湖畔の夜とキャンプの人々

ゆるキャン△ 第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」

世間って狭いねぇ。




四尾連湖の言い伝え……それは丑三つ時に現れるという牛鬼の亡霊……。「だったら丑三つ時になる前に寝ればいい!」と切り替えて、なでしことリンはキャンプを開始した。リンはコンパクト焚火グリルの準備をするも、なぜか思うように着火してくれず、お隣のベテランキャンパーさんの力を借りて無事、火おこしは成功! 焼肉と鱈鍋をたらふく食べて、二人は夜を迎えた。真夜中の丑三つ時、リンはトイレに行こうとテントを離れて……。

(公式HPより抜粋)


なでリン…尊い(*´艸`)

リンがキャンプを初めたきっかけ。
前回もチラッと出ていた明夫声のおじいさんからキャンプ道具のお下がりをもらったからだったのですね。

場数を踏んでいるリンでも上手くいかないことあるんですねぇ。
…お隣の酔っ払いさん、もうすぐ新米先生かぁ。また会うことあるのカナ?(すっとぼけ)
あ、リンも驚いたおばけ(((´゜ω゜`)))ガクガク
自分からなでしこのテントに…キマシ゜+.(*・∀・*)゜+.

焼き肉と鱈鍋うまそー。
いわゆる飯テロ、再び(^q^)

[PR]
トラックバックURL : https://konosetu1.exblog.jp/tb/238330968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2018-02-16 00:57 | まんがタイムきらら系 | Trackback | Comments(0)