人気ブログランキング |

いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

明日のメダルとパンツと掴む腕

仮面ライダーオーズ/OOO 第48話(最終話)「明日のメダルとパンツと掴む腕」

映司とアンク、最後の戦い! 映司の掴む腕は…。



完全復活したウヴァの力に追い詰められるバースとバースプロトタイプ。そのとき、鴻上ファウンデーションから煙幕が上がると、映司がゆっくりと現れます、一歩一歩歩くごとに地面がめり込む。明らかにいつもの映司ではありません。

そんな様子をビルから窺っていた真木に、鴻上会長が近づきます。
「オーズだよ、本当の」
800年前、10枚ずつ作られていたコアメダル。そのうち9枚ずつは真木の手の中ですが、残る1枚ずつは鴻上が所持していました。鴻上はその中からタカ、トラ、バッタの3枚を映司に渡します。これが800年前のオーズが初めての変身に使ったメダル。それがタトバコンボ。

メダルを受け取った映司は、オーズ・タトバコンボに変身。その力は完全復活をしたウヴァを上回り、あっという間に追い詰めていきます。そして、遂にタトバキックが炸裂。ウヴァも消滅か…と思われたとき、真木がウヴァをメダルの器にしようと、ウヴァに大量のコアメダルを次々と投入。

オーズは真木グリードに挑みますが、そこへアンクがオーズを助けるために割って入ります。
ウヴァは大量投入されたメダルや暴走への恐怖のあまり逃走。真木グリードはそれを追って姿を消します。
無理が祟った映司はその場に崩れ落ちます。そしてタカ、トラ、バッタのメダルも砕けてしまい…。

映司、アンク、比奈が久々に穏便な形で顔を揃えます。アイスを食べるアンクから、もうすぐ信吾の体は返すと聞いた映司は喜びの声を上げます。
「もうお前と戦わなくていいってことか」
これ以上の決着はない、と満足げな映司に、比奈は複雑な心境。映司もアンクも信吾も、みんなに生き残って欲しい。でも、いったいどうすれば…。
比奈は言葉に出来ない思いを伝えるかのように、映司とアンクの手を取ります。

逃げ惑うウヴァを捕まえた真木は、ウヴァをメダルの器にすることに成功。巨大化したメダルの器は暴走して空中へと舞い上がります。
メダルの器暴走形態は、周囲のビルや車をセルメダルに変えて吸収。辺りは砂漠化していき、人々は屑ヤミーの大群に襲撃されます。

世界を週末から守る。映司とアンクは揃って現場に急行。映司はオーズ・プトティラコンボ、アンクはグリード態になって屑ヤミーと戦闘を開始。
そこへ2体のバースが到着。屑ヤミーをバースたちに任せ、オーズとアンクは上空にいる真木グリードへ戦闘を仕掛けます。

地上に引き摺り下ろし、真木グリードと壮絶な戦いを繰り広げるオーズとアンク。しかし、強烈な一撃を受けてアンクは人間の姿に戻り、オーズもメダルを奪われそうになりますが、逆にオーズは冷気で真木グリードの動きを封じます。そして体に溜め込んでいた大量のセルメダルをメダガブリューに投入。強烈な一撃を浴びせます。
これで決まった…と思われましたが、メダルの器暴走形態からのエネルギーに守られ、真木グリードはビクともしませんでした。
映司は変身を解除してしまい、再び暴走しそうになります。

映司の暴走の危険を察したアンクは、自らのクジャク、コンドル、そしてタカメダルを映司に渡します。メダルをキャッチした映司は、アンクではなく信吾の姿を確認。そのタカメダルはアンクの意思が宿ったもの。ヒビの入ったそのメダルを見た映司。
「分かってる。お前がやれって言うなら、お前が本当にやりたい事なんだよな。アンク、行くよ」
映司はアンクの思いを受け止めながらオーズ・タジャドルコンボへ変身します。

激しい戦いを繰り広げるオーズと真木グリードは、メダルの器内部へ。オーズは7枚の紫メダルをタジャスピナーにセット。究極のギガスキャンで遂に真木グリードを撃破します。真木グリードはブラックホールのように消滅、全てのメダルなどを吸い込んでいきます。
それでも辛うじてアンクの意思の宿ったタカメダルだけはキャッチした映司。しかし、メダルはすでに割れていました。
「ウソだろ、アンク!」

落下していく映司の前にアンクが幻のように現れます。欲しかったものは手に入った。映司達といる間に、ただのメダルの塊が「死ぬ」ところまできた。こんな面白い、満足できる事があるかとアンク。
「お前を選んだのは、俺にとって得だった…」
映司が掴むべき腕は俺じゃない…そんな言葉を遺して消えていくアンク。映司の手に残ったのはタカメダルの欠片。地上では比奈がもう片方の欠片を発見。比奈もアンクに「ありがとう」と告げます。

意識を取り戻した映司は、後藤バースに救出されます。
「何でも1人で背負い込むな。俺達がいる。俺達の手を掴め!」
そして比奈や伊達、里中らが伸ばした手へと降りていきます。
「俺が欲しかった力…どこまでも届く俺の腕。こうすれば手に入ったんだ」

全ての戦いが終わり、比奈や後藤や伊達、鴻上ファウンデーション、そして「クスクシエ」にも平穏な日々が戻ってきました。
そして映司は再び世界へと旅に出ました。アンクの思い出を胸に抱きながら…。


終わった。終わってしまった…。映司とアンクの絆の物語。

うおおおおーーー!!!(`□´)ノ
最高に燃える展開でした。
アンクの心が宿ったタジャドルコンボでラスボスに挑む。変身音声も串田ボイスじゃなくてアンク。暴走の危機を抱えた映司を守るため、アンクは満身創痍の体を差し出した…。Wじゃないけど、まさに一心同体となった2人。燃え上がる映司とアンクの絆。どんな敵ももう怖くない。
紫メダル7枚を使ったギガスキャンも豪快でした。

序盤には800年前の王が変身に使ったメダルでのタトバコンボも登場。メチャクチャ強くなっており、完全体を凌駕していました。タトバキックも珍しく決め技になりましたね。あれ、でも結局ウヴァさんが生き延びちゃったので、やっぱり決め技とはいえないか? つくづく不遇な必殺キックです(汗)

みんなの人気者となったウヴァさんももはや噛ませ犬。ダブルバースを圧倒して調子に乗り、オーズにボコられ、真木にコアメダルを入れてもらった時の感謝から一転、沢山入れられて恐怖、そして暴走したくないから逃げる…ウヴァさんらしい素敵な情けなさでした(笑)
「奪う」が語源のウヴァさん。最後は自分の意思を奪われて暴走してしまったあえない最期でした。

アンクが消えてしまったのは、本当に切なかったです。アンクには生き延びてほしいという気持ちがありました。でも、彼は本当に「満足」していたんでしょうね。グリードにとって、満足を得られるなんて本来はありえないことだったのでしょうから。他のグリード達の最期と比べても、それは明らかで。
アンクが映司を選んだ選択は間違いありませんでした。映司や比奈達と過ごした大切な時間。最初の頃のアンク、裏切ったときのアンクと比べても心情的に大きく変化しましたね。本当に丸くなりました。

映司の方もまた、アンクの手を掴んだことを誇りに思っているようでした。アンクと関わることで手に入ったオーズの力。そして思い出した自分の欲。映司が欲したどこまでも届く力、腕。それは1人では手に入らないもの。だからこそ、誰かの腕を掴む。どこまでも腕を掴んでいけば、きっとそれは遠い世界中にも届く力、腕となります。劇場版のようにみんなで手を繋げば温かい輪も広がりますし。
アンクが腕だけの存在だと設定された真の理由がようやく分かったような気がします。これからはアンクのもたらした力ではなく、仲間達との絆で…。それがアンクの最後のメッセージでした。
1人じゃダメならみんなで夢を叶えよう。困難を乗り越えよう。孤高のヒーロー「仮面ライダー」に手を差し伸べよう。それで世界は救われる。

冬のMOVIE大戦が残っているものの、「オーズ」の物語はこれで終わり。
オーズを初めて見た去年の「W」の劇場版。串田アキラさんの歌。ここまで愛着がわくようになるとはね。コンボもかっこいいですが、どんな亜種形態が飛び出すのかも楽しみの1つでした。

欲望・あるいは夢をテーマにした作品。最後まで何者なのか分からなかった鴻上が言っていたように、欲望は進化を導く。何かを成し遂げたいという思いを突き動かし、現実へと変えていく。欲望は何かの終わりではなく、何かの始まり。欲望があったからこそ、こうして人類は発展していったんですよね。
欲望は暴走させると破滅を招きますが、生きていくためや夢の実現のためには欠かせないもの。当たり前のことなのですが、言われてみればそうなんだよねぇと納得できます。そういうテーマがうまく伝えられていると思います。

無欲と見えて、ずっと力を欲していた映司。アンクとの出会いが全てを変えてくれました。「朝からの長い付き合い」から始まった映司とアンクの奇妙な共闘。行き着いた先に、映司は欲を思い出し、アンクは欲を満たせました。両者とも、1人ではどうにもできなかったんですよねぇ。
そして怪力ヒロイン比奈。いくら望んでも手に入らないものは世の中たくさんありますが、ほしいという気持ちまで失ってはいけないんでしょうね。諦めたらそこで終わりですから。たとえ手に入らずとも欲しいという気持ちを持ち続ければ、いつか運命は好転するかもしれませんね。

最後まで謎の人だった鴻上。
バズーカ誤射したりして荒れていたものの、立派なバースになった後藤さん。
後藤さんをしっかり導いてくれた伊達さん。
クールなようで実は意外に強い里中。
器が広い知世子さん。

いろんなレギュラーメンバーの方々の中でも、異色だったマッドサイエンティストの真木。
危険思想を持ち、変な人形を持ったただの変態かと思っていましたが、ラスボスになるとはねぇ。
美しいものは、美しいまま終わらせる。彼は終始世界の終末に固執していました。でも、世界は美しいときもあれば醜いときもある。それは当然のことなんですよね。たとえ泥に塗れても、汚くなっても、再び美しくなるときは来る。ひょっとしたら前よりもよくなっているかもしれない。その可能性を奪う権利なんて誰にもないんですよね。
最後に人形をクスクシエに置いていったのは、彼なりの知世子への別れの挨拶だったのでしょうか。世界の終末を求めていながらも、思い入れのある人物に人形を託した真木。やはり彼も人間。別れは寂しかったのかも…。

上下三色のライダー。頭部、胸部、脚部の能力をチェンジすることで様々な能力を発揮できるというヒーロー。
基本形態で最も活躍したタトバコンボ。
出番はかなり少なかったけど、分身技は無双の強さだったガタキリバコンボ。
序盤、そして終盤に大活躍したラトラーターコンボ。
フィニッシュを決める場面は少なかったですが、力強さを振るったサゴーゾコンボ。
アンクのメダルを使った熱き炎の戦士・タジャドルコンボ。
水を駆使した力で中盤を盛り上げてくれたシャウタコンボ。
無への欲望や暴走の危険性を示してくれたプトティラコンボ。
劇場版限定のタマシーコンボやブラカワニコンボも。
そして119種類も確認されている亜種形態。毎回どんな亜種形態が出てくるか楽しみでもありました。できるならもっとたくさんの亜種形態を出して欲しかったなぁ。

1年間、非常に楽しかったです。
関係者のみなさん、ありがとうございました。

残るは冬の劇場版。フォーゼとの共闘を楽しみにしています。
トラックバックURL : https://konosetu1.exblog.jp/tb/13391838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あいあむウィーゼル at 2011-08-29 13:39 x
ついに迎えた最終回!
終盤の方はやや急ぎ足になった気がしますが、それでも感動のラストでした。
よくよく考えてみれば、800年前に作られた当初、グリードは全て完全体で、そこからどうやってオーズに変身したのかって話でしたね。これまでてっきり、10枚目のメダルは破壊されたと思い込んでましたし。
………その考えで行ったら、他のメダルも全て10枚目が存在するのでは………? 恐竜系はともかくとして。

自分の行動に満足して消えたアンク。
しかし、他のグリードとは違い、粉々に砕けるのではなく彼のメダルは2つに割れた状態。これで冬の劇場版がどんな形になるのか楽しみです。コアが全て消失した状態ですし、パラレルの可能性が高いですけど。
………これでもし、ディケイドの時みたいになってたら、さすがに東映どうなのさって思ってましたけど。
Commented by konosetu at 2011-08-29 23:05
>あいあむウィーゼルさん
ガメルやメズールのメダルも10枚目が存在していそうですね。
それだけじゃなく、劇場版にしか出ていませんが、サソリ・カニ・エビの甲殻類系統や、コブラ・カメ・ワニの爬虫類系統も10枚ずつ存在する可能性が…。錬金術師はガラだけじゃないでしょうし、コアメダルは存在が判明していないものも含めたらたくさんあるかも…?

冬の劇場版はどんな扱いになるでしょうね。やはりこれまでの傾向からするとパラレルになりそうですけど…。
オーズとフォーゼが共闘する場合、2人はすでに知り合いという設定でしょうね、たぶん。Wとオーズの場合がそうでしたし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2011-08-28 08:50 | 仮面ライダーオーズ/OOO | Trackback(21) | Comments(2)