<   2012年 09月 ( 60 )   > この月の画像一覧

決戦のコンクール

仮面ライダーウィザード 第5話「決戦のコンクール」

「今」を生きること。

More
[PR]

by konosetu | 2012-09-30 10:10 | 仮面ライダーウィザード | Trackback(8) | Comments(2)

境渡りの欲深き者達

境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」

アルマダ海戦決着。

More
[PR]

by konosetu | 2012-09-30 10:05 | 電撃文庫作品 | Trackback(1) | Comments(0)

新たなブックオフ

本日の戦利品

らしんばんにて
けいおん! college

メロンブックスにて
犬日々モノ 1冊

アニメイトにて
メガミマガジン DELUXE Vol.19

とらのあなにて
藤真拓哉画集 ViVidgirls

ブックオフ(28日に三宮で開店したばかりの大施設)にて
学園キノ 第3巻
生徒会役員共 第7巻(通常版)


「けいおん!」大学編と藤真先生の2冊目の画集をゲット(^^)
画集にはカバーがついてきました。(誤ってうっかり変なところを折り曲げてしまいましたorz)

あとは三宮で28日に開店したばかりの大型ブックオフに行ってきました。広いですねぇ~。
[PR]

by konosetu | 2012-09-29 17:52 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(2)

4回目の発表

シナリオ・センター 作家集団23回目

発表はシノプシス2作品。うち1つは私の作品。

異世界の冒険バトルモノを描きました。
これ、合う人と合わない人が凄く分かれるような作品だよなぁ(^^;
実際、反応は大きく二分されました。(今回は私を含め11人が参加)

今回の作品について

○主人公・拓海の人物像について:幼い頃から武芸に励み、将来を有望視されるほど強かった人物が、たまたま戦った相手が思いの他強かったのでトラウマになるというのは疑問。武道の修練は常に自分より強いものと闘うことで培われる。むしろ情容赦なく相手を叩きのめしてしまって、当の救おうとした女子から嫌われたりした方がトラウマになりそう。

○現在の拓海の言動は、本当は強いのにトラウマに縛られているため手が出せない人というより、実力のない弱い子が、ヒーローである自分を空想しながらも、いざとなると他力本願になってしまうという感じ。でも、そんな拓海だからこそ、共感できる物語になるのでは? それでも最後までレオに頼りすぎ。もう一歩成長させた方がいい。

○セリフが直球的過ぎる。そのため、ノリが軽い印象もある。もっと捻って遠回しな言い方もした方がいい。

○拓海の父親の人物像も少し設定してはどうか? 武道の達人だが、適当すぎる人物だったり…。

○小道具であるお守りに意味を持たせるといい。異世界跳躍装置の鍵になっていたり…など。

主人公像がまだちょっとブレがちですね。キャラクターの設定や言動に一貫性を持たせていくのが今後の課題でしょうね。

~~~~~
ひかり製麺堂にて

鶏グリーンカレーつけ麺

いただきました。
これはうまい! また行って、今度はゆず風味のつけ麺や、らぁ麺をいただきたいですねぇ。

~~~~~
31iceにて

ピスタチオスクリーム
パンプキンプリン

いただきました。
[PR]

by konosetu | 2012-09-29 17:41 | 話題なの~♪(^▽^) | Trackback | Comments(2)

「氷菓」DVD 4枚目

アマゾンより

DVD
氷菓 第4巻(限定版)

届きました。ボックス形式。

~~~~~
「名探偵コナン」のテレビシリーズのDVDを始めてレンタルしてみました。
Part14-4
No.401「宝石強盗現行犯(前編)」
No.402「宝石強盗現行犯(後編)」
No.403「不思議な天使の館」
No.404「不思議な天使の館」

Part14-8
No.418「米花町グルニエの家」
No.419「八岐大蛇の剣(前編)」
No.420「八岐大蛇の剣(後編)」
No.423「探偵団と青虫4兄弟」

「不思議な天使の館」目当てで借りました。
久々に視聴。先日の「くらやみ塔の秘宝」を見て、少年探偵団のアドベンチャーものを見たくなったもので。
細部は忘れてしまっていましたが、珍しく犯罪が関わっていないエピソードだったことは覚えていました。
少年探偵団が奮闘。ケンカをしたりもしましたが(コナンがわざと吹っかけたものですが)、結果的に力を合わせて館の謎と遺産のありかを解き明かしましたね。結末もなかなか感動できるものでした。

こういう純粋な冒険ものをまた見てみたいと思います。
また、犯罪が関わっていないお話もたまにはやって欲しいです。阿笠博士の初恋話や、帝丹小学校や帝丹高校の怪談話は犯罪は絡んでいませんが、なかなかの名作だと思いますから。

もう1枚は4話ともアニメオリジナルで完全に内容を忘れてしまっていたのでついでに借りました。
「グルニエ」と「青虫」はどちらも古内一成氏が脚本。面白いお話を描かれますねぇ、ホント(^^)

なお、「八岐大蛇の剣」は島根県ミステリーツアーのお話ですね。残念ながら、2005年のJR西日本の脱線事故で中止になってしまった企画ですが、アニメ化はされて幸いでした。
[PR]

by konosetu | 2012-09-28 11:12 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(0)

最終回ですよ~

じょしらく 十三席目(最終回)「キャラつぶし」「アキバぶる」「ちょいたし講釈」

2期は実写!?

More
[PR]

by konosetu | 2012-09-28 11:06 | アニメ2011, 2012年 | Trackback | Comments(2)

「DOG DAYS´」のDVD

アマゾンより

DVD
DOG DAYS´  第1巻(完全生産限定版)

届きました(*´▽`)ノ
[PR]

by konosetu | 2012-09-27 11:55 | 漫画・アニメ・小説・特撮 | Trackback | Comments(0)

ファイナルステージ

DOG DAYS´ EPISODE 12「ファイナルステージ」

宝物庫のトラップ。

More
[PR]

by konosetu | 2012-09-27 09:56 | DOG DAYS | Trackback | Comments(0)

「みなみけ」視聴再開

みなみけ~おかわり~

見るのを再開です。1年半ぶりか…。

11杯目「さすがにヤバくなってきました」

12杯目「もう一口が辛いのです」

13杯目(最終回)「みんな揃って、ごちそうさま」


11杯目
夏奈が仮病を使ったら、翌日に本当に風邪を引いてしまうお話。
罰当たりなことはするものじゃないですね(^^;
それにしても夏奈はよく千秋の同級生達を使いパシリしますねぇ…。

12杯目
千秋の学校の運動会の話。でも、なんとなく雰囲気が暗いような印象があるのですが…。
春香が留学…?

13杯目
留学してしまう春香のために家事に奮闘する夏奈と千秋。微笑ましかったです。
結局春香は留学は断ったようですけど。


評価です(各項目10点満点)
○ビジョン:5点――後述
○キャラ:7点――後述
○シナリオ:5点――後述
○燃え:2点――和んだよ。
○萌え:6点――キャラにラブになるより、ほのぼのとさせられる、といった感じですね。
○意外性:6点――後述
○歌・曲など:7点――主題歌・BGM共にいい世界観を醸し出していました。
○熱中度:5点――一気に見終わらせるつもりがここまで遅くなってしまいました(^^;
○オススメ度:4点――後述
○全体:5点――第1期と比べると、「みなみけ」のよさが少し削がれてしまっている印象。
ビジョンに関しては、家や学校のデザインや家具配置などが大幅に変更されてしまい、矛盾だらけに。
キャラに関しては約1名意味不明な鬱キャラがいたようないなかったような…。レギュラーキャラはよさがちゃんと出されていたかと。
ただ、この第2期を黒歴史にしたがる人が多いのもなんか頷けますなぁ…(^^;

MVP:南夏奈

~~~~~
「氷菓」が終わってしまってアニメもねぇし、ちょっと退屈。
ただ、借りていたDVDをツタヤに返却しに行きました。
ついでに「コナン」の気に入っている話が収録されたDVDをレンタルしておきました。

ううむ…あまり気分がよくないなぁ(´-ω-`)
[PR]

by konosetu | 2012-09-26 18:00 | みなみけ | Trackback | Comments(0)

「カコランダム」2話目

ココロコネクト #12「雪降る街へ」

過去と向き合う2人。

More
[PR]

by konosetu | 2012-09-25 11:23 | アニメ2011, 2012年 | Trackback | Comments(2)