu | 2006-09-24 23:40 | 放送終了後視聴アニメ | Trackback | Comments(0)

食欲の秋 うまいもんいっぱいくったなぁ~

お彼岸ということで、母の親戚のおうちと母の実家に行って参りました。
前者ではうまいブドウをご馳走になりました。大きくて美味でした。
まあ、朝もブドウだったんですけどね。(プルーンと間違えて皮まで食っちまった……)
後者では文字通りご馳走が。寿司やら鳥南蛮揚げやら春巻きやら玉ねぎ串カツやら。たらふく食べてしまいました。デザートに抹茶シュークリーム。
晩もフライとウチで採れた野菜(ナスやピーマンやオクラ)をふんだんに使った天ぷら。
また太るな……(´▽`;)
[PR]

by konosetu | 2006-09-23 22:50 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback(1) | Comments(2)

いよいよ戦争かぁ!?

ゼロの使い魔 第12話「ゼロの秘宝」

今回は原作第3巻のクライマックス。ほぼ大筋原作どおりですが、大きな違いあり。
それはなにより、才人が元の世界へ帰る手段が分かってしまったところにあります。

日常に帰り、ルイズとまたひと悶着の才人。
シエスタに曽祖父と「竜の羽衣」の話を聞き、彼女の実家であるタルブへ向かいます。
ちゃっかりキュルケ、タバサ、ギーシュまでついてきていますが。
コルベール先生とルイズまで。この2人は原作ではついてきていませんでしたが、探検に参加させることによって、うまくいがみ合いのシーンを挿入することができました。
オーク鬼とのバトルはありませんでしたな。
「竜の羽衣」発見。なんと、日食の日に帰れるかもしれないですと!?
原作では未だに帰る方法は分かっていないだけに、これは耳寄りな情報w

一方、アルビオンは完全にレコン・キスタに掌握されてしまいました。いよいよ3日後の日食の日に、トリステインに侵攻を開始する模様。
帰れる希望が出てきた一方で、戦争に巻き込まれる友人達を置いていく後ろめたさ。どうする、才人!?
才人が帰ってしまうかもしれない。どうしようもなく揺れ動く心。どうする、ルイズ!?

……ってか、残り1話でキリのいいところまで収拾つくのでしょうかぁ~!?
まあ、好評なら続編が作られるかもしれませんがね。
[PR]

by konosetu | 2006-09-22 20:11 | ゼロの使い魔 | Trackback | Comments(0)