いけやんのお部屋なの~♪(^▽^) konosetu1.exblog.jp

はちみつ色の午後が過ぎてく はちみつ色の午後は何味?


by konosetu
プロフィールを見る

西のファントム

仮面ライダービルド 第23話「西のファントム」

ワルモノ注意!





ビルド:ラビットタンクハザード、ラビットタンク、ラビットタンクスパークリング
クローズ:クローズチャージ
グリス:基本
ローグ:基本
スマッシュ:キャッスルハザードスマッシュ、オウルハザードスマッシュ、リモコンブロス、エンジンブロス

西のファントム……指輪の魔法使いさん、出番ですヨ(´_ゝ`)←チガウ

みーたんと握手するために生活費使うなよ、使うなよォッ!(Φ□Φ#)クアッ
久々に浮かれモードの一海達に冷や水を浴びせかけた一報。
北都をあっさり占領してしまった西都。東都にも宣戦布告!
すべてスタークの計画通り(ΦーΦ)ニヤァ

内海と難波重工の会長さんも久々に登場。
この戦争に関して彼らはあくまで中立のはず…。
財団Xみたいな死の商人。自分らの利になるものなら何でも利用しましょう。
彼らの最終目標はおそらくパンドラボックスの中身でしょうからね。
だから西都も用済みになればおそらく…(;^_^A

戦兎達が北都まで助太刀に行けないのは辛いところ。
北都のボトルを返却するのと、スカイウォール近辺で待つのが精一杯。
どんな名目であれ侵略行為とみなされると、敵に付け入る口実を与えてしまうんですよね。

黄羽さん…(´=人=`)ナンマンダブ
しかも死亡確定している彼を人質にグリス達をおびき寄せる。ゲスの極み。
ブロスコンビにボコられ、なんとか東都に逃げ帰られたものの…北都の農場の人達が人質に取られていることは変わらず。
このままグリスも噛ませ犬化してしまうのでしょうか(◎_◎;)
兵器開発のエスカレートはどこかの光の戦士さんが言っていたみたいに「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」なわけで。
戦争の激化と兵器開発競争。パワーインフレは必然的なんですよね。

ブロスコンビ、普通にスカイウォール越えて一海達を追跡してきた!
…というか、東都に攻めてきた! いや、すでに宣戦布告しているから不思議じゃないですが。
戦兎、いきなりハザード化! でも暴走しても龍我なら止めてくれると信頼しているようですね。
さすがにハザードならブロスを押してきているようですが…タイムアップか。
必殺、ライダーダブルキック!! 決定的なダメージにはならないものの、一応通用はしているみたいですね。

赤羽「…なんであいつらが俺たちの為にあそこまで?」
一海「だから強いんだ…勝てねぇ訳だ…」
一海が戦兎や龍我をを認めたひとことでしたね。
(「シンフォギアGX」第1話でのマリアさんのセリフを思い出しましたわ)

で、今回の最大の見せ場。西都の仮面ライダーであるローグ、降臨…満を持して(ん?)
初登場補正もあり、クローズチャージもスパークリングもボッコボコ。
アカン、スパークリングが産廃になってしまう(´=ω=`)

情報誌でも伏せられていたライダーローグの正体。やはり大体の予想通り、氷室幻徳でしたね!
彼が東都から追放されて確か1週間程度だったと思いますが…。
よく亡命先ですぐに信用を得てライダーに採用されたものです。その辺りはスタークか内海の計らいがあったんでしょうけど。
とにかく次回は、幻徳の東都への恨みが爆発しそうです。親父にも銃を向けるか……。
かっこよさそうな海賊レッシャーハザードも噛ませ犬にされるのか…(´;ω;`)

[PR]
トラックバックURL : https://konosetu1.exblog.jp/tb/238339645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 地下室で手記 at 2018-02-18 14:08
タイトル : 今日の仮面ライダービルド 第23話
「西のファントム」 東都と北都の代表戦に勝った戦兎は、改めてカシラに暴走してしまった事を詫びるも、カシラは終わったことだから気にするなと言い帰って行きます。 美空は戦兎にスイッチを返し、使わなければいけないかと思いはらはらさせた罰として食事当番を戦兎にお願い。 カシラは美空のお願いの言葉に反応し、慌てて戻って来て美空がみーたんだと興奮。 沢渡一海29歳独身、ネットで初...... more
Tracked from いま、お茶いれますね at 2018-02-21 20:11
タイトル : 仮面ライダービルド 第23話「西のファントム」
第23話「西のファントム」 ワルモノになってローグさん復活。 (最初からいい人でもなかっいたけどさ~) ... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by konosetu | 2018-02-18 10:32 | 仮面ライダービルド | Trackback(2) | Comments(0)